width=10
ことば探し
★私は、自分のことを愛しており、それを受け入れています★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと
「謝る」ということの意味合いは男女で違います。
「今日はどうして遅かったの?」
「仕事だよ」
「本当?じゃ何で連絡くれなかったの?」
「仕事だって言ってるだろ、何か疑ってるの?」
「ごめん、ごめん、そんなじゃないけど…」
「じゃ、聞くなよ」
「ごめん」
「わかりゃ、いいんだよ」

この事例で女性が「ごめん」と謝る必要はあるでしょうか?
この場合の女性の「ごめん」は、相手が気分を害したことに
対しての「ごめん」で、
自分が間違ったことをしたから「ごめん」ではありません。

つまり、
謝っているわけではなくて、場を取りなしているだけの社交辞令的な「ごめん」なのです。

しかし、それに対して男性は「わかりゃいいんだよ」と
自分が勝ち誇ったように言っていて、
本来の質問の「どうして連絡をしてくれなかったのか」
には
答えていません。
話のすり替えが起こってしまっているのです。

せっかく、女性が男性のことを思いやって、場を取りなして
「ごめん」と言ったのに、
男性は謝られた=「自分が正しく、勝っている」
と思って、強気に出ている
です。
そして、その結果女性は、自分が聞きたいことも聞けず、
欲しい結果も得られずに終わります。

こういう違いが起こるのは、男女の「謝る」意味が違うからです。
男性の「ごめん」と女性の「ごめん」の意味が違うからです。

男性が「ごめん」と頭を下げる時は、本当に謝る時です。
つまり
「自分が本当に悪いことをした、過ちを犯した」
と思った時です。

具体的には
明らかに自分が(常識的、法律的、道徳的)に
 間違っていることをした時。
●明らかに自分が原因で相手に(特に精神的な)迷惑を
 与えてしまった時
●相手に実質的な被害や損害を与えてしまった時と、
 自分が認めることが出来た場合


上記の時だそうです。(「女にいらだつ男 男にあきれる女」伊東明著より)

男性にとって「ごめん」というセリフは
「あなたに負けました」「私は愚かな人間です」という意味と同じとか。
なので、
素直に謝ればすむことなのに、男性は謝れなかったりするのです。
謝ると言うことは
「悔しい」し、「不本意」
なことなのです。
謝ると言うことは、それだけ男性にとっては「重い」ことなのです。

女性の「ごめん」の意味は、場を取りなす、
相手を思いやってのことが多く、自分が悪いからと、
過ちを認めたから言うわけではありません。

女性の場合は、
「相手に気分を害されることが怖くて、嫌われることが怖くて、
 言うことが多い」
のです。
ちょっと振り返ってみてください、言っていませんか?
悪くもないのに、「ごめん」と言っていること。
しかし、これはいい結果を生みません。

つまり会話においては
「男性と対等でないと、男性から欲しい答えは引き出せない」
のです。


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。