width=10
ことば探し
★私は、自分の長所をぐんぐん伸ばしています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03271211

■2012年06月05日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
東南アジアにあるボルネオ島の人々は昔から、
作物や貯蔵植物をあさる野生のサルを捕まえるため、
あるユニークな方法を使っています。

空になったココナッツの殻に、サルの手が
ちょうど入るくらいの穴を開けておくのです。
そして殻の中に米を少し入れ、動かない物に縛りつけます。
サルが食べ物の匂いに誘われてココナッツの中を覗くと、
米が入っているので手を伸ばします。

ところが、いざ手を引き抜こうとしたら、
米を握っているため穴から手が出せないのです。
手を抜くためには米を放さなければなりませんが、
サルはいったんつかんだ米を放そうとしません。
こうしてサルは捕まってしまいます。

私たちの多くはこのサルと同じです。
ネガティブな考えに捕らわれて、それを放そうとしないのです。
そしてもがけばもがくほど、さらにがんじがらめになる。
押しやろうとしてもムダなあがきです。
ネガティブな考えは、ただ「手放す」ことから始めましょう。

考えを頭に貼り付けているのは「感情」です。
感情を認めて意識的にそれを解放すれば、
マイナスの考えも不思議と消えてなくなるでしょう。


出典元 「脳にいいこと」だけをやりなさい!
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 マーシー・シャイモフ

まゆの感想
自分の頭の中にある考えは、ときにやっかいで、
どうしても「その考え」から抜け出せず手放せない時があります。
これが、自分にとって決して得にはならず、
むしろマイナスの考えだとわかっていても、
どうしても、その考えにこだわってしまいます。
そして、その考えでがんじがらめになり、
身動きとれなくなってしまう…
今日のおサルさんと同じですね。

なぜ、そんな考えを手放せないのでしょう?
それは、やはり、なんだかんだいっても、
その考えが自分にとって都合がいいからです。
(たとえば、誰かが悪いと責める考えの方が、
 自分は悪くないと思えるとか)
そう考えることが、楽なのかもしれません、
すっかり習慣になっていて。

でももし、その考えにあまりにしばられて
辛くて苦しいなら、いったんその考え方をどこかに置いて、
全く違う方向から、180度違う方向から
考えてみるといいと思います。
たとえば、対象相手になったつもりで考えてみるとか、
尊敬する人なら、どう考えるだろうか、だとか。

いつもの自分の考え方に戻るのは、簡単ですから、
たまには自分の考え方を手放して、解放されて、
違う考え方を取り入れてみてはどうでしょうか。
視野が広がり、ちょっとホッとできることや、
新しい発見もあるかもしれませんから。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 7pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから