width=10
ことば探し
★私は、宇宙を強いつながりを持ち、いつもパワーをもらっています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03354742

■「今日のことば」カレンダー 2018年3月■
2018年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2018-03-30 width=22
緊密な人とのつながりとは何だろうか。
たとえば人は愛を「触れる」ことで伝えようとする。
人に愛情を持って触れると、お互いの脳では、
「絆ホルモン」といわれるオキシトシンが分泌され、
リラックスしストレスが癒され、深い絆を築くことができる。
そのパワーは絶大だ。

しかし直接触れなくても、
愛情を持って人と近くにいるだけで、
お互いの皮膚は相手を感じ反応し始める。
その反応が、癒しに向けた治癒力を発揮させる
大きな力となってくれる。

心を開いて相手に寄り添うだけで、
大きなパワーを与えることができるのだ。
それと同時に、自分自身の皮膚も反応して、
同じかそれ以上のパワーをもらうことができる。

被災地でボランティア活動をした人が、よく
「被災者からパワーをもらった」と口にする。
相手を癒そうとして相手に力を与えたことで、
自分も力をもらえたのだ。
 
2018-03-29 width=22
最近は、「言行不一致」の人間が多すぎるような気がします。
そのいい例が、政治家や官僚ではないでしょうか。
選挙のときは票欲しさにきれいごとを言い、公約という
「約束手形」を乱発しますが、当選するや言を左右にして、
ごまかしにかかる政治家も少なくないようです。(略)

仏教では「十悪」といって、人間としてしてはならないことを
10種類あげています。その中に
「妄語(もうご/うそをいう)」
「綺語(きご/おせじをいう)」
「両舌(りょうぜつ/二枚舌を使う」
「悪口(あっく/悪口をいう)」
と、言葉に関するものが4つも入っているのです。

ウソをいったり、悪口をいったりする罪はそれだけで重いのですが
いまではそんなことを気にする人も少なくなっているようです。
 
2018-03-28 width=22
世間では、愛をすばらしいものと考えているが、
仏教では愛を否定している。
なぜなら、愛は自己中心的であり、愛する対象を自分の思うがままに
支配したいという感情を伴っているからである。
仏教では、愛を「渇愛(かつあい)」と呼ぶ。(略)

それはちょうど、海を漂流する者が、あまりの渇きに一口、
海の水を飲んだ状態に似ている。
海水は渇きを癒すどころか、ますます渇きを激しくする。
わたしたちの「愛」もそれと同じであって、わたしたちは、
愛すれば愛するほど対象にのめりこんでしまい、
どうすればよいかわからなくなる。

だから、仏教では、「愛してはならぬ」と教えている。
わたしたちは、愛すれば愛するほど、
相手も自分をも傷つけてしまう。
それを仏教は恐れているのだ。

けれども、わたしたちは愛してしまう。
それは当然である。
それはそれでいい。
でも、わたしたちは、自分の都合で愛するのは、
「渇愛」であることを知っておきたい。
 
2018-03-22 width=22
人の心のなかにはコップがあり、人は、
そのなかにストロークという貯金をしています。
「嬉しい」「ありがたい」と自分で感じたり、
人から言ってもらえたりすると、プラス(快)という
ストロークが心のコップに貯まります。

そして、心のなかに75%くらいストロークが貯まると、
人は安心し、相手にもプラスのストロークを与えることが
できるようになるといわれています。

心のコップにストロークの貯金が25%以下の状態が続くと
人はマイナスでもいいからストロークがほしくなり、
相手を不快にする言動をとるようになるともいわれています。
これを「ストロークハンガー(飢餓)」といいます。
いつでも心のコップをプラスで満たしたいものですね。
 
2018-03-20 width=22
覇気も元気もなく、人生に疲れてしまったような
人たちをよくみかけます。
その多くは40代、50代ですが、
他の年齢にもこうした人たちはいます。

彼らは、目標を見失ったか、
目標に情熱を持てなくなってしまったのでしょう。
思い当たる節がある人はたぶん、
自分の人生を見直す時期にさしかかっています。

すっかり色あせてしまい、もはや自分を奮い立たせなく
なってしまった目標を持っていても役に立ちません。
今の自分をワクワクさせてくれるものは何かと
自問して、答えを出してください。(略)

とにかく、重要なことは、
自分がワクワクできる目標を見つけることです。
それさえ見つかれば、心の底から新たなエネルギーが
わき起こってきます。
初めは絶対に実現できそうにないと思えても、
あなたが目標の価値を心から信じ、それを実現させるために
全力を傾ければ、「不可能」を可能にすることだって
できるのです。
 
2018-03-19 width=22
相手を認めてそのままを受け入れることを
アクノレッジメント(承認)といいます。

お世辞を言ったり、評価を与えるということでなく、
相手のなかにあるいいところを伝えたり、
どんな小さな変化や成長も見逃さずに言葉にして
伝えてあげることです。

あなたはこれまでにだれから
どんな承認の言葉をかけてもらいましたか?
あのひと言のおかげで今がある、
あのひと言でやる気になれた、
そんな承認の言葉を思い出してみましょう。
 
2018-03-16 width=22
「オレには才能がない」
「自分には向いていない」
「こんなことをしたって成功できるのはほんの一握りの天才だけ」
でも、これらの言葉の裏にある本音は、次のようなものです。
「自分には才能がないと認めることがこわい」
「才能がないと認める前に、言い訳したほうが気が楽だ」
「やってみて、失敗したらどうしよう」

自分に自信がないと、
何かを経験して努力することが苦手になります。
「継続は力なり」と思っていても、「どうせ、やるだけムダだ」
という考えの方が勝ってしまうからです。
なかったことにしてしまえば、
「自分には才能がない」と認めずにすむからです。
何をするにもこの調子では、
どんなに素晴らしい才能を秘めていたとしても、
才能が開花する前に、それまで注いだ努力も水の泡です。

何かを習得するとき、あっという間にできてしまう人もいれば、
長い時間をかけてコツコツと身につけていく人もいます。
「私はあっという間にできてしまう天才型ではないから、
 これ以上努力したってムダではないか」
そんな理由であきらめてしまったとしたら、
一生かかっても、何一つ習得することはできません。
 
2018-03-14 width=22
自分に自信がない人は、
「自信がないことを自覚している人」と
「自信がないことを認めようとしない人」
の二つに分かれます。

前者は、なるべく目立たないような生き方をします。
目立つ行動をとって失敗した場合、さらに自分の価値が
低下してしまうことを恐れるからです。そのため、
リスクを負う心配のない地味な仕事、地味な服装、
当たり障りのない話を選び、大衆にうもれることを好みます。

後者は、「オレがオレが」「私が私が」人間です。
彼らは、自分に自信がないことを認めることで、
さらに自分の価値が下がることを恐れます。
また、他人の意見を認めることで、
自分の価値が否定されたような気がします。
そのため、相手の話を聞かず、
自分の意見ばかり通そうとするのです。

本物の自信家は、人に悪感情を抱かせず、物腰がスマートで、
めったに自慢話をしません。
自分に自信があるので、自分を大きく見せる必要がないからです。
ときには、自分の失敗を面白おかしく話すことさえあります。
失敗談をしても、自分の価値がおとしめられることはない、
という自信があるからです。
 
2018-03-13 width=22
ケンカは絶対にしてはいけない。
これも、がまんする人が抱きがちな思い込みのひとつです。
もちろん、ケンカをしないことにこしたことはないでしょう。
何の歩み寄りもない、ただの怒鳴り合い、ののしり合うだけの
ケンカなら、しない方がいい。

ただし、言いたいことがあるのに、
がまんして黙っているよりは、ぶつかり合いも覚悟して、
思っていることを言った方がいいでしょう。
がまんの挙げ句、キレたり、相手を攻撃するような事態に
陥らないためにも、多少の言い合いは恐れ過ぎないことです。
ただ、言い合いをする場合にも注意点があります。
では、「いいケンカ」のコツはあるのでしょうか。(略)

ケンカが始まるとき、私たちはつい
「自分の言い分を先に聞け!」と言いたくなっています。
両者とも無意識に「自分の言い分が先」と争い始めるので、
言いたいことだけの応酬になり、声も言い方も激しくなり、
泥沼のケンカになっていきます。

泥沼のケンカにならないためには、
「先に聞け」をやめて、「先に聞く」ようにする。
「あなたは何を言いたいのか?」
      ↓
「言いたいことはわかった」
      ↓
「では、私はこう言いたい」
と話を進める。
この一呼吸が感情のぶつけ合いにならないコツです。
 
2018-03-12 width=22
常々オイラは考えてるんだけど、こういう大変な時に
一番大事なのは「想像力」じゃないかって思う。

今回の震災の死者は1万人、
もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。
テレビや新聞でも、見出しになるのは
死者と行方不明者の数ばっかりだ。

だけど、この震災を
「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、
被害者のことをまったく理解できないんだよ。

じゃあ、8万人以上が死んだ中国の四川大地震と比べたら
マシだったのか、そんな風に数字でしか考えられなくなっちまう。
それは死者への冒涜だよ。

人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。
そうじゃなくて、そこには
「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。
 
2018-03-09 width=22
認められる仕事とは何でしょうか?
これが、仕事の基礎で、究極には3つです。

1.期日を守る
2.期待に応える
3.期待を越える

当たり前のことですが、期日を守らないと仕事は
無意味になることが多いです。
今もすごく意識しているひとつが、時間です。
新入社員の頃、よく上司に言われました。

仕事=量×質×時間

いくらたくさんできても、いくら良いものでも、
時間、つまり期日を過ぎていたら、「0」(ゼロ)です。
「0」は、何をかけても「0」です。

たまには、「これ、やる必要あるのかな?」
と思う仕事もありますが、頼んでいる人は、
必要だと思っているのですから、必要としておきましょう。
その頼まれた仕事が、頼んだ人の期待に
ちゃんと応えられていると「おっ!なかなかやるな」と、
信頼ポイントが貯まります。

信頼ポイントが貯まると、
「やりたい仕事ができる」ようになるのです。
そして、その仕事が、期待に応えるだけでなく、
思っていた以上に出来が良いと、期待を越えることになり、
それが続くと、信頼ポイントはすごく貯まります。
 
2018-03-08 width=22
「どう考えても納得がいかない」ことについては闘え!
悔しい思いを無理やり封じ込めるとストレスが増幅されて
精神衛生上もよくないし、
「アイツには、何を言っても大丈夫」となめられる。
目上にはかわいがってもらうに超したことはありませんが、
なめられてもまずいのです。

「お前は使えない」「猿でもできる」という言葉に
納得がいくのなら、猿よりましな、使える人間になるための
アドバイスを本気で伺うようにすればいいでしょう。
しかし、明らかに、単なる嫌み、いじめであると
考えられるときには攻めに転じることです。
かといって、いきなり声を荒げて
「何を言ってるんですか!」と、感情むき出しでは、
ただのケンカになってしまう。

怒りをグッとこらえて、深呼吸一つ。
「猿ほどにも使えないようでは、ご迷惑をかけるばかりです。
 もっと具体的に、どこがどのように猿以下なのか、
 教えていただけますか?
 猿にだけは負けたくありませんので」
と、悔しさを笑顔に隠して、毅然と聞いてみる。

私の恩師、カウンセリング心理学者國分康孝先生は、
「これは違う!と思ったとき、
 言い返せなかったばかりに劣等感や屈辱感の虜になり、
 その後さっぱり気勢が上がらない人がいて、
 このような人は人生で常にソンな役回りを演じる」
と言っています。
円満主義だけでは人生はうまくいかない。
 
2018-03-07 width=22
不本意なこと、不愉快なことをされたり、
言われたりしたとき、じっと黙ってがまんすることで、
その場を乗り切ろうとする人がいます。

「それはやめてほしい」
「それは私が嫌いなことなので、できる限り気をつけてほしい」
言葉にして伝えることが、誤解や無視を減らします。
そこに、誤解を解いたり、詫びたりする関係が生まれます。
伝えないでいると、相手は「それでいい」「不満はない」
と思うこともあり「お互いさま」の関係がつくれないでしょう。

コミュニケーションは、単なる言葉のやり取りではなく、
「自分を相手にわかってもらう」ためのものでもあります。
そのためには、会話したり何かを一緒にしたりする中で、
自らをオープンにすることが不可欠です。
自分を相手に知らせることなしに、コミュニケーションは
成り立たない、物事は前に進まないと言っていいでしょう。

それは、流暢に、あるいは饒舌に、自分のことを
伝えなければならないわけではありません。
おそるおそる、ぎこちなく、少しずつ自分を伝えながら、
お互いの距離を縮めていくこともありのままを大切にした
アサーションです。
 
2018-03-06 width=22
がまんしてしまう人の多くは、自分が言いたいことより、
相手の反応の方を気にします。
本当はこうしたい、本音ではこう言いたい。
でも、それを伝えると、相手はウンと言わない可能性がある。
そのとき、相手は気を悪くして、怒るかもしれない。
そうすると、自分も嫌な思いをする…
それならいっそ、言わない方がいい…
心の中で、こんな葛藤を起こしている場合も
少なくないと思います。(略)

それでは、同じように思い通りにならない状況に出会ったとき、
実際、誰もが同じ反応をしているでしょうか。
決してそうとは限りません。
がまんも苛立ちもしない人もたくさんいます。
相手と意見が一致しないときは、
「思い通りにしないと怒られて嫌な思いをする」ではなく、
「人はお互いに同じように考えているとは限らない」
「不一致はあり得る」と考えましょう。

相手の反応を勝手に先取りして逡巡せず、
思っていることを素直に伝えてみたら、不一致も起こらず、
コミュニケーションがスムーズに進むことがあります。
「…べきだ」「…はずだ」「…当然だ」という思い込みは、
自分にがまんを強い、自分を苦しめていることもあります。

私たちのコミュニケーションは、お互いに
「言ってみる」、つまり「言って、お互いにその経過を見る」
ことから始まるのだと考えましょう。
 
2018-03-05 width=22
「エビングハウスの忘却曲線」によると、

・20分後には 42%忘れる
・1時間後には 56% 〃
・1日後には  74% 〃
・1週間後には 77% 〃
・1ヶ月後には 79% 〃

何もしなければ、
1日でほとんど忘れてしまうことになります。
記憶することを意識しない限り、
本の内容を忘れてしまってもおかしくありません。
 
2018-03-02 width=22
「何度も何度も繰り返して読むことぐらい、
 言われなくても知っているよ!」
と、思われた方もいるかもしれませんが、
実際に、一冊の本を2回、3回と読む方は、
ほとんどいません。
皆さん、やらないのです。

何度も読む本というのは、自分にあっていると思った
「良書」だけでもかまいません。
すべての本を、2回、3回と読まなくてもいいのです。

ただし、2回、3回と読む回数が増えるごとに、
違う角度から本の内容を理解できるようになります。
本を何回も繰り返して読むと、1回読んだだけのときとは、
また違った「本の奥深さ」を味わうこともできるのです。
 
2018-03-01 width=22
人の行動の中でもっとも真心がないと思うことの一つが、
直前になっていきなり約束をキャンセルするドタキャンです。
ドタキャンをしないというのはマイルールというより、
誰もが守る社会のルールでしょう。
ドタキャンは非常に人に迷惑をかけます。
信頼を失います。(略)

ドタキャンというのはクセになりやすいのです。
やる人は何度も繰り返してしまいます。
その人にだけの突発的なトラブルが起こるわけではなく、
気持ちや誠意の問題だと思います。

本当はあまり行きたくないのに、
あるいは予定として無理があるのに、
安請け合いしてしまうのではないでしょうか。
ドタキャンしてしまうくらいなら、
最初から約束しないほうがいいのです。
「断ったら悪い」といった気持ちがあるのかもしれませんが、
「行く」と言っておいて急遽キャンセルするほうが
はるかに失礼です。
あらかじめ行かないと返事していたら、
相手に余計な迷惑をかけることにはならないのです。
できない約束はしないこと、です。