width=10
ことば探し
★私は、年を重ねることを恐れず、前向きに生きています★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)
さて今回のテーマは、
女性が「キレイ」でいることについてです。
「ああ、頭が痛い!」とおっしゃらずに、おつきあいくださいね。
でも、いつも「キレイ」にしている方は、読む必要はありません(笑)

実は、これも本でよく見かける、高い位置をしめる男性の
「望み、欲求」の1つです。
長続きする愛や、夫婦関係の良好な維持のためには、
欠かせない要素の1つと言ってもいいでしょう。

女性が見た目に「キレイ」でいること、
これは、かなり大事なことだと思われます。

多くの本に書かれてある男性の「女性に期待する5つの欲求」を
まとめてみると、だいたい以下のようです。

「女性に期待する5つの欲求」
○いつまでも「キレイで、魅力的」でいてほしい
○性的な欲求を満たしてほしい
○遊び仲間で、休日には一緒につきあってほしい
○内助の功を発揮して自分を立ててほしい
○自分を褒めて、激励してほしい


ちなみに女性の場合は…
○経済的な安定性を確保してほしい
○話しを聞いてくれ、話相手になってほしい
○愛情をしめしてほしい(自分、子ども)
○隠し事をせず、正直に感情をだしてほしい
○誰よりも自分に深い関心を示してほしい

のようです。

さて、男性が女性に「キレイ」でいてほしいと
強く望むのはなぜか…


■なぜ、男性は「キレイ」が大切なのか…


女性より、男性の方が、感覚器官の中で、
目(視覚)と鼻(嗅覚)が敏感だと言われています。
目から見える情報と、鼻から得られる情報がとても重要なのです。
つまり瞬間的な「見た目」…これが大事な情報となるのです。
そして、刺激を受けます。
これは、原始狩りの時代から受け継がれて来た影響もあるし、
男性ホルモン(アントロゲン)と関係もあります。

(ちなみに女性の場合は、聴覚、触覚と言われています。)
 科学的な脳の違いの話しはいずれゆっくりといたします)

男性はまず、目から刺激を受けます。
女性に当てはめると、容姿、スタイル、服装、仕草
などですね。
これに、瞬時に敏感に反応します。

よく街を歩いていると、一緒にいる男性が、違う女性に目をやったり、
まじまじと見たりしますよね。
また、男性はよく女性ヌード写真など見ますよね。
これは、つまり…本能的な反応なんですね。
それだけ、視覚、見た目は男性を刺激するということです。
そして、この視覚刺激は、年齢を重ねてもあまり衰えないのです。
(好みは変わってくるでしょうが…)

目で見て「刺激」されたものに、反応するので、
逆に刺激のないもの、なくなったものには
ほとんど反応しなくなります。
つまり、そうです…
日常の中で、視覚的に刺激されなくなると、それだけ反応も
なくなり、見てもらえなくなるのです。


このことを、忘れないようにしましょう。
長い間暮らしてきたから、結婚しているのだから、
彼女になったのだから…と安心して、
「見た目」をおろそかにしてはいけないのです。
「視覚」は男性にとって、無意識に反応する能力の1つなのです。

「視覚を刺激すること」を忘れてはいけないのです。
そして、刺激するためには「きたない」見た目の刺激より、
「キレイ」な刺激の方がいいと思いませんか?


■そうはいっても「キレイ」でいるのは大変!


わかります!
それが、どんなに努力がいるか、手間がかかるか、大変か。
よーくわかります。

しかし…現実問題として、
男性の回りには、ステキな女性、これから結婚したい人、
彼女になりたい人がいっぱいいて、その人たちは、まだまだ現役で、
その目標のためにキレイであろう、魅力的であろうと、
努力しているのです。
つまり、キレイな視覚的刺激はあちこちにあるのです。
その人たちと、絶えず比較されるのです、知らない間に。



■じゃ、どのくらい「キレイ」でいればいいの?


わかっているけど、時間がないし、面倒だし、
なんでそこまでやらないといけないの?
どこまでやればいいの?

何もモデルさんや女優さんのように、美しくある必要はなくて、
(もちろん、そうできる方はそうしてくださいね)
普段は清潔で「こぎれい」であればいいのです。
しかし、これは「最低限」

実はこの「キレイ」でいて欲しい…ということ。
とても個人差があります。

男性によっては、色に刺激される人、形に刺激される人、
露出が好きな人、逆に嫌いな人、全体的な雰囲気に刺激される人
など、かなり偏りがあるようです。


どんなに「キレイ」が大事でも、パートナーの
全く好みに合わない「キレイ」「見た目」では逆効果です。

ですので、ここは、どんな「キレイ」「見た目」に反応するか、
パートナーの反応を確認してみる必要があります。

例えば、何かを着たときに、
「おっ、今日はいいね」と、言ってもらったとか、
何となく視線を感じた服などありませんか?
逆に、顔をしかめた服など。
それは、あなたの好みに関係なく、パートナーの視覚を
何か刺激したのです。

パートナーの刺激される「見た目の好み」
「キレイの度合い」など、ちょっと観察してみましょう。
そして、いろいろとためして反応を見てみましょう。
または、さりげなく聞いてみてはいかがでしょう?

ちょっとこちらも楽しみながら(笑)

そして、自分なりにできる範囲の、できる「キレイ」を
見つけてみてはいかがでしょう。
そして、刺激してやりましょう!

「でも、年齢がねぇ、もう何を着ても同じ、キレイになんて
 ならないし…、気がついてくれないわよ」
なんて、言っていては、ますますそうなるばかりです。
ここは、パートナーにとっていいだけでなくて、
自分にとってもいいといいと割り切って、「キレイ」で
いる努力にチャレンジしてみませんか?

女性パートナーが輝けば、必ず気がつきます。
そして、いつも「キレイ」を心掛ける人は、若々しくて、
同性同士でもステキだなと感じます。
自分のためにも「キレイ」をやってみませんか?



さて次回は、この「キレイ」をもっと効果的に
見せる方法や、「キレイ」でいることが、女性にもとても
メリットがあり、大事だというお話しをしたいと思います。



お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。