width=10
ことば探し
★私の家庭はいつも明るく、笑いに満ちていて、とても居心地がいいです★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)
さて、今週は「女性が「キレイ」でいること」その2です。
「キレイ」でいることが、女性にとっても大切だということを
中心に話したいと思います。

「キレイ」であるというのは、パートナーのためだけに
いいのではなくて、実は女性にとっても、いいことなのです。
これは、最近の調査や研究、脳科学でも分かってきています。


よく「老人ホームでのお化粧講座」や「認知症」などの方に
お化粧をしてあげると、活き活きとした表情になり、てきぱきと
動くようになったなどというような話しを耳にしますが、
これは、女性にとって「キレイ」であることが、脳を刺激し、
それによって、行動も変わるということの証明でもあります。


そうです。
「キレイ」でいる、「キレイ」にするというのは、
女性の脳を刺激し、活性化もしてくれ、さらに女性ホルモンにも
いい影響を与え、若く自分を保つための原動力になるのです。

さらに、そのことによって、回りも評価してくれ、それが
快感となり、活動がイキイキし、若々しく見えます。
すると自信もつき、余裕も出来てきます。
これが「キレイ」の自分に対する効果なんです。


でも、たぶんこんな事は、みなさん、言わなくてもわかって
いることだと思います。


■では、なぜ、わかっているのに、いつの間にか
 あまりかまわなくなるのでしょうか?


なぜでしょう?

忙しい?それどころではない?お金がない?
だれも見てくれない?やる気になれない?などなど…

いろいろと理由はあると思いますが、
実はコレ「悪循環」に陥ってると考えられるのです。
つまり、こういうことです。

 ◆何かの原因や状況で、容姿や外見を気にしなくなる
           ↓
 ◆これでいいと、自己評価をするようになる
  気にしない理由をあれこれ考えるようになる
           ↓
 ◆どんどんかまわなくなる。
           ↓
 ◆回りの反応がなくなる。だれも見てくれなくなる。
           ↓
 ◆もっとかまわなくなる。
  そして、ついには「私の勝手」と開き直り、
  外見やお化粧すること、見た目を無視するようになる。
           ↓
 ◆どんどん、色あせる、どんどん、どうでもよくなる

こんな「かまわない症候群」の悪循環に陥ってはいませんか?

こんな「悪循環」に陥ってしまうと、
「さぁ、お化粧でもしよう」といざしようとしても、
なんだかうまく出来なかったりするのです。
自分が「キレイ」でいることを否定してしまっているからです。
「キレイ」を否定してしまうと、「キレイ」を実現することは
なかなか出来ません。



■どうして、こんな「悪循環」に陥ってしまうのか?


実は、この「悪循環」に陥る原因は…
「見てもらえない」「見られない」ということなのです。
女性は、誰かに「見られない」と、自分を磨くこと、
外見をキレイにすることができないのです。


これは女性が、比較したり、他者との関係を重視すると
いう脳の働きや、ホルモンの働きが関係しているのです。

「見られること」そして、さらにいえば「反応があること」
これが女性にとっては、とても重要なことなのです。
そういう刺激があってこそ、女性はやる気になるのです。


この「見られること」が、別に、男性でなくてもよくて、
同性でもいいし、仲間でもいいし、家族でもいいのです。

だから、積極的に「キレイ」になろうと思ったら、
自分でその状況を作りだすことが必要なのです。
「見てもらえない?」
だったら「見てもらえる」ようにしましょう。
いろいろとやってみましょうよ。


自分から積極的に「キレイ」にする理由や、状況を作り出し、
それを行動に移してみましょう。
諦めたり、どうでもいいわと「かまわない症候群」に
陥らないで、自分のためにも「キレイ」をやってみましょう。
そして、見てもらってください、反応を引き出しましょう。

この努力は、例え、自分の思ったような反応が得られなくても、
自分の脳やホルモンにとてもいい影響を与えているということを
忘れないでくださいね。

ぶつぶつと、パートナーにかまってもらえない、帰って来ない、
何もしてくれないと、愚痴を言ったり、イライラばかりして
いるなら、「キレイ」になることを考えましょう。
その方が、自分のためにも、パートナーのためにもなります。
そして、パートナーをあっといわせましょう、キレイになって。

そうそう、いつも「キレイ」が身に付いている方は、
そのままでぜひ、継続してくださいね。


■男性に「お願い」です!


ここまで、説明したらおわかりと思いますが…
そうです、
「女性パートナーをもっと見て、反応してあげてください!」

もし、キレイに見えたら、照れずに

「今日は、キレイだね」とか
「なんだかいつもと違う雰囲気でいいね」とか
「その色、似合うね」とか
言ってあげてください。

そして、パートナーが「キレイ」を実現できる場作りを
時には演出してあげてください。
(ちょっと気取ったレストランに二人で行くとか、
 たまには二人だけでデートするとか)
女性だって「キレイ」でありたいし、
時にはとっても「キレイ」にしてみたいのです。
そして、それを愛する男性に見てもらいたいのです。


女性パートナーが、「キレイ」のままでいるかどうか、
「キレイ」を男性のためにしてくれるかどうか…
これは、実は、男性側にも大きな責任があるのです。
「キレイ」でいてほしいと思うなら、男性側も努力をして
くださいね。

ぜひ、よろしくお願いいたします(笑)


さて、来週も引き続き「キレイ」についてお話しますが、
来週は、男女の「キレイ」についての感覚の違いなどについて
お話ししたいと思います。きっと、驚きますよ。


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。