width=10
ことば探し
★私は、危機にあっても動揺せず、冷静に対処する力があります★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03360485

■2018年03月06日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

がまんしてしまう人の多くは、自分が言いたいことより、
相手の反応の方を気にします。
本当はこうしたい、本音ではこう言いたい。
でも、それを伝えると、相手はウンと言わない可能性がある。
そのとき、相手は気を悪くして、怒るかもしれない。
そうすると、自分も嫌な思いをする…
それならいっそ、言わない方がいい…
心の中で、こんな葛藤を起こしている場合も
少なくないと思います。(略)

それでは、同じように思い通りにならない状況に出会ったとき、
実際、誰もが同じ反応をしているでしょうか。
決してそうとは限りません。
がまんも苛立ちもしない人もたくさんいます。
相手と意見が一致しないときは、
「思い通りにしないと怒られて嫌な思いをする」ではなく、
「人はお互いに同じように考えているとは限らない」
「不一致はあり得る」と考えましょう。

相手の反応を勝手に先取りして逡巡せず、
思っていることを素直に伝えてみたら、不一致も起こらず、
コミュニケーションがスムーズに進むことがあります。
「…べきだ」「…はずだ」「…当然だ」という思い込みは、
自分にがまんを強い、自分を苦しめていることもあります。

私たちのコミュニケーションは、お互いに
「言ってみる」、つまり「言って、お互いにその経過を見る」
ことから始まるのだと考えましょう。



出典元 がまんをやめる勇気
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 平木 典子

まゆの感想
本当は言いたいことがあるけれど、これを言うと、
相手が機嫌を悪くするだろう、怒られるかもしれない、
もっとひどい仕打ちを受けるかも、最悪は嫌われて、
仲間はずれにされてしまうかも、仕事をやめなければならないかも…
などなどと思いがわいてきて、
言いたいことをぐっと飲み込み、がまんして、
普通にしている、笑顔でいる、なんてことありますよね。
自分ががまんすればいい、なんて思って。

しかし、そんながまんをずっと続けていると、
いつか爆発し、ほかのことに当たるようになったり、
体調を壊したり、いつもイライラしたり、うつになったりして、
自分を徐々に蝕んで、壊れてしまうことにもなりかねません。
そして、そうなってからあれこれ言ってみても、相手は、
「そんなふうになる前に、なんでもっと前に言ってくれなかったのか」
と反論してくることも多いものです。

がまんもある程度は大事だし必要と思いますが、
「言ってみる」そして「お互いにその経過を見る」
ことも、同じように大事で必要だと思います。
「そんなふうに思っていたのか、わかった」と、
「言ってみて」わかってもらえることも
「それなら、こうしよう」と「言ってみて」
始まることもたくさんありますから。

確かに、言い方が下手な人はいて、言う内容よりも、
「言ってることはわかるけど、あの言い方が気に食わない」
なんて事もあるので、そこはちょっと注意ですね。
自分の言い方のクセってありますから、ね(泣)
そこは、言い方の勉強してみたり、改善を試みながら、
勇気をだして、まずは「言ってみる」に
チャレンジしていきましょう。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから