width=10
ことば探し
★私は、いつも、言いたいことを適切に表現しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
5 6 7 8 
 
2017年11日2日
はい、息を吐いて。それからゆっくり考えよう
2017年11日1日
脳はなにかと言い訳する
2017年10日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2017年10日30日
あなたの周りの困った人の攻略法
2017年10日24日
チャンスの扉
2017年10日23日
プロの聞く技術が身につく本
2017年10日20日
「幸せ脳」は自分でつくる
2017年10日19日
コミュニケーションはキャッチボール
2017年10日18日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年10日17日
あくせくするな、ゆっくり生きよう! 
2017年10日16日
光に向かって123のこころのタネ
2017年10日6日
泣きなされ笑いなされ舞いなされ
2017年10日5日
勇気がもらえる145の言葉 トップアスリート22人はそのとき…
2017年10日4日
ないものを数えず、あるものを数えて生きていく
2017年10日3日
もっと気楽に生きるコツ
2017年10日2日
自分を信じてゆっくり進め!
2017年9日27日
世間のウソ
2017年9日26日
脳からストレスを消す技術
2017年9日25日
伝えるための3つの習慣
2017年9日22日
急がない!ひとりの時間を持ちなさい
2017年9日21日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2017年9日20日
人生の「お荷物」を捨てる方法
2017年9日19日
もっと気楽に生きるコツが、わかった!
2017年9日15日
ずっとやりたかったことをやりなさい
2017年9日11日
自分を変える!脳内会話
2017年9日8日
生きる不安への「答え」
2017年9日6日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年9日5日
脳が喜ぶ生き方
2017年9日4日
人生がときめく片づけの魔法
2017年9日1日
一度なら許してしまう女 一度でも許せない男
 
5 6 7 8 
 
2018年6月20日
タイトル 潰れない生き方
著者 高橋 克徳
出版社 ベストセラーズ (2009/9/9)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

人材育成、組織改革などのコンサルティングをしている著者が、
潰れない生き方のコツや考え方を教えてくれる本。

著者の言う、潰れない生き方とは、こんなことだそうです。
「潰れない生き方とは、自己研鑽をし、他者より優れた自分を
 つくる生き方でも、潰れないようにして人に対して強く主張
 できる自分をつくる生き方でもありません。
 自分で自分を潰そうとする行為から、自分を守る生き方を
 さします。自分を全否定するのではなく、自分への小さな
 肯定を積み重ねながら、自分がラクになり、周囲ともっと
 ラクに向き合えるようになる。
 それは、自分を大切に扱う生き方であるともいえます。
 そこから、人と真剣に向き合い、人からも受け入れてもらえる
 新しい自分の行き方、潰れない生き方が見えてきます。


例えば、こんなことが書かれています。
 ○不機嫌な職場で潰れる人々
 ○潰れない人は何が違うのか
 ○あなたを追い詰めるものの正体
 ○潰れないための対処法
 ○感情力を磨く4つのステップ
 ○潰れない生き方とは


今、なんだか生きにくいなぁ、どうも自分が好きになれないなぁ、
なんだかイライラする、落ち込む、そんな人におすすめの本です。
あれこれと考え込んでしまうより、このような本を読んでみると
案外フッと気持ちが楽になるかもしれません。

この本からのことば 感想 掲載日
感情が熱すぎると、やりたいことが多すぎたり、 情熱が過剰になったりもしますが、無感情の人は 何事にも 高橋さんは、さらにこう言っておられます。 「上司や顧客に嫌われたとき、  「あまり気にするのはやめ 2015-10-23
そもそも人を正しく認知するのは極めて困難なことです。 自分の中にある偏ったものの見方が、 相手を歪ん 自分のベースとなっている 《自分が何よりも大事にしていること》は、 わかられたらイヤ、照れくさい、足 2015-07-22
社員が協力し合う体制ができている優れた会社を取材すると、 共通して感じるのは、社員が礼儀正しく謙虚で 自分の評価は、こんなところから、始まっているのかもしれません。 周りの人は案外、礼儀正しさや誠実であ 2013-12-19
孤独な状態になったらどうすれば良いのでしょうか。 『いまさら状況を改善することは無理だ』 とあきらめ ごらんになった方も多いと思いますが、 昨日、TV「プロフェッショナル仕事の流儀」の インタビューでイ 2013-12-17




『おすすめ本の紹介』