width=10
ことば探し
★パートナー(○○さん)に、いつも元気づけることばをかけています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03108006

■2012年06月14日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
結婚しても、就職しても、子育てをしても、
「こんなはずじゃなかった」と思うことが、
次から次に出てきます。
そんな時にも、その状況の中で「咲く」努力をしてほしいのです。


どうしても咲けないときもあります。
雨風が強いとき、日照り続きで咲けない日、
そんな時には無理に咲かなくてもいい。

その代わりに、根を下へ下へと降ろして、根を張るのです。
次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。

出典元 置かれた場所で咲きなさい
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 渡辺 和子

まゆの感想
この本の中に、今日のことばについての、
こんなエピソードが書かれています。

「30代半ばで、思いがけず岡山に派遣され、翌年、
 大学学長に任命されて、心乱れることも多かったとき、
 一人の宣教師が短い英文の詩を手渡してくれました。
 「Bloom where God has planted you」
 (神が植えたところで咲きなさい)

 「咲くということは、仕方がないと諦めるのではなく、
  周囲の人々も幸せにすることなのです」
 と続いた詩は、
 「置かれたところこそが、今のあなたの居場所なのです」
 と告げるものでした。(略)
 
 私は変わりました。
 そうだ、置かれた場に不平不満を持ち、他人の出方で幸せに
 なったり、不幸せなったりしては、私は環境の奴隷でしかない。
 人間として生まれたからには、どんなところに置かれても、
 そこで環境の主人となり自分の花を咲かせようと、
 決心することができました。
 それは「私が変わる」ことによってのみ可能でした」
 

置かれたところこそが、今の自分の「居場所」
だから、その置かれたところで咲く努力をしていく、
そうすれば、道は開けていく、ということでした。
私もそう思います。

渡辺さんを勝手に母と慕い(名前も実母と同じなので)尊敬し、
つまずくたびに、渡辺さんの本を読み返してきました。
すると、心が頷き(変な言い方ですが)、
心が穏やかになり、力を取り戻すことができました。
こういう一冊があると救われることも多いと思います。
この本は、渡辺さんの最新の本ですが、
特に女性には、ぜひ一度読んでいただきたい本です。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 10pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから