width=10
ことば探し
★私は、男性(女性)にモテます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03229892

■2018年03月13日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ケンカは絶対にしてはいけない。
これも、がまんする人が抱きがちな思い込みのひとつです。
もちろん、ケンカをしないことにこしたことはないでしょう。
何の歩み寄りもない、ただの怒鳴り合い、ののしり合うだけの
ケンカなら、しない方がいい。

ただし、言いたいことがあるのに、
がまんして黙っているよりは、ぶつかり合いも覚悟して、
思っていることを言った方がいいでしょう。
がまんの挙げ句、キレたり、相手を攻撃するような事態に
陥らないためにも、多少の言い合いは恐れ過ぎないことです。

ただ、言い合いをする場合にも注意点があります。
では、「いいケンカ」のコツはあるのでしょうか。(略)

ケンカが始まるとき、私たちはつい
「自分の言い分を先に聞け!」と言いたくなっています。
両者とも無意識に「自分の言い分が先」と争い始めるので、
言いたいことだけの応酬になり、声も言い方も激しくなり、
泥沼のケンカになっていきます。

泥沼のケンカにならないためには、
「先に聞け」をやめて、「先に聞く」ようにする。
「あなたは何を言いたいのか?」
      ↓
「言いたいことはわかった」
      ↓
「では、私はこう言いたい」
と話を進める。
この一呼吸が感情のぶつけ合いにならないコツです。


出典元 がまんをやめる勇気
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 平木 典子

まゆの感想
以前、危機管理の専門家の方に取材したおり、
その方からこんなことを教わりました。
双方に言い分があって、ケンカになりそうなとき、
まず、こう言うのだそうです。

「わかりました。
 ではまず、そちらの言い分を聞きましょう。
 ただ話が終わりましたら、こちらの話も聞いてください。
 それではどうぞ、順にお話ください」

近しい間なら、

「わかった、じゃ先に言い分を言って、ちゃんと聞くから。
 でも、話終わったら、こっちの言い分もちゃんと聞いてね。
 それでいいかな?じゃ、話して」

なかなかこんなふうに冷静には言えないものですが、
こういうふうに先を譲ると、相手は、
だいたい面食らうそうで、これで怒りの感情が少し落ち着き、
冷静さを少し取り戻すそうです。
すると、ケンカの方向は全く違うものになるのだそうですよ〜

もちろん、相手が話しているときには口をはさまず、ね。
でも実は、これが一番辛いのだそうです(苦笑)
話を聞いていると、こちらの頭の中に、
「え、それは違うだろう」「そんなこと言ってないだろう」
「ひぇ〜よく言うよ」「言ってることつじつまが合わないよ」
などなどと浮かんできて、反論したくなるので、
この自分の中の反論を抑えることが、とても辛いのですね。

ここで、辛いときは、
「メモをとってもいいか」相手にたずねて、メモを取ると、
書くことに集中し、こちらの反論感情もトーンがおち、
相手もひるんで、冷静に話をするようになる、ということです。
そして、なんとかぐっと耐えて相手の話を聞き終えると、
相手もこちらの話を聞いてくれ、ケンカではなく、
建設的な話し合いになる確率がうんと高くなるそうです。

先に聞くことは、プロの方でも辛いことらしいので、
そうそう簡単にはできないものですが、
「相手の言い分を、先に聞くといい」
これだけはしっかりと覚えておき、
訓練しつつ実行!していきますよ〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから