width=10
ことば探し
★仕事場の環境はとてもよく、働きやすく、私は、力を発揮しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03032843

■2018年03月16日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「オレには才能がない」
「自分には向いていない」
「こんなことをしたって成功できるのはほんの一握りの天才だけ」
でも、これらの言葉の裏にある本音は、次のようなものです。
「自分には才能がないと認めることがこわい」
「才能がないと認める前に、言い訳したほうが気が楽だ」
「やってみて、失敗したらどうしよう」

自分に自信がないと、
何かを経験して努力することが苦手になります。
「継続は力なり」と思っていても、「どうせ、やるだけムダだ」
という考えの方が勝ってしまうからです。
なかったことにしてしまえば、
「自分には才能がない」と認めずにすむからです。
何をするにもこの調子では、
どんなに素晴らしい才能を秘めていたとしても、
才能が開花する前に、それまで注いだ努力も水の泡です。

何かを習得するとき、あっという間にできてしまう人もいれば、
長い時間をかけてコツコツと身につけていく人もいます。
「私はあっという間にできてしまう天才型ではないから、
 これ以上努力したってムダではないか」
そんな理由であきらめてしまったとしたら、
一生かかっても、何一つ習得することはできません。



出典元 「根拠のない自信」をつくる本
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 川畑 律子

まゆの感想
才能が開花できるのは、
「才能」+「努力(鍛錬)」+「時期(タイミング)」の
3つが揃ったときで、何か一つがかけると、
開花しなかったり、開花に時間がかかることが多いそうです。

そして、この中の自分でコントロールできるのが、
「努力(鍛錬)」で、これがもっとも大切だということです。
他の二つは、運的なこともありますが、
「努力(鍛錬)」は自発的にできることですし、
自発的にしていかないと続かないものですから、
自分がいろいろな意味で、試される場ともなります。

平昌オリンピックで銀メダルのフィギュアスケートの
宇野選手は、周りの選手はどんどんできていくのに、
3回転ジャンプが何年間も習得できなかったそうです。
そのために、人より以上の練習をし、方法を考え工夫して、
身につけていったそうです。
だから、生まれ持った才能より、努力する才能がすごいと、
周囲が語っているそうです。

自分には才能がないから、何をやってもダメと思っても、
3年コツコツやっていると、3年後はやっていなかった人との
差が大きく開いていることに気がつくでしょう。
もちろん、あっという間にできてしまう人もいます。
それは、そんな人もいるということで、
自分の才能は「努力できること」と割り切って、
自分なりの才能開花を目指していきましょう。
「オレ(私)には、どうせ才能ないから」
なんて、自分で自分を見下す判断をせずに。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 5pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから