width=10
ことば探し
★私は、理想と思う家を手に入れます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02830158

■「今日のことば」検索■
カテゴリ: TOP(全てのカテゴリから表示)


全4503件中   2101件目から2130件目まで表示
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 
width=22 人間関係では まったく相手を傷つけないことなどあり得ない。 どんなに思いやりにあふれた人でも、 何かしら人を傷つけている。 その程度が大きいか小さいかだけの違いで、 人が人を傷つけるのは仕方がないことともいえる。 あなたが何かの言葉で傷ついても....  2008-08-14
width=22 「自分は間違ってない」と誰だって思いたい。 誰でも、 「あなたはそんなことをしている場合ではないですよ」とか、 「あなたはもう少しわかっていると思ったのに…」 と言われれば、相手に対して嫌な気分になると思います。 さらに、 「あなたのやってい....  2008-08-13
width=22 ふつうはOKをもらった時点で安心するから、 それ以上仕事を続けることはない。 だが、さらに自分自身を成長させられるかどうかは、 OKが出てからどこまで自分自身の満足のために 粘れるかできまる。 OKラインまではほとんどの人間が到達するから、 そこ....  2008-08-12
width=22 私たちが最初に学ぶべき人生の教訓の一つは、 いついかなる時でも冬がやってくる可能性があるということです。 秋が過ぎれば、寒さと風雪をもたらす冬が訪れます。 絶望や孤独、失意、悲しみなどの人生の冬は、 いつやってきてもおかしくはありません。(略) ....  2008-08-11
width=22 「やさしさ」の強さを知る人は、 他の人をもやさしく包みます。 夕暮れのひとときが、 夕焼けの空を染め上げてゆくように、 他の人から「やさしさ」を与えられた人々は、 その「やさしさ」を周囲の人に 知らず知らずに伝えて、 明るい心に染めてゆきます。 ....  2008-08-10
width=22 これまでの生き方を変え、いま以上の結果を出し、 幸せを掴むには、多少つらくても自分の庭に生えた 雑草を摘み取っていかなくてはなりません。 ろくなことをいわない人たちと昼食をともにするくらいなら、 むしろひとりで食事をしたほうがいいのです。 会って....  2008-08-09
width=22 宇宙の法則は世界が誕生してからずっと続いています。 人間はずっとこの法則に逆らい、文句を言い、 あるいは無視してきました。 しかし、どのような態度を取ろうとも、 法則に従ったかどうかは厳然として現れてきます。 単純明快で、誰もが知るその法則とは....  2008-08-08
width=22 見返りを求める善意はただの迷惑。 本来、善意は無償のものでなければいけない。 相手にとって、多少、迷惑でも それが善意であるからこそ相手も許す。 そこに下心とはいわないまでも、 何らかの見返りを要求するのであれば、 最初からやらないほうがいい。(....  2008-08-07
width=22 ものごとがうまくいくのは、かならず理由があります。 自分の成功体験を分析すると、 「ひょっとしてこれが原因じゃないのかな」 と思うヒントがいくつか浮かんできます。(略) 分析してみると、いくつか理由を挙げることができます。 仕事の場合だったら得意....  2008-08-06
width=22 「天才の秘密」という本を書いた進藤隆夫さんは、 その本の中で、いわゆる才能がある人を、 異才・英才・秀才・能才・そして天才と5つに分類している。 異才というのは、 何か一つの狭い範囲の特殊な才能に優れている人で、 例えば、暗算がよくできる人とか....  2008-08-05
width=22 「わたしはこう思っている。けれど、  相手はそんなふうに思っているんだ」 と知ることは、大切だと思います。 考え方が違うからこそ、行き詰まったときに、 違う考えを取り込んで、視点を変え、 問題解決するヒントにできます。(略) 違っていいのです。 ....  2008-08-04
width=22 周りを幸せにする「幸せ言葉」を使おう。 幸せなら、声に出そう! 自分の気持ちを声に出して言葉にすることは とても大事なことである。 言葉にすることで感動が相手に伝わることはもちろんのこと、 感動自体も倍加する。 そしてその感動がどんどん相手にも....  2008-08-03
width=22 遅すぎるかどうかを決めるのは、自分自身しかいない。 自分がまだ間に合うと思うのなら、間に合うのだ。(略) 「今からでは遅すぎる」という嘘をつくと、 新しいことを学ぼうとする意欲もなくなる。 生き生きとした、活力ある頭脳を保つためには 常に頭を使わ....  2008-08-02
width=22 自分は何と言っているのかに耳を傾ける必要がある。 思いは言葉になって現れるものなのだ。 まずい状況になったとき、口にこそ出さないが、 心の中では「どうもまずかったかな」などと言っている。 そして「またやってしまった。私はダメだ」 という結論に達....  2008-08-01
width=22 講演会が終わったあとで、私はノートに 1枚のメモがはさまれているのを発見した。 それにはこう書いてあった。 「心はパラシュートのようなものです。  開かれなければ、役に立ちません」 私がいつも 「新しいアイデアに心を開きましょう」 と言ってい....  2008-07-23
width=22 倒れるときは、堂々と倒れればいい。 大事なのは、その後なのだ。 「どう」立ち上がるかなのだ。 人間、倒れずにして「何」がわかる。 少なくても、倒れた経験をもたぬ人間に、 倒れた人間の気持がわかるか。 より肝心なのは、全力で生きること。 身も心も....  2008-07-22
width=22 「好きになる」という感情は、 人間にとってとても大切なものです。 自分自身を、そして周りにいる人たちを、 また日常行っている仕事を好きになることで、 生きることがより楽しく、より充実し、 より豊かなものになっていきます。 そして幸運を引き寄せる....  2008-07-19
width=22 私たちは意味のないことも意味があることも、 同じように速くやろうとします。 時には速くやるだけが目的になったりします。 意味のあることのために行動しようと思うなら、 速さについての意識を変える必要があります。 本当の意味のあることのためには、 ....  2008-07-18
width=22 動機が善なら、 断固として言うべきは言い、やるべきはやる。 そういう気構えが必要なのです。 そうした駆け引きなしの 真っ向勝負で押して行くことも必要です。 真っ向勝負がいつも奏功するわけではありませんが、 引き際をわきまえ、落としどころを探りつ....  2008-07-17
width=22 一生懸命やる人間に限って、 相手にそれをわからせようとする傾向がある。 そして相手が理解してくれないと腹を立てる。 これは、怖いことである。(略) 肩に力が入りすぎると、せっかくの意欲や 善意が空回りするだけで終わってしまう。 それではもったいな....  2008-07-16
width=22 鈴木も当初は、いろいろな抵抗にあい、 門前払いなどを食らったことがあるのです。 ただし、鈴木は 「そう言った抵抗はあって当然」 と考えていました。(略) 予期しない反感や抵抗にあえば、 人は驚き、戸惑い、悩んだりします。 しかし、反感も抵抗もあっ....  2008-07-15
width=22 目先の雑事を放っておくと、 精神緊張は高まるだけ。(略) 他人からみれば、 どんなに取るに足らぬ雑事のように見えても、 気になったからには、そのときに処理してしまえば、 本来の仕事に集中できる。....  2008-07-14
width=22 子どもの頃の体験がきっかけで、親に対して 「絶対こんなふうになりたくない」 と思ってしまうことは、誰でもあると思います。 これを魂的にポジティブに考えると、自分に対して 「やってはいけないこと」をはっきり 示してくれているのです。 ですから、そ....  2008-07-13
width=22 「ゆっくりと、しかも着実に」は、 ものごとを成しとげる基本とされているが、 どんなにわずかなレベルアップでも、 レベルアップしたという実績が、 人の心に与える力は実に大きい。 大目標をいきなりめざすより、小目標を一つずつ 達成していくことが、自....  2008-07-12
width=22 本来の心は明るく、正しい刺激を望んでいます。 たとえば私たちが聖人の言葉を聞いたり、 読んだりすることで元気になるのは、 この心が刺激されるからです。 座右の銘などを持って生きていると元気が出るのは、 この銘が心を刺激し、心の力の発揮を促進するか....  2008-07-11
width=22 大人が現実に対してもらす不平、 社会への批判・不満が行動に出て、 それが知らず知らずのうちに 子どもたちの考え方になっているのが現在です。 その考え方はウツの気分を生み、むなしさ、 自己否定、将来への希望のなさをもたらします。 それを「最近の子....  2008-07-10
width=22 情報の伝達とは、伝えることが目的ではありません。 その内容を実行してもらい、結果に結びつけて、 初めて完結します。 「オレはちゃんと伝えたんだから、やらないのは  あいつらの責任だ」 「うまくいかないのは方法が悪いからだ」 と、責任を押しつける....  2008-07-09
width=22 「そんなこと言われなくてもわかってますよ」 という反応を示す人がいる。 しかし、相手にしてみれば、「わかっている」はずの ことを本人が実践していないから忠告している。 実践できない以上、本当にわかっていることにはならない。 当たり前のことがいちば....  2008-07-08
width=22 すべての自然や動植物は 偉大なサムシング・グレートのおかげで生かされて、 生きているとおっしゃる筑波大学名誉教授の村上和雄氏は、 次のように述べている。 「地球に優しいなどというのは、  人間の傲慢ではないだろうか。  むしろ、地球が優しいから....  2008-07-07
width=22 聞く耳を持った人というのは、 「人からの教えを聞くことができる人」という意味です。 彼らは「私は何でも知っている」という傲慢な態度を とらないので、苦しむことはありません。 いつも成長したいという気持ちを持っているのです。 人からの教えを聞く人....  2008-07-06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151