width=10
ことば探し
★私は、他人の目や評価を気にしません★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!
「家事をしてくれ!家の中をキレイにしてくれ!」
これは、夫婦、男女の違いを書いてある本に、多く見られる、
「妻に対する、夫の願い」のひとつです。

今日は、このテーマを取り上げてみます。
恋愛中の人も、参考にしてみてくださいね。


■夫、男性の心の心の叫びかも…

例えば、「パートナーと気持ちが100%通う10の法則」では
こんなふうに書かれています。

「男性の「家事をしてほしい」という欲求は、時限爆弾の
 ようなものである。
 最初は、多くの男性が「自分には無関係だ、時代錯誤も
 はなはだしい」などと思うものだ。
 ところが、結婚後数年してから男性のこの欲求が爆発して、
 多くの女性がとても驚くのだ。

 「家事をして欲しい」とは、よく行き届いた家庭環境を
 つくってほしいということである。(略)
 家事をしてほしいという欲求は、ある種、男の本能である」

(この場合の家事とは、掃除、洗濯、食事の支度片づけ、
 子どもの世話、アイロンがけなど)

かつて、家事は女性がなすべきこととして位置づけられ、
女性もそれが自分の大切な役目と思っていましたが、
今は女性も働きに出ていますし、家事は「両方でやるのが当然」と
いう風潮になってきています。

しかし、多くの男性は…実は、この考えについていけないのです。
ついていってるふりはしているかもしれませんが…


結婚した当初は、我慢もしますし、協力もしますが、年齢が
あがり、仕事が忙しくなってくると、とても家事のことまで
手が回らなくなり、この欲求がだんだん大きくふくらんできます。
そして、それが、ある日、大きな爆発となって現れることも
あります。

例え、この欲求を口に出さなくても(或いは出せなくても)
多くの夫、男性は、心の中でこう願っていることでしょう。
本当は、とても切実な願いかもしれません。
妻や、女性が思っているよりも、ずっと…



■そう思うなら、なぜ自らやらないのか…

「家事をする」「家をキレイに保つ」…
本当はこれは、誰にとってもよいことです。
お互いに分担できて、協力できてやれるなら、
それに超したことはありません。
しかし、現実的に考えると、なかなかそうはいきません。

どうみても、家事をうまくこなせる夫、男性はそう多くは
ありませんし、これが継続して毎日…となると、ほとんど、
男性に期待するのは無理なのではないでしょうか?

これは、何度か書きましたが、脳の違いにもよります。
男性は、1つのことを深くするのことは得意なのですが、
全体を見回して、あれこれと細かいことを平行して
いくつもこなしていくことはとてもむずかしいことなのです。

女性のように、洗濯をしながら、掃除をして、食事のことを
考えと言うように、何かをしながら何か別なことを、上手に、
こなしていくことなどできないのです。


例えば、お風呂の掃除、とか、自分の部屋の掃除、とか
限られた1つのことなら、うまくやり遂げることができますが、
家全体、家事全体をうまく取り仕切ることは、とても
むずかしいと言えます。


はっきり言うと、家事、家をキレイにするといった、全体的な
ことは不得意なのです。
また、美的なことは女性の方が感性がいいとされていますし。

つまり男性にやる気がないのではなくて、どちらかと言えば、
かなり不得手なことに属するのです。
ここを、ちょっとわかってあげてくださいね。


この違いが、昔からの性別による役割として、脈々と続いて
来た元かも知れません。

もちろん、個人差がありますので、家事をすることが大好きな
夫、男性もいるでしょう。そのような方には、大いに手伝って
もらって、いい環境を作っていきましょう。


■この夫や、男性の欲求にどう対処するか…

確かに、家事には手間がかかるし、時間もかかります。
それに家事は、女性側にとっても好き嫌いも、向き不向きも
あります。
どうして、私だけやらなきゃいけないの…と不満を持つことも
あるでしょう。

では、選択は以下になります。

選択1 両方でやる
    (得意分野を決めて、話し合って)
選択2 自分がやる
    (覚悟を決めて、さっさとやる)
選択3 夫にやらせる
    (無理矢理やらせる、できればですが)
選択4 誰か(何か)に依頼する
    (お金をかけてでも)
選択5 これらを上手に組み合わせる


基本的に「家事をしてくれ!家の中をキレイにしてくれ!」と
言うのは「気持ちよく家で過ごしたい」と言うことです。
お互いに、気持ちよく家で過ごすにはどうしたらいいか…
その辺をよく考えてみましょう。

これからは、提案になりますが…
ここは、すっきりと、自分の役割、仕事と覚悟してやると
いうのはいかがでしょう。
自分のほうが得意だし、自分のほうが向いている、
そして、これをすると、なにより、パートナーは喜んでくれる…
やらされているという気持ちでなくて、自分からやる…
みんなが喜ぶから…と。
すると、気持ちも違ってくるように思います。


家事ができていると自信にもなりますし、部屋がキレイだと
やっぱり気持ちがいいと思いませんか?

【お願い】第14回の「望んでいることについて、その1」の
     コピーなどされている方がありましたら、一報ください。
     ファイルが消えてしまって…お願いします。↓コチラから


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。