width=10
ことば探し
★私は、自分が理想とする自分になることができます★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手
今つきあっている女性、あるいは、妻からの「話があるの…」と
言われたときの多くの男性の反応は、以下のようであるようです。 


♀「話があるの…」
♂「……」()内は男性の心理状態予測

  (もしかしてあのこと、バレたのか…やばい)

  (またあの問題をぶり返すつもりだな…聞きたくないな)

  (やっかいな話をするつもりだな、勘弁してくれよ)

  (また、オレの気持ちを聞かせろというんだな、うんざり)


男性は、女性に「話があるの…」と言われると、かなり
「ドキン!」とし、動揺し、瞬間的に恐怖感を感じ
防御姿勢をとり、引いてしまいがち
です。
男性は突然のことになかなか対応できないのです。

そして頭がパニックになり、真剣に聞くことをさけたり、
話し合いそのものを逃げたり、先のばしにしたりします。


つまり、女性は話を聞いてほしくて、いつもより真剣に、
「話があるの…」と言っているのに、逆に、男性には聞いてもらえない、
ということになってしまうことが多いのです。


なぜでしょう?
男性の「話がある」と、女性の「話がある」という
ことばの持つ重さや、意味が違うからです。



■男性の場合
男性同士の間で「話がある」と言うときには、
相当、こみ入ったこと、まずいこと、やっかいなことで、
覚悟して、聞かなければならないことが多い。


■女性の場合
ところが女性同士での、「話があるの…」は、
「うん、いいよ、なになに?」(興味を持つ)
「食事でもしながら話そうか」(楽しみながら話す)
「なんかあったの?いいよ」(相談にのる)

という具合に、ゆっくり、話を聞いてほしいの、
もっと、仲良くしよう、ちょっと相談にのって…
くらいの意味あいなのです。


決して相手を追いつめるものでも、今すぐ結論をだせと迫るものでも、
恐怖感の持たせるようなものではなく
「あなたの意見を聞かせて、聞きたいの」くらいの意味なのです。
少なくても、決死の覚悟などはいらないのです。
男性同士のそれより、軽い意味合いなのです。

もちろん、男性に向かって「話があるの…」と言うときには、
本当に深刻な場合、やっかいな場合もあるでしょうが、
その場合でも
「冷静に話し合って、解決策を見つけましょうよ」
「一度、ちゃんと話を聞いて」
というくらいの意味
なのです。


しかし、男性には恐ろしいことばに聞こえてしまいます。
恐ろしいことからは、無意識的に避けようとしますから、
仮に話し合いをしても、男性は防御姿勢をとります。
これでは、女性の本当の意味での目的を果たすことは困難です。


■どうすればいいの?

○女性の場合…
 「話があるの…」よりは
 「○○のことについて話があるの」
 「○○について、あなたの意見はどう?」
 と、最初にどんな話なのかを言って、男性に安心させるか、
 「少し、話をきいてほしいの」
 「ちょっと、話を聞きたいな」
 と、素直に、さりげなく話しかけた方が抵抗がない
でしょう。

○男性の場合…
 女性の「話があるの」は、
 「話を聞いてほしい」「私の気持ちを聞いてほしい、わかってほしい
 「あなたのことを理解したいの」ということで、
 決断を迫るものや、すべてがよくないことではないと、理解して、
 防御姿勢をゆるめて、女性の話をひとまずちゃんと
 ゆっくり聞いてあげてください。

 女性は話を聞いてもらえるだけで、満足する場合が多いのです。

いや違う、オレはこう思う、わたしはこう思う…などなど、
ご意見、ご感想がありましたら、コチラへお願いします。


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。