width=10
ことば探し
★私は、宇宙を強いつながりを持ち、いつもパワーをもらっています★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い
今回は、ビジネス場面における男女の違いを取り上げてみたいと思います。
ビジネスは、なんだかんだ言ってもまだまだ男性優位社会です。
この中で、女性がうまくやり、成功して行くには、ビジネス場面での
男性の心理、ルール、考え方を知っておく必要があると思われます。

今回は、そんな話が中心ですが、ビジネス場面だけでなくて、
家庭生活でも役立つこと、恋愛中でも必要な心構えがありますので、
ぜひ、最後までおつきあいくださいね。
今回はビジネス場面での違いの前編をお届けします。

■おすすめの本


 男女の違い本の中で、「ビジネス場面での違い」を取り上げている
 私がおすすめする本は、以下の3冊です。
 
★「女性(あなた)の知らない7つのルール」


★「どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方」


★「男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている」


 もし、時間がある方は、ぜひ読んでみてくださいね。
 知ってると知らないとでは、対応の仕方が全然違うと思います。

 ビジネス上で、
 「私の方ができるのに、どうして男性の方が出世するの?」
 「あんな言い方ってないと思う、頭に来る!」
 「どうしてあんなに仕事に一生懸命になれるの?」
 「私がした仕事なのに、その成果を横取りされた」
 なんて、思っている女性は必見です。

 ビジネス上において、どう男性が行動するか、どう考えているか、
 かなり理解出来ると思います。
 また、男性の方は、女性がどう思っているか、女性にどう接したらいいか、
 理解できると思いますので、参考になさってみてください。

■男女の会話スタイルの違い


 まずは、男女の会話にこんな違いがあると言います。
 これは、ビジネスにおいても、一般生活にも基本的に同じですが、
 特にビジネス場面では、この傾向が強調されるので違いが際だちます。
 「どうして男は、そんな言い方 なんで女は、あんな話し方」から抜粋

競合的 男の会話スタイル和合的 女の会話スタイル
「地位」を築こうとする「親和」を築こうとする
上下や優劣を競う対等を重んじる
自らの独自性を強調する相手や周囲との同質性を強調する
対立的・攻撃的な姿勢をとる協調的・平和的な姿勢をとる
情報を重視する感情を重視する
直接的な表現を使う間接的な表現を使う


これをもう少し詳しく説明すると、こういうことになります。

|棒は「地位」、女性は「親和」

 ♂ 男性にとっての会話は、自分の「地位」を築き、保ち、示すための手段。
   なるべく優位を占めて、相手から見下されないような話し方をする。

 ♀ 女性にとっての会話は、互いの「親和」を築き、保ち、示すたため手段。
   なるべく相手と近づきなごみあい、疎まれ遠ざけられないように話す。

男性は「上下関係」、女性は「対等」

 ♂ 男性は、人間関係を上下の序列という視点でとらえがち。
   会話の中で上下や優劣を競い合う。いつも上下を意識している。

 ♀ 女性は、周囲から抜きんでることを避け、だれもが対等(少なくても
   そう見える)ように努める。
   自分の地位や権威を誇示することは控える。


C棒は「独自性」、女性は「同質性」

 ♂ 男性は、自らの存在・経験・知識・意見を、他とは異なる独自のものと
   して認められたがる。独自なものでありたいと思っている。
   成功経験談を語り、自慢する

 ♀ 女性は、自分のあり方が相手や周囲と同じか似ていることを強調して、
   たがいの隔たりを小さくしようとする。
   失敗経験談を語り、相手と同調する。


っ棒は「対立的・攻撃的」、女性は「協調的・平和的」

 ♂ 男性は、人とのかかわりにおいて、なにかと対立的・攻撃的な姿勢を
   とることが多い。たとえ相手との「親和」を築こうとするときでも。
   対立的・攻撃的な言い方の方が、自分が強調出来ると思っている。
 
 ♀ 女性は、もっと協調的・平和的な姿勢をとる。
   激しくぶつかりあう議論などにも居心地の悪さを感じる。
   衝突は避け、仲間内の総意を重んじ、自ら譲歩・妥協する意思がある。
   協調的・平和的の方が、自分が尊重されると思っている。


ッ棒は「情報」、女性は「感情」

 ♂ 男性は、会話をするときに、情報のやりとりそのものに注目する。
   自分の感情にも、他人の感情にもあまり重きをおかない。

 ♀ 女性は、むしろ感情のやりとりを重んじる。
   自分の口にする言葉が、相手の気持ちや人間関係に与える影響も
   とても意識・配慮する。
   情報より、相手が何を伝えたいか、その気持ちを優先する。


γ棒は「直接的な表現」、女性は「間接的な表現」

 ♂ 男性の表現は、情報を伝えること自体を優先させるため、直接的で、
   ストレートになりやすい。はっきり伝えた方が伝わり、無駄がなくて、
   いいと思っている。
   女性にとっては「キツイ」「何であんな言い方するの」ととられがち。

 ♀ 女性は、たがいの上下バランスや相手の感情を考慮するから、ものの
   言い方が間接的でソフトになりがち。相手の気持ちを考えて、焦点を
   ぼかして言うのが、思いやりと思っている。
   男性には、回りくどくて、何を言っているのか分かりづらいと思われがち

このように、会話スタイルが違っています。
同性同士なら、スタイルが同じなので、あまり誤解もありませんが、
男女の場合では、このスタイルの違いが思いがけない行き違いになることも
あります。
ビジネス場面では、この違いがくっきりと浮き彫りにされるので、
いきおい、こんなそれぞれの同性同士の会話になりがちです。

♂ 「なんで女は、ちょっと注意したことで「ひどい!」とか怒り出すんだ?」
  「はっきりと、何をどうするか、結論から先に言って欲しいんだよなぁ」


♀ 「何よ、あの言い方、何様だと思ってるわけ?
   頼むなら、もっと人の気持ちを大切にして頼めって言うの!」
  「結論や何をするかより、プロセスの方が大事でしょう。
   互いにどう考えているか、その調整とか…」


そして互いにイライラし、わかっちゃないと思ったり、ダメだと思ったり、
壁を感じたりして、平行線をたどってしまいます。

さて、こんな「会話での違い」があることがわかりました。
これらの違いも、男女の脳と、原始からの男女の生活習慣の違いから
来ることが多いとわかってきています。
(詳しくは、「男女の脳の違いから来る「ズレ」」をご覧ください)
この他に「ビジネスそのものに対する考え方」も違っています。
今度はそれを、見てみましょう。

■ビジネスに対する考え方の違い

【男性】「大切なのは何より仕事」


 男性にとっては「仕事」はとても、神聖なもので、大切な位置を閉めて
 います。仕事で成功することが、自分を高めることだと思っているし、
 仕事でこそ、自分の力が発揮できると思っています。
 また、仕事で活躍し、成功して豊かな生活ができれば、それが家族に
 とっても幸せだと思って頑張って仕事に打ち込んでいます。

 男性はあくまで、割り切ってビジネスをしていて、そこに人間関係や、
 相手の気持ちを入れません。
 人間関係や相手の気持ちより、問題解決や目の前の仕事をうまくこなして
 いくことの方が大事だからです。
 何より「仕事がうまく行くことが大切、仕事が一番」と思っています。
 「仕事あっての、人間関係、相手の気持ち」なのです。


【女性】「大切なのは人間関係」


 女性にとって「仕事」は、生きていく上で必要なツールの一つです。
 決して仕事が「すべて」ではなく、「子育て」も「人間関係」も
 「家庭生活」も同じように大切で、同等なものです。
 優先順位がつけられないのです。
 (注/ただし、恋愛中は「恋愛」が一番に来る傾向が強い)
 また、心のどこかに「仕事より大切なものがある」と思っています。

 そして、これらをすべてうまくやっていこうと思っています。
 何か一つに偏ることなく(実際には偏っていても、どれも大切に
 思っています)
 これらがバランスよく回っていると、心地よさを感じます。
 何かが一つだけ突出していて、これだけしていれば…とは思わないの
 です。

 また、女性はビジネス上では、特にまわりの人とうまくやっていくこと、
 相手の気持ちを大切に扱うこと、争わないことなどを優先します。
 仕事で、自分だけが突出して結果を出すことより、みんなで協力して
 やる方が喜びを感じます。
 女性は、人間関係、相手の気持ちあって仕事が成り立つと思っています。

 つまり、仕事に対する「重さ」「比重のかけ方」が男女では違います。
 まだまだ、現在では、ビジネスは男性優位な社会です。
 女性が、男性社会の中でうまくやっていこうとしたら、この基本的な
 違いをきっちりと抑えておいた方がいいでしょう。

                         次回に続く…
  


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。