width=10
ことば探し
★私は、人に希望を与える人間です★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第33回 11月17日
・買い物についての違い
さて、今回は、「買い物についての違い」を取り上げます。
買い物をするとき「違い」を感じることありませんか?
今回は、そんな話しです。

その話しの前に…
今までお話ししてきた、男女脳の違いについて誤解のないように
言っておきたいのですが、どちらがいいとか悪いとかではないと
ご理解くださいね。むしろ、違うからいいのです。

違うからいいこと、それだからうまくいくこと、違うからこそ
出来ること、成り立っていることもたくさんあるのです。
ここを、しっかりとわかってくださいね。

そうです、「違うから、いいのです」


同じような脳では、古代から生き抜いてはこれなかったのです。
私たちの脳は、生き抜いてくるために、今のような役割分担ができる脳と
なってきたのです。
つまり、人間が生き抜くために精査されてきた脳と言えるのです。

男性がフル活用しているといわれている右脳は、
1つのことに集中して考えたり、イメージしたり、組み立てたりするのが
得意なので、何か大きなことを成し遂げたり、新しいことに挑戦したり、
新しいものを作り上げたりすることができます。

左脳フル活用の女性は、
一度にいろいろなことができるので、効率よく物事を運んだり、
長期的に物事をじっくりと組み立てて、平行して物事を成し遂げていく
持続力があります。
また、組み合わせが得意なので、いろいろなものを上手に活用して、
よくしていくことができます。

この2つの脳のそれぞれの役割があるので、
今の時代が築かれてきたといっていいのではないでしょうか。

今時は、夢をかなえるために「右脳」を鍛えよう、使おうと多くの教材や、
本が出版されていますが、イメージを活用して、夢をかなえるためには、
右脳を使う方が効率的だと言われています。
右脳をよく使う男性は「夢見がち」で、
左脳をよく使う女性は「現実的」ってことなのかもしれません。
どちらにしても、この両方の機能がうまくバランスがとれているから、
いいのでしょうね。


■「男女の違いアンケート」の結果から


「ことば探し」の下の方にある「男女の違いアンケート」の
「あなたは、男女の違いについて感じることはありますか? 」でも、

YES      141人
NO         9人
どちらでもない  5人


という結果でほぼ、「90%の方が違いがある」と思っていることが
わかりました。

そして、
「男女が違っているから子育てができる」
「違っているから、楽しい」
「違っているから、発見がある」
「違っていて寂しくなるけど、救われるときもある」
などなどの「違っているからいい」という感想をたくさん頂きました。
感想をくださったみなさま、ありがとうございます。


さて、前置きが長くなりました。
「買い物についての違い」の話しに入りましょう。

■買い物についての男女の違い


一般に男性は、女性と買い物に一緒に行くのを嫌がります。
ウィンドウショッピング、セールなんて、たぶんもっと嫌がります。

男性は「ものを買うことそのものは好き」「お金を使うことは好き」と
いう方は多いと思いますが、
「買うか買わないかわからないけど、買い物に行くことそのものが好き」
という方は少ないと思われます。

女性は、買わなくても買い物に行くことを楽しめるのです。
ものをあれこれと見ることが好きなのです。買わなくてもいいのです。
また、見て、迷ったり、悩んだりすることも楽しめるのです。


男性の場合は、買ってお金を使うことでストレス発散をしますが、
女性のように、買わなくても見ているだけで楽しめ、ストレス発散になると
いうことはあまりないのです。

買い物については、
男性が「現実的」、女性が「夢見がち」だとでも言えるでしょうか。
ここが男女の買い物についての考え方の大きな違いと言えます。
もちろん、個人差はありますので、参考になさってみてくださいね。


【男性の場合】


 男性がよく活用している右脳は、多くの情報を瞬時に取り入れて、
 あれこれと組み立てて考えるのが苦手です。
 1つのことを考えたり、じっくりと見たりするのはいいのですが、
 商品が多かったり、次へから次へと何かを見たりというような、
 ものすごい情報量の中に放り込まれると、その情報処理がなかなか
 うまくできないのです。
 だから、見ていて疲れてしまうのです。


 男性は「買い物に行くのは楽しむため」という考え方はせず、
 どちらかと言うと「買い物に行くのは選ぶため、買うため」という
 考え方をします。
 なんとなく買い物に行く…ということはあまり好みません。

 洋服を買いに行くなら洋服を重点的に見る。
 料理をするならその料理の材料だけを買う。
 小物を選ぶなら、目的のものに焦点をしぼる。
 その中で、気に入ったものを選び、買う、という買い方になります。

 楽しむというより、ある意味の選択をせまられる「自分との戦い」
 とも言えるのです。その選ぶことに「プレッシャー」を感じる人も
 多いようです。だから、買い物がキライなんてことにもなります。


 女性のように、本当は服を買いに行ったのに、結局は、靴と
 アクセサリーを買ってしまった、などというようなことはあまり
 ないのです。

 つまり、目的をキチンとして、その目的にあった物をじっくりと
 品定めして、そしてその目的のものを「買いたい」のです。
 一点に絞って考える…これが男性にとっては楽なのです。
 それ以外の余計なことをあまり考えたくないのです。
 あれこれと考えてしまっては、買うことが出来なくなってしまうのです。

 だから、男性が選んでいる途中に、女性がよかれと思って口をはさむと、
 頭の中が混乱し、また振り出しに戻ってしまうのです。

【女性が覚えておくといいこと…ちょっとアドバイス】


 ●男性が1つのものを選んでいるときには、じっくりと選ばせてあげ、
  途中であれこれと口をはさまないようにしましょう。
  途中で口をはさまれると、考えがまとまらなくなり、いらいらして
  ますます選べなくなります。
  口をはさむのであっても、男性の考えがまとまったらにしましょう。

 ●また、男性はじっくりと選んでいるので、自分が選んだものを
  認められたり、ほめられるととても嬉しくなります。
  自分の選んだものは自分と同じほど価値あるものとして位置づけるのです。
  だから、男性が選んだものに対して、
  「何よ、これ」とか、「趣味悪いわね」とか、「何よ、この店」
  「やっぱり、私が選べばよかった」などと言うのは、
  “禁句”と思ってください。

 ●もし、男性が選んだものが気に入らなかったら、
  「うん、それもいいけど、私はこっちが好きかも…」
  「あれ、こっちもとっても似合いそうよ…」
  などと、さりげない提案にしましょう。
  男性が選んだものに対して、最初から否定したり、けなすのはやめましょう。
  プライドが傷つき、意固地になります。

 男性が選ぶときには、それなりにじっくりと考えているのです。
 例え、女性の気に入らなくても…そこを大切にしてあげてください。


【女性の場合】


 女性の場合左脳の特性から、何でも次から次へと、関わり合いを見つけ、
 それをつなぎ合わせ、そして活用方法を考えるのが得意です。
 1つのものを見て、いろいろと組み合わせを考え、他のものとの関連性を
 思い、つなぎ合わせて想像がより膨らませる…
 これが、女性脳の特徴なのです。

 ですから、自分の持っている服をあれこれと思い浮かべながら、
 いろいろなシュチエーションを思い描き、自分の姿を想像し、
 それを身につけた自分と友人の関係を瞬時に思い描けるのです。
 そして、そういう想像することで、わくわくする気持ちになり
 買い物をより楽しくさせるのです。
 買い物は、女性の想像力を膨らませる楽しい時間でもあるのです。
 楽しめれば、買えなくてもいいのです。

 つまり、女性はモノを見ながら、モノを見ているわけではなくて、
 それを使っている自分や、身につけた自分の姿を見ているのです。
 そんな自分とあれこれと会話しているのです。

 また、買い物をしているときには、売り場の人とコミュニケーションを
 取ったり、たくさんの商品を見ることで、脳に刺激を受けます。
 女性の脳は、細かい刺激がたくさんあったほうが活性化されるのです。
 この細かい刺激が、女性を楽しませてくれるのです。
 なので、女性が何かを選んでいるときには、誰かと話したりすることや
 感想を聞くことが大切になるのです。
 そうして脳が刺激され、また想像することも増えていくのです。
 それもまた、楽しいことなのです。


 もっとも、女性も年齢が経てくると、買い物がおっくうになってきます。
 たくさんの商品を見たり、選ぶこともおっくうになってくるのは、少し、
 男性脳に近づいてくるからとも言えます。
 こうなってくると、買い物も手早く、目的のものを選ぶようになりますので、
 買い物を楽しめる時期は、楽しみましょう。


【男性が覚えておくといいこと…ちょっとアドバイス】


 ●女性が買い物をし始めると、あれこれを見る楽しさでいっぱいになります。
  ある意味で夢を見ているのです。
  その楽しさを出来るだけ邪魔せず、思う存分買い物時間を楽しませて
  あげてください。
  「まだぁ、なにやってんだよ」「早く、選べよ」
  「どれも、同じじゃないか」
  などと言うことばは“禁句”です。
  女性は、物を買うだけが楽しいのではなくて、モノを見ることそのものが
  楽しいのです。
  女性のストレス発散と思って、付き合ってあげてください。

 ●女性が買い物の最中にどれにしようかしら…と迷っていたら、
  黙って気長に見守ってあげてください。
  迷っていても、聞かれない限りは口をはさまない方が無難です。
  実は聞かれても、口をはさまない方が無難かもしれません。
  男性はつい現実的なアドバイスをする場合が多く、女性の想像力や夢を
  一瞬にして壊してしまうことがあるからです。

 ●また、女性に「どっちがいい?」「どれがいい?」と聞かれた時には、
  「どっちでもいいよ」とか
  無理に「こっちかな」などと答えず、
  「君はどっちが好きなの?」と問い返してあげてください。
  女性は、一番好きなのを選ぶでしょう。そうしたら、
  「それがいいと思っていたよ」と言ってあげてください。
  喜びが倍増します。
  

■買い物に行くときには…


 男性を嫌がる買い物に無理やり付き合わせるのは、やめた方がいいでしょう。
 無理に付き合わせても楽しめません。
 買い物を「楽しみたい」と思ったら、女性同士で行くことをおすすめします。
 
 男性も、じっくりと選びたいときには、女性を付き合わせない方が
 いいでしょう。女性は、ついつい口をはさみたくなりますから。

 にもかかわらず、買い物に一緒に行きたい方々は一緒に行き、それぞれの
 楽しみを見つけてるようにしてみてください。

そろそろクリスマスシーズンですね、楽しいお買い物を…


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。