width=10
ことば探し
★私には、豊かな生活がふさわしい★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2020年12日4日
責めず、比べず、思い出さず
2020年12日2日
いいかげんが いい
2020年11日30日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2020年11日27日
大丈夫、なんとかなるさ
2020年11日24日
「めんどくさい女」から卒業する方法
2020年11日19日
こだわらない練習: 「それ、どうでもいい」という過ごしかた
2020年11日17日
いつも楽に生きている人の考え方
2020年11日13日
人生を楽に生きるための本
2020年11日11日
どうしても続けられない人の悪い習慣45
2020年11日10日
「運をつかむ人」16の習慣
2020年11日7日
1分間アドラー 人間関係の悩みをゼロにする77の原則
2020年11日4日
絶対幸福の尺度
2020年11日2日
がんばっても報われない本当の理由
2020年10日29日
子どもが育つ魔法の言葉
2020年10日28日
性格は変えられない、それでも人生は変えられる
2020年10日26日
強く生きる言葉
2020年10日19日
『ありがとう』で願いがかなう不思議な話
2020年10日16日
無神経な人(ヤツ)!と言われないための12章
2020年10日14日
人間関係で「キレそう!」になったら読む本
2020年10日13日
物事、難しく考えることはない
2020年10日9日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2020年10日7日
「ツイてる人」の行動法則
2020年10日5日
心のネガティブを消してしまう思考のヒント
2020年10日2日
我慢するのはおやめなさい 「脳疲労」時代の健康革命
2020年9日30日
人間としてどう生きるか
2020年9日28日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2020年9日23日
「思いこみ」に気づく心理学
2020年9日18日
受け容れる
2020年9日16日
「聞く力」を200%活かしなさい
2020年9日11日
人生が爽やかに変わる時間術
 
1 2 3 4 
 
2020年12月4日
タイトル 責めず、比べず、思い出さず
著者 高田 明和
出版社 コスモトゥーワン (2011/9/12)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

生理学、血液学、脳科学の医学博士著者が、晴れ晴れと生きて
いくための5つの方法を教えてくる本。

著者は、こう言っています。
「私たちは本来、仏心と呼ばれる、永遠に続く、あくまで
 清らかな心を持っています。
 しかし、妄想、煩悩、執着の雲がこれを取り囲み、この心の
 発揮を妨げています。もし、自分を責めるようなことがあれば
 この妄想の雲をますます厚くするだけです。
 そうなると、心の光は全く消え去り、苦しみ、悩みの心に
 なります。
 私たちの究極の目標は、心が楽になることです。
 それには、「考えないこと」が、もっとも大事だと言っても
 過言ではありません。考えない、思い出さないために、呼吸も
 座禅も写経、読経もあると言ってよいのです。
 心を楽にするためには、何でもしましょう。
 そして、余計なことを考えないで生きるようにしましょう」


そのための《5つの方法》とは…
1.前向きな「心」で明るく生きる
2.「プラスの言葉遣い」をしていく
3.呼吸を変える
4.座禅
5.写経、読経
で、この中のどれか一つでも実践すると、晴れ晴れとした
心になり、本来持っている心と、充実した生活を取り戻す
ことができるということです。


途中から、呼吸法、座禅の仕方、写経、読経の仕方の説明に
なりやや拍子抜け。でも、これらの一つをやれば、心が穏やかに
なれそうに思えるので、やってみようかなと思いました。


この本からのことば 感想 掲載日
念を継がない…何かを思っても発展させない。 「念起こる、これ病なり。継がざる、これ薬なり」 とも言い 実家の母は85歳も過ぎ、現在療養中ですが話しをすると必ず、 「おとうさんは、私が苦労して集金したお金 2014-05-08
人は、よいことをしようと思ってもできない存在なのです。 生きるということが、他の生命を奪い、他人と競 確かに、よいことをしようと思っても、 なかなか思うようにはできないなあと感じています。 だからこそ、 2014-02-27
私たちは本来楽をしたい、なまけたいという気持ちを持っています。 ですから、心と体によい座禅、呼吸法で 仏教では、私たちの思うこと、言うこと、行うことの すべては、業(ごう)という貯金箱に蓄えられていくそ 2014-02-24




『おすすめ本の紹介』