ことば探し
★私は、思った地位を手に入れ、ますます頑張っています★

■本の検索■

出典名: ほどよく忘れて生きていく
おすすめ度: ★★★★★ ※おすすめ度について
本のカテゴリ: 人生・生き方
副題: 91歳心療内科医の心がラクになる診療室 
著者: 藤井英子 
訳者:  
出版社: サンマーク出版 (2023/1/19) 
 
本の内容: ≪本の紹介文≫

京都にある、小さなクリニック。
ここで診察にあたる91歳の心療内科医の
言葉が話題になっています。

日々、訪れる患者さんに届けているのは、
からだと心がラクになる処方箋。
たとえば診察後、おきまりの「お大事に」の
挨拶ではなくて、
「ご自分をお大事になさってくださいね」
という言葉で送りだす藤井英子医師。
患者さんはハッとした顔をして、それまで
後回しにしてきた自分を思うと言います。

人づきあい、老いとの向き合い方、健康管理など、
生きることのあらゆることについて、
「これは忘れていい」「これは大切に」という
切り口で71の生き方のヒントをお届けします。

藤井医師は89歳でクリニックの院長職を退職後、
自身のクリニックを開院。91歳のいまも、
毎日バスと徒歩で通勤し、スマホも使い、
ちゃちゃっとパソコン作業もこなし、
ブログでの発信もしています。

そんな藤井医師の元気の秘訣は
「さっぱりと生きること」。
「いやなこと」「ちょっとした心のひっかかり」
「執着」は忘れて、そのぶん、本当に大切に
したいことに、心を注ぐ。
若々しい心とからだで生きるコツが満載の1冊です。 

■この本から紹介している「今日のことば」■

この本からのことば 感想 掲載日
一番身近な人にこそ、 「ときどき、きちんと」 「親しき仲こそ礼儀を」意識すると、 スッと気 家族や身近な人とは、身近なだけに、 なかなか距離がとりづらく、 関係 2024-07-08
いやなこと、執着、行きすぎたこだわり、 誰かへの期待、後悔、過去の栄光は ほどよく忘れるほう 「ほどよく忘れるほうがいい」 と、私も思います。 あれこれと細かく覚 2024-07-06

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ