width=10
ことば探し
★私は、私の人生がこの先、いつも輝いていることを知っています★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用
「ありがとう」の効用

「ありがとう」と言ってもらうと、誰でも嬉しいものですが、
その「嬉しい感覚」がちょっと男女では違うようです。

今日はその「ありがとう」の意味を、男女の違いとともに、
考えてみたいと思います。

その前に…ちょっと自己分析してみましょう。
もし、今あなたが、あまり誰かに対して「ありがとう」の
ことばを言ってないと自覚しているなら…
どうして「ありがとう」を言わないのか…
その理由を考えてみましょう。
(いつも言ってる方は、とばしてくださいね)

●相手は、もうわかっているのだから「ありがとう」など、
 水くさいことばはいらないと思っている。
●「ありがとう」を言ったら、
 コチラが弱い立場になると思っている。
●相手がいい気になると思っている。
●コッチの方が言ってもらいたいわよ…と
 相手が言うべきことばだと思っている。
●照れくさくて「ありがとう」なんて言えるか…と
 思っている。
●単に忘れる…なんて方もいらっしゃることでしょう。


自分が何かをして、誰かに「ありがとう!」と言ってもらって、
嬉しくない人はいませんし、少なくてもイヤな気持ちになる人は
いないでしょう。
これは男女を問いませんよね。
「ありがとう」は誰にとっても、いいことばなのだと思います。

だから、ちょっと勇気をだして、
あるいは、ちょっと大人になって、
パートナーにも、もちろん周りにいる人にも、
「ありがとう」を言ってみませんか?
きっと、自分もすがすがしいし、相手も嬉しいことでしょう。


って、なんだかすでに結論のようになってしまいましたね(笑)
さて、男女の「ありがとう」の受け取り方の違いですが…


■男性の場合


 男性は、自分がやった仕事や、行動に対しては、
 いつも、「達成感」と「評価」がほしいのです。
 だから、やっても「それが当然」「義務」「当たり前のこと」と
 受けとられて、何の評価もないと、がっくりします。
 やる気を失います。


 自分がやったことに対して、それが例えば、ゴミ出しであっても
 「ありがとう、やってくれて。助かったわ」と
 評価してもらいたいのです。感謝してもらいたいのです。

 なので、こうして自分のしたことを「評価」してくれる人に
 対しては、とても好ましく思うのです。
 そして、さらに、もっと評価してもらおう、
 もっと頑張ろう、もっと何かをしようと自発的に思うようにも
 なっていくのです。


 女性にとっては、いつも自分がやっているささいなことを、
 「たまたま」やってくれたからと言って「ありがとう」などと
 言う必要はないと思う方もいるでしょうが、
 男性にとっては、そのささいなことをすることも、ちょっとした
 仕事なのです。労力を使ったことになるのです。

 だから、男性に何かを頼んでやってもらったときも、
 男性が自発的に何かをしてくれたときも、
 「やってくれてありがとう、とても助かったわ」あるいは、
 「○○してくれてありがとう、嬉しかったわ」と言いましょう。

 「ありがとう」なんて言ったら、ツケあがるとか、
 とんでもないことになるなどと思わず、素直に言ってみましょう。
 きっと、その効用に驚くことでしょう。


■女性の場合


 女性の場合は、自分のしている多くのことに対して、
 全体的に認めてもらいたいと思っています。
 ねぎらいのことば、愛情のことばが欲しいと思っています。

 自分の今、したことに対して「ありがとう」と言われるより、
 「いつもありがとう、いつもとても感謝しているよ」
 「よくやってくれるね、いつもそんな君に感謝しているよ」と
 自分の全体丸ごとを認めて欲しいのです。


 女性の場合は、日常のささいなことをいくつもやっているので、
 そして、それが当たり前のことなので、
 そのささいな1つ1つのことに感謝されるより、
 (例えば、「毎日ゴミ出ししてくれて、ありがとう」とか、
  「毎日、コピーを取ってくれてありがとう」と言われるより)
 「いつも、本当に君には、感謝しているよ、ありがとう」の方が、
 何倍も嬉しいし、やる気もでるのです。

 「ああ、いつもちゃんと見てくれているんだ、
  私のやってることをわかってくれるんだ」と思える方が
 嬉しいのです。


 男性の中には、そんな気恥ずかしいこと言えるかと思われる方も
 いると思いますが、毎日でなくてもいいので、
 「いつも君を見ているよ、君のやることをちゃんと見てるよ、
  君はよくやっているね…」と、女性にねぎらいのことば、
 愛情の「ありがとう」「感謝の気持ち」を表してみてください。


「ありがとう!」と素直に言ってみませんか?


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。