width=10
ことば探し
★私は、上品で、セクシーです★
■本から読み解く「男女の違い」」月2回UP予定■
   〜さて、どんな違いがあるの?〜
第43回 4月4日
・「自分を見つめて、自分の感情を知ろう」その方法

第42回 3月16日
・「考え過ぎ、心配し過ぎは問題解決にならない」

第41回 3月2日
・「大丈夫!じたばたしない理論」のすすめ

第40回 2月16日
・「女性たちへの提案」

第39回 2月9日
・「女性たちの思い込みとクセ」

第38回 1月26日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…その2」

第37回 1月19日
・ビジネス場面…「女性が損をしないために…」

第36回 1月12日
・ビジネス場面…「女性が知らない7つのルール」

第35回 12月22日
・ビジネス場面での男女の違い

第34回 11月24日
・仕事と私のどっちが大切なの?

第33回 11月17日
・買い物についての違い

第32回 11月10日
・女性を理解して賢く接しよう

第31回 11月3日
・男性を理解して賢く接しよう

第30回 10月27日
・男女の脳の違いから来る「ズレ」

第29回 10月20日
・男女の感じ方の違い、ズレについて

第28回 10月13日
・男女の思考の違いについて

第27回 10月6日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その2)

第26回 9月27日
・なぜ、女性がグチを言うのか…実例で考える(その1)

第25回 9月20日
・グチ、上手に聞いてもらうには…
 

第24回 9月13日
・グチ…男女の違いは?
 

第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 

第22回 8月31日
・不毛な言い争いをせず、いい関係を築くために
 

第21回 8月23日
・不毛な言い争い…しても愛されない
 

第20回 8月9日
・男女で違う「魅力」
 

第19回 8月2日
・女性がキレイでいること(その2)

第18回 7月26日
・女性がキレイでいること(その1)

第17回 7月19日
・家事をしてくれ!家をキレイにしてくれ!

第16回 7月12日
・みな様からの質問に答えます

第15回 7月5日
・望んでいることについての違い(その2)

第13回 6月21日
・電話やメールについての考え方2

第12回 6月13日
・電話やメールについての考え方1

第11回 6月6日
・「ありがとう」の効用

第10回 5月30日
・男同士の付き合いの「なぜ?」

第9回 5月23日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【女性編】

第8回 5月16日
・何かあやしい、変だ、と思うとき【男性編】

第7回 5月9日
・問いつめれば本当のことを話すかもしれない【女性編】 

第6回 4月25日
・問いつめても本当の答えは聞けない【男性編】

第5回 4月18日
・悩みや、問題解決の対処方法は全く違う

第4回 4月11日
・女性の「話があるの…」は、男性は苦手

第3回 4月4日
・会話の仕方が違う

第2回 3月28日
・女は男が変わってくれることを望み、男は女がそのままでいること望む

第1回 3月21日
・女性の「ごめん」は誤解のもと

width=22第23回 9月6日
・本からのアドバイス…男女の言い争い
 
今回は、男女の言い争いについて、本にどう書いてあるか
代表的な本から取り上げてみました。
少し読みづらいかもしれないし、むずかしそうに思えるかも知れませんが、
示唆深いことば、考えさせられることばばかりです。
私が、なかなかうまく言い表せないことばなど、わかりやすく書いて
あります。
ぜひ、参考にしてくださいね。


■大げさな言い回しは言い争いを大きくする
「話しを聞かない男、地図が読めない女」

女の脳は、言葉を厳密に定義することがあまり得意ではない。
そのいっぽうで詩的な言葉づかいは第一級だし、効果を上げるために
大げさな表現を使うこともいとわない。
ところが男は、女が口にする言葉がすべてそのまま真実だと解釈し、
その通りの反応をしてしまう。
(略)

妻「あなたなんて、私の意見に賛成してくれたことは一度もないじゃない!」
夫「一度もない、とはどういうことだ?最後の2つについては賛成してだろう」
妻「あなたはかならず私に反論するし、いつだって自分が正しいと思っているのよ」
夫「まさか!必ず反論するなんて嘘だ!今朝だって、ゆうべだって、先週の
  土曜日だってきみの意見に賛成したじゃないか。かならずなんてことはない!」(略)

(男は)女の言葉の使いかたを理解する必要がある。
極端な言い方をしても、それは本気ではないのだから、
男は文字どおり受け取ったり、その意味を厳密に追求してはいけない。(略)           

女のほうも、男と議論で勝とうとおもったら、論理的に話しを進めることだ。
男には一度にひとつのことしか考えさせない。
(いくつも話題を持ち出さない、強調もほどほどにね)
                     ※()内補充

■なぜ、夫をコントロールしたくなるのか…
 「サレンダート・ワイフ 賢い女は男を立てる」

夫のやりたいようにさせていたら、毎日の仕事さえまともにできない
のではないかという恐怖に駆られる女性は多い。
そういう女性は無能な夫こそ家族の幸せを脅かす疫病神だと信じている。
だからこそ、自分がなんとかしなければならないと考える。
(自分の方が優秀だ、うまくできると思い込んでいるから)(略)
                           ※()内補充
女性は、物事を自分の手の中におさめておかなければ目的が達成出来ない
のではないかという怖れから、すべてをコントロールしなければと考える。
(略)

もしかしたら、夫は本当に思慮が足りず、能なしかもしれないが、
しばらくの間、彼に全幅の信頼をおいてみてからでないと
確実なところはわからない。
彼はあなたの批判から自分の身を守ろうとしているだけで、
実は優秀な人間である可能性は高い。

しかし、あなたが彼の生活を管理するのをやめない限り、
結婚相手の人となりを本当に理解することはできないだろう。



■男性が「俺のことが信用できないのか?」と言うとき
 「嘘つき男と泣き虫女」

男の行動をとがめだてするとき、かならず男の口から出る言葉がある。
それは「俺のことが信用できないのか?」というものだ。
男がこう言ったら、それは体面が傷つけられたことを意味する。(略)

あなたがまちがっているという言いかたや態度は、男に対しては
ぜったいに避けるべきなのだ。
相手のどこが悪いのではなく、自分がどう感じているかを伝えよう。

「あなたってまともに目的地に着いたことがないじゃない。おかげで
 いつも私たちは遅刻よ!」となじるのではなく、
「1回車を停めて、誰かに聞いてくれたら嬉しいんだけど」と言う。
つまり男のせいにしないことだ。

そして男が首尾よく任務をやりおおせたら、
女はほめてあげることを忘れずに。



■男性の気持ちが離れるとき
 「ベスト・パートナーになるために」

女性は男性が自分の希望どおりのことをしてくれない時に、
そうじゃない、こうしてちょうだいと常に注文をつけたくなる。
相手は自分のやり方ではまずいのだというメッセージを何度も何度も受け取る。
たいていの男性はこれを支配されたと受け取って即座に嫌う。

なかには最初のうちだけは、女性が自分をよくしようとするのを
歓迎してそれに寄りかかる男性もいるが、結局は、それを嫌って
反抗するようになる。
こういう女性に対しては男性も必要以上に支配的になることで対抗するのだ。


■女性が男性を変えようと頑張ると…

彼女は自分の望む待遇を受けられるようになるために、
彼を変えるか、教えるか、癒そうという脅迫感を覚える。
あえて別れようとは思わないが、今の関係への不満は消えない。

この女性は、彼に尊敬してもらえないことで自分が傷ついているように、
自分の否定的な態度がずっと彼をだめにし、弱くしているのをわかっていない。


男性が女性に一番求めているのは、彼が今彼女にしていることへの
掛け値なしの評価である…
将来彼ができるはずのことへ向けた尊敬ではない。
女性は男性がいつか変わって頼りになってくれるだろうと信じたり
期待したりすれば、それが相手を評価することになると思っている。
これは真の評価とはいえない。


■男性にものを頼むには4つの秘訣がある

.織ぅ潺鵐阿鯀ぶこと
¬仁瓩垢襪茲Δ並崚戞Ω調で頼まない
M儼錣話擦
い修靴討錣りやすく

である。


■二人の関係をうまくやっていくには?
 「なぜ彼は本気で恋愛してくれないのか」

どちらかが自分だけが正しいと考え、関係が悪化した責任を相手になすりつけているかぎり、
二人の関係は、互いを避けあう悪循環にはまっていきます。
本当によい関係を望むなら、相手ではなく自分の防御的反応、バランスの偏り、
偏見、ゆがんだ考え、男女の役割に対する馴れあいに目を注がなくてなりません。


「かわいそうなわたし」は関係を悪化させるだけ
精神分析医として経験からいいましょう。
女性の側で変化をさまたげている唯一にして最大の要因があります。

それは、自分は傷ついた愛情深いパートナーなのに、
彼はわがままで冷たいという感覚。
そのために本当にうち解けた関係を築くことが出来ないでいるのです。


「夫婦関係を考えるおすすめ本 30冊」
読んでみることをおすすめ。


お願い
「男女の違いについて」何か感じることがありましたら、
ぜひ、メールをください。 メールはコチラへ。