width=10
ことば探し
★私には、人の話に耳を傾け、じっくりと聞く余裕があります★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2
さて、今日は、「電話やメールについての考え方、2」です。
何がこんな違いをもたらしているのか、どうしたらいいか…。


■どうしてこんな違いができてしまったのか…

原始の時代からの脳の違いからもあるようですし、
現代社会がもたらした弊害でもあるようです。

もちろん、男女とも性格や育った環境によって、大きく違い
ますから、あくまで、一般的…という範囲でお話しします。


 ■男性の場合


男性は古代から、狩りをしていたので、その狩り(仕事)に、集中し
(集中しないと、命取りになるし、狩りが達成できない)ので、
途中で、いったん狩り(仕事)をやめて、何か違うことをすることは、
なかなかできないのです。

また、狩りは緊張の連続で、悠長なことはやっておれませんから、
今、必要なことだけに集中し、連絡する場合は必要最低限に、
限られていたのです。
連絡しあうのは「何かあったとき」だけ、というふうに。

1つのことに集中すること、1つのことを成し遂げること、
そして、必要なことだけを伝えあう…
これが、男性にとっては大事なことだったのです。


それが、今に至っても、残っているというのです。
そういう習性や、本能は、まだまだ根強く残っているのですね。

また、どうしても、男性社会においては、仕事重視の考え方が根強く、
それが男らしいと思われていますから、パートナーへの連絡は、
後回しになったり、自分が落ち着いたとき、つまり自分に余裕がある、
自分の都合のいいときになるのです。

男性にとっては、目の前の本当に必要なことが、大事なので、
後回しに出来ること、緊急性をようさないものは、優先順位が低く
なるのです。
また、パートナーとの付き合いが長ければ、甘えも出てきます。

男性には、自分にとって今、必要なことはとても大事なのですが、
相手にとって大事なことに関して、気を回す余裕はないというが
本音あたりでしょうか。



 ■女性の場合


女性は古代から、狩りをして帰ってくる男性を待っていました。
いまかいまかと獲物を持ち帰えるのを待ち、日々、何ごとも
ないだろうかと夫や、恋人の無事をあれこれと心配し、そういう
同じような環境の女性達と支え合って、互いに助け合いながら、
回りに気を配って、一生懸命子供を育てて、待っていたのです。

待つ方にとってみれば、待つ時間は長く、期待と心配と不安、
そして寂しさでいっぱいなのです。
そして、あれこれと、頭の中でいっぱい考えてしまうのです。


女性の場合は、いつもでも、電話やメールはOKの体制です。
なぜなら、連絡が来ると「安心して、不安を取り除ける」からです。
相手は元気らしいとわかるし、自分の存在を忘れられてはいない、
考えていてくれると思えると、安心できるからです。
電話やメール1つで、相手とつながっていると思えるのです。

その上、女性は、今していることから、次のことに移るのに、
それほど、手間はかかりませんから、仕事中にちょっとメールを
打ったり、電話をしたりすることは、あまり苦になりません。
かえって気分転換にもなり、それがいい方に働きます。
集中をとぎれさせてもすぐに、取り戻すことができるのです。


そんなわけで、女性は、自分が安心するから、自分がそう出来る
から、男性もそうだとついつい、思い込んでしまうのです。
「メールなんて、2,3分で打てるでしょう?」と。
そして、返事を待ってしまいます。

女性にとって、電話やメールはただの連絡手段ではなく、
いまや愛情確認、存在確認、安心確認ツールの1つなのです。



■どうしたらいいのか?

 ■男性の場合


おおっ、やっかいだな…と思われた方も多いかもしれませんね(笑)
しかし、男性側からの自発的な電話やメール、または、返事をすれば、
女性は「安心して、満足する」するのです。

こんな女心を理解して、マメに連絡を入れてみるといいと思います。
それがどんなに大きな効果をもたらすか、実感されると思いますよ。


そんなことをして「いつも期待されると困る」という方も
おられるようですが、そうした日々のこまめな行動で、パートナーに
安心感と信頼感を持ってもらえば、女性側の態度や言動は
相当変わってくると思います。


 ■女性の場合


パートナーから連絡が来ないからといって、すべてを悪く考えたり、
あれこれ自分の頭の中だけでぐるぐるとその理由を考えたり、
連絡が来ないこと=自分のことを愛していない、バカにしている、
ないがしろにしていると、怒りを持つ前に、

男性の立場、特性も考えて、
「もしかしたら、今は本当に余裕がないのかもね」
「何も連絡が来ないことは無事な証拠かも」
と思うようにしましょう。
連絡が来ないこと=「悪いこと」ではないのです。
連絡をくれないこと=「愛がない」とは直結しないのです。


そして、パートナーから、
「今日遅いよ、ご飯入らない」とか「忙しい」とだけの連絡でも、
突然の電話やメールでも、「連絡してくれてどうもありがとう」と
言ってみましょう。これは、ご夫婦間でも。


えっ、なんでそんなことするのかって?
それは…その方が、来た電話に「何よっ」って言うより、
メールで「返事くらいしてよね」と言うより、パートナーの心に
ずぅっと、響くからです。
これは、どの本でもそう言っています。

お互いに、いろいろ思いはありますが、実行あるのみ!ですね(笑)
私もこの件については、まだまだ修行中です。


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。