width=10
ことば探し
★私は、優しく、愛らしい★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】
今回は「問いつめた場合」の男女の反応や行動の違いについて、 
まとめてみます。今週は【男性編】です。
■浮気がバレそうになって…

♀「このメール、何よ、誰よ、本当のこと言いなさいよっ!」
♂「会社の同僚だよ。別になにもないよ」
 (まずいなぁ、どこまでバレてんだろう)
♀「同僚からどうしてこんなメールが来るわけ?」
♂「だから、今、いろいろ相談受けてんの」
♀「なんで、あなたに相談するわけ?それにこれが
  相談メールだっていうの?待ち合わせの時間じゃない」
♂「だから、相談の日にちを決めただけだろう、
  オレは何もしてないよ。」
 (何とか、逃れなくちゃ…)
♀「本当のこと言っても怒らないから、話してよ。
  誰よ、この女、何なの?」
♂(本当のこと言ったら、もっと怒るだろうよ。
  どうなるかわからないから、絶対に言えないな。)
 「だから、同僚で、相談受けてるだけだって言ってるだろう、
  おまえは、オレの言ってることが信じられないのか?」


女性が、なんとか「本当のこと」を聞こうとして、どんどん
男性を問いつめてしまうこと、ありますよね。
でも、これがうまくいった試しありますか?

バレるとまずいこと、女性に理解されないこと、
やっかいなこと、面倒になることは、
よっぽどの証拠がないと(証拠があっても)、
シラを切ったり、本当のことなど、まず男性は言いません。

もちろん、個人差はありますが、女性が感情的になって
「問いつめれば問いつめるだけ」かたくなになります。


■なぜ、本当のことを言わないのか。

「問いつめられる」と、男性は完璧に自己防衛体制をとります。
意地になって逆ギレしたり、ウソをついたり、
「問いつめれば問いつめる」だけ、問題の大きさにビビって、
のらりくらりするようです。

男性は自己防衛機能がとても強いので、そのとき自分を守るためなら、
詭弁もウソ(すぐにばれるようなウソであっても)もつきます。
とりあえず、その瞬間「自分」や「その関係」を守りたいのです。
とにかくその場をなんとかしようとすることを優先してしまうのです。

男性は、女性の激しい怒りにふれるのが、とても怖いのです。
小さい頃から、彼らは、母親にしかられてきて、そのトラウマが
無意識に残っているということもあります。
「問いつめられる」=「怖い」「危険」なことなのです。


また、本当のところを話したところで、
「どうせ、わかって貰えない、許して貰えない、もっと
 怒りを買うだけ、悲惨になる」
と思っています。
本当のことを言ったら、パートナーはどうなってしまうか
予測がつかないし、ダメの烙印を押されることも、
やっかいなことになることも、とても怖いのです。

そして、自分の失敗や、したことによって、パートナーが
動揺したり、悲しんでいるのを見ると、イライラしてきます。
自分がしたことで、
「パートナーを失望させたことを認めることが心苦しい」

からです。

そんなこんなで…
「とにかく、この場をおさめて体制を立て直そう、
 この場をしのごう、そうすれば何となる」

と思っているのです。

男性にとって
「真実を話さないこと」=「思いやり、正しいこと」

だと思っています。または、思いたがっています。
女性に、変な負担や心配をかけるなら、言わない方がいいし、
傷つけたくないと思っているからです。
■男性の「問いつめられたとき」の反応は…。

,箸砲く、否認する
∈該戮覆海箸世鳩擇あしらう
8世ぬする
だ掬化する
ゥ僉璽肇福爾魑佞棒佞瓩
Α屮レのことが信じられないのか」と開き直る


思い当たりませんか?
■どうしたらいいの?

「問いつめた」ら、本当のことを話す、心を開いて、
何でも話してくれるなどと、甘い考えを持つのはやめましょう。

もし、男性の話を聞きたいと思っているなら、両方が
冷静な時に、聞きたいことを絞って、曖昧な「本当のこと」より、
事実を確認するように聞くようにしましょう。


例えば、上記の例なら、
「この人は、誰、名前は?」(同僚なら言えるはず)
「どんな相談受けてるの?」(一応聞いてみましょう)
「この日に会う約束をしたの?」など。
とりあえず、まずは、今できる事実の確認をしましょう。

関係を怪しむのはそれからでも遅くはありません。

これは奥の手ですが、怪しいなと思ったら、静かに聞いた後、
もう一度今の話を、確認しながら、繰り返して話してもらうと、
ウソが見つかったり、はっきりとわかることもあるでしょう。
(あくまで、冷静に感情的にならずに)

ただし…
もし、男性の「本当の話」や「本音」を聞きたいならば、
どんな話を聞いても、動じないだけの決意や覚悟が必要です。
「本当の話」や「本音」や「真実」は時として、相当にキツく、
痛いものです。
女性が聞きたいものと大いに違っていることが多いでしょう。
その辺のこともお忘れなく…。


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。