width=10
ことば探し
★私のあらゆる恐怖症は、私にとって何の力も持ちません★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」
2回にわたって、ビジネス場面における男女の違いについて書いてきました。
うんうん、なるほど、「会話スタイルも違うし、ルールも違うのね」
でも、じゃ、どうすればいいの?
今日は、そんな「じゃ、どうすればいいの?」を取り上げてみます。


■この「基本」だけは、忘れないように…


1番目は、
 「男女では、ビジネスについての考え方も、やり方も違う、
 ということをしっかりと認識すること」

 こう知っているだけでも、大分違います。
 女性の感覚ですべてを見てはいけません。
(詳しくは、「女性が知らない7つのルール」

2番目は、
 「これはビジネスである、と割り切ること、あるいは、
  はっきりと自覚すること」

 こう思えば、気持ちの入り方も違うでしょう。

 仕事場で起こることはすべて「ビジネス」なのです。
 「人間関係」を保ったり、形成する以前に「ビジネス」なのです。

 誰かの言い方が気にくわない、この人が気にくわない、
 指示の仕方がカチンときたなどと思う前に「ビジネス」だと割り
 きりましょう。
 少なくても、男性にとってはあくまで「ビジネス」であることを、
 忘れないようにしましょう。


それでは、いったい女性がどうしたら男性ビジネス社会でうまく
やっていけるか、損をせずにすむか、同等でやっていけるか…、
私が実際の職場で学んだこと、気がついたこと、本から学んだ
「ちょっとした心得」(前編)
をまとめて書いてみます。
もちろん、これがすべてではありませんし、すべてに当てはまるわけでも
ありませんが、参考にしてみてください。
自分なりに、考えてみてくださいね。


■男性ビジネス社会でやっていくコツ(前編)


1.男性と話し合うとき  「結論が先と心得るべし」

 「結局、何が言いたいの?」と言われないために、
 「えっ、私が言いたかったことはそんなことじゃない…」と絶句しない
  ためにも。


 まずは、結論を先にいうことが大切です。しかも、話は短めに。
 男性は、プロセスから聞かされることを嫌います。
 また、だらだらと区切りのない話を嫌います。

 男性の脳は、1つのことを処理するのは得意ですが、あちこちに飛んだり、
 いくつもの要素がある話を理解して聞くのは苦手な脳ですし、
 男性の会話は「情報」のやりとり中心ですから、最初にハッキリと
 これから話すことが、「どんな情報なのか」がわかっていないと、
 筋道を立てて聞くことができないのです。

 あなたの話や、感情、思いを聞きたいのはなく、あなたが持っている
 「情報」や、あなたの「結論」「意見」を聞きたいと思っているのです。

 だらだらと思いの丈をすべて伝えようとするのはご法度です。

 女性の場合、どうしてもプロセスから説明し、自分の感情を言い、
 結論が後になりがちです。また、大切なことを言いたいときは、
 まわりくどくなったり、遠回しになったりしがちです。
 しかし、この話し方では、おそらく伝わらないでしょう。 

 例えば、こんな言い方なら耳を傾けてもらえます。
 結論が先に見えていて、客観的なデータや意見で組み立てられている。
 「私は○○だと思います。なぜなら…(根拠、理由をしっかり言う)」
 「私の持っている情報だと○○です。この情報の元は…」

 また、結論を言ったら、どうしたいかどうするべきかまで言えると、
 もっといいようです。
 「私は、○○だと思います。なぜなら…(根拠、理由をしっかり言う)、
  なので、このようにしたいと思いますが、いかがですか?」
 

 逆に結論が後、自分の感情や思いだけで組み立てた話は嫌われます。
 「先日、○○についてこれを調べてみたら、△△の可能性があると
  わかり、さらにこれを調べてみると◇◇で、とくに…」
 「客先から、○○と言われて、こう感じて、こう思いました。
  私としては○○だと思うんですが…」

 結論を先に言えるように、気を使ってみましょう。
 少なくても「何を1番に言いたいのか」はまとめておきましょう。


2.男性には、グチや不満をぶちまけない 
 「女性がそう思ってなくても、グチや不満を言っていると
  思われることを心得るべし」


 女性が「気持ちを聞いてもらいたいだけ」と思って言う話の大半は、
 男性には、グチや不満と聞こえてしまいます。
 特に、人間関係に関する好き嫌い、だめよし、いい悪いなどの感情の
 入った話は、「ただのグチ、不満」に聞こえてしまいます。


 そして、だいたいは、「またか…」「こんなにグチグチ言うなら、
 仕事は頼めないな」「どうしてこんな事にこだわるんだ…」
 と思われてしまいます。
 また、「だったらこうすればいいだろう」「こう言ってみれば?」
 「やめれば」なとど、アドバイスされるのがオチです。
 グチや不満を聞かされたと思うと、男性は拒否反応が出るのです。
 そして「グチや不満が多い人」「回りとうまくやれない人」と
 思われて敬遠されます。
 (これは、小さい頃に母親や、今は奥さんからグチや不満を聞かされて
  いるので、条件反射してしまうというようなトラウマもあるようです)

 もし、仕事上での不満があるなら、できるだけ具体的なことを話し、
 「だから、こうしたい」「こうしてほしい」という意見が言えることが
 大切です。何かそこに「情報」がなくてはいけません。

 「ただ聞いてもらいたい」時には、「ちょっと聞いてくれる?グチに
  なるかもしれないけど…」と最初に断りを入れましょう。
 すると、男性は安心して聞けるはずです。


 ただ、職場でのグチや不満は、本人がそう思っていなくても、どこから
 ともなく漏れ、そして尾ひれがつき、本人にとってはあまりいい結果に
 ならないと知っておくことが大切です。
 女性は職場でも、感情や思いを共有したいと思いがちですが、話す相手
 は選びましょう。


3.自分のやったことを、アピールする
 「自分でアピールしなければ、手柄は横取りされるし、
  評価されない(されにくい)と心得るべし」


 「そんなことしたくない」「苦手」という声が聞こえそうですが、
 自分で自分のしたことをアピールしなければ、誰も、あなたのした
 ことをアピールしてはくれないのです。これが現実です。

 女性は、誰か(上司とか同僚が)自分のやっていることを、じっと
 見ていてくれていて、そして、誰かがそのことを伝え、或いは気づき、
 そして、黙っていても認めてくれることを望んでいます。
 言わなくても「わかってくれて、自分のために何かをしてくれる」
 ことを期待します。

 もし、そう望むなら、仮に誰も認めてくれなくなくても、評価が低くても、
 「見る目がない」とか「なんでわかってくれないの、こんなにやっている
  いるのに…」「○○より私の方がやっているのに…」などと、言わない
 ことです。

 男性は、上手に自分の成果や結果、やっていることを上司にアピール
 しています。それが仕事だと思っているし、自分で自分のことを
 アピールしないと誰もしてくれないことを知っているからです。


 ただ、女性同士でこれをやると嫌われますよね。
 もちろん、こんなことが知れても…
 女性が上手にアピールするのに、1番いい方法は、
 「途中経過を上手に説明すること」です。もちろん、結論が先でですよ。
 「私がこれをやっているのよ」とアピールするのではなく、
 「自分が ちゃんとやっていること」をアピールするのです。
 そうすれば、回りも理解してくれ、上司もあなたがちゃんとやっている
 ことをわかってくれるでしょう。


 同じ仕事に男性がいて「その人をおいて途中経過なんて話せないわ」と
 思ったら、その男性を引き込むようにしてでもそうしましょう。
 そうしないと、その仕事が終わったときに、すべてがその男性がやった
 事になってしまうことが多く、あなたの評価はあがりません。
 途中経過の報告ができるように、考えましょう。
 

4.リスクも背負う 「やる前に考えすぎないと心得るべし」


 女性は、何かをする前に、あれこれと考え過ぎてしまいます。
 もしだめだったら、どうしよう…、ああなったらこうして、
 と、リスクを先に考えすぎてしまうのです。
 そして、より大きなリスクを自分で背負い込んでしまいがちです。
 「だめもとだからやってみよう」とはあまり考えられません。
 もちろん慎重なのは大事です。しかし、慎重すぎてしまうと、
 元気に一歩が踏み出せなくなってしまいます。
 
 しかし、男性は「だめもとだからやってみよう」とリスクをあまり
 リスクと感じず、むしろそれがあるからこそやるという気構えを見せます。
 また新しいことに挑戦することが好きなので、リスクも恐れません。
 つまり、何かを始めるときあまり考えないのです。
 まずは、やってみようと思うのです。

 「○○と△△が気になります。なので、少し不安なのですが…
 「(謙遜もこめて)私でいいのでしょうか?」
 などと言ってしまいがちですが、これでは、相手を不安がらせて
 しまいます。
 できれば、
 「とりあえず、取りかかってみましょう。その後で問題に気が
  ついたら相談に乗ってください」
 くらいは、思い切って言いたいところです。


 男性社会では「とりあえずやってみる」ことが、よしとされています。
 実際にやるかどうかは別にして、その姿勢を見せることが大切なのです。
 女性のように、やるかどうか、そのリスクがどうかを考える前に、
 やる姿勢を見せることが大事なのです。
 女性のように最初に、謙遜したりひるまないのです。
 やるかやらないかは「返事(姿勢)の後」です。


 リスクを考えすぎる前に「やる気」を見せてみましょう。


さて、今日は「ちょっとした心得」(前編)でした。
異論反論もあると思いますが、納得したことがあれば、
自分流にアレンジして、ぜひ、お試しを…

また、ご意見・感想もお待ちしています。


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。