ことば探し
★私は、私が持っている素晴らしいものすべてに感謝します★

■「今日のことば」カレンダー 2023年8月■

2024年 : 1 2 3 4 5 6 
2023年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2022年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2021年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2020年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2019年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2018年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 
2023-08-31
身近な年長者、年少者との
コミュニケーションを大切にし、
学んだり教えたりし合って生きていくことが
案外「年の取り方がわからない社会」に
対していちばん有効な処方箋かもしれません。

もちろん、
これはどちらか一方の押し付けだけで
成立するものではなく、
「あの人は自分の知らないことを知っている」
「あの人は自分とは違う時間を生きている」のを
承知の上で関わらなければならないでしょう。

いつでも誰でもできるわけではないかもしれません。
それでも私は、世代間コミュニケーションこそ
年を取っていくための希望や可能性が
あるのではないかと思っていますし、そこを簡単に
諦めてしまってはもったいないのではないか、
とも思っています。

「年の取り方がわからないなら、
 上下の世代と学び合おう」
2023-08-29
私は、思春期以前から
「Aという成人もいればBという成人もいて
 それがダメならCという生き方も成立する」
ということを知っている子どもはラッキーで
単一解答としてのAだけを規範意識として
インストールされるのは、
しんどいことだと思っています。

また、
Aという生き方しか許さない社会は
どんなに物質的に豊かでも精神的には
息苦しい社会だとも感じます。(略)

誰もが同じような人生を選ぶわけではなく
狙い通りに運命をコントールできるわけでも
ない以上、さまざまなロールモデルを
肌で知っている子どものほうがさまざまな
人生行路に対処しやすいでしょう。
2023-08-25
荷が重いときは、みなで
分け合って担いでいけばいいのです。
家族の間でも同じです。(略)

生きていくことは本当に重いと
感じることは誰でもあります。
そういうときはひとりで突っ張らないこと。
そばの人に
「いっしょにもって」
と声をかけてみましょう。

重荷を分かち合うと、
荷が軽くなるだけでなく、
共に荷を担いでいるという連帯感が生まれ、
なんだかとてもいい気分、
しみじみと幸せを感じます。

ひとりで歯をしばってがんばるよりも、
みなで力を出し合う。
それだけでしあわせになれるなんて、
人間は本当にすばらしい生き物です。
2023-08-23
ある評論家の仕事を手伝っていたことがあります。
学歴も評論家として独立するまでの
経歴もまばゆいばかり。
そのことは広く知られているのに、それでも
彼は出会う人ごとに自慢をしないではいられない。
それが理解できませんでした。

自慢話はさすがにストレートにではなく、
それとなく遠回しで、こんな具合です。
「本郷界隈には詳しいんですよ。
 大学があの近くだったので」とか、
「政治家の××とは親しいんですよ。
 彼とは駒場で寮がいっしょでしてね」
家族自慢も相当なもので、ご子息が通う
大学はいうまでもなく、奥さんの実家など、
なんでもかんでも自慢のタネ。
文句なしに優秀な方だったのですが、
あまり好印象はもてませんでした。

ところがあるとき、彼の内心は、
不安でいっぱいなのだと気づいたのです。
彼の出生はけっして恵まれたものではなく
そこに触れられることは、彼にとって
屈辱のようでした。
自慢話は、そのあたりの話題を避けたい
一心からだったようです。

自慢話の多い人は往々にしてこんなもの。
みなが自分を評価し、ちやほやして
くれなければ不安でたまらない。
裏を返せば、本当は自分に不安を感じていて
自慢話はそれを隠すヨロイなのです。
2023-08-07
試行錯誤を重ねるうちに、
単純に注意するだけではない秘策も
思いつくようになりました。

それは、おしゃべりをやめない学生の
隣の学生を指名するということです。
不思議なことに、この方法だと
ピタリとおしゃべりがやむのです。

おしゃべりを止められない学生でも、
隣の学生が指名されて起立して、
一生懸命に答えようとしていたら、さすがに
口をつぐんで授業に参加するものです。

これは、隣の人への「配慮の気持ち」が
残っていることの表れです。
つまり、全面的に空気が読めないと
いうわけではないのです。

「最初から、
 おしゃべりをしている学生を
 指名すればよいのでは」
と思われる人もいるかもしれませんね。
けれども、本人を指名した場合、
「わざと当てた」と、
気分を害してしまうかもしれません。
だから「隣の学生を指名する」
のがちょうどよいのです。

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!


© 2005 ことば探し. All Rights Reserved.