width=10
ことば探し
★私は、生まれながらにして愛されるべき人間です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03903245

■2020年10月05日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ネガティブ思考は人それぞれですが、
それが暴走していまうプロセスはだいたい同じです。
基本的には、次のような流れが繰り返されています。
これをネガティブ・スパイラルといいます。

1.何か嫌なことが起こる。
2.嫌な気分になる、嫌な気分が続く。
3.嫌なことを考える。頭の中がネガティブ思考で
  いっぱいになる。
  (肩こり、頭痛などの心身反応、遅刻や失言など
   ささいな失敗がふえる)
4.人の気持ちがわからなくなる。
  人に喜ばれない言動がふえる。
5.人に嫌われやすくなる
6.気晴らしの機会が減る。ストレスがふえる。
7.ふたたび嫌なことが起こる。


こうしてネガティブ思考をため込んでいくと、
周りのあらゆるものが嫌に見えてきます。
そうして余裕を失い、人の気持ちを察することが
できなくなり、人に嫌われやすくなっていきます。
肩こりや頭痛、ささいな失敗も、周りの人と
うまくいかないのも、すべてつながっているんです。


出典元 「どうせうまくいかない」が「なんだかうまくいきそう」に変わる本
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 杉山 崇

まゆの感想
この基本的ともいえる7つのスパイラルに、
気がついていない人が多いそうです。

周囲は、なんとなく
「変だなあ、変わったなあ」
「やけにネガティブ思考だな」
などと感じているのですが、
本人は、そのことに気づいておらず、
知らずにネガティブ・スパイラルに
陥っている可能性が大きいのですね。
この理由は、こんな心のクセになるようです。

「私たちの心は、スポットライのようなものです。
 私たちの身のまわりでは多くの出来事が起こっています。
 その出来事を受けて、たくさんの連想も起こります。
 心のスポットライトはそうした出来事や連想の
 ごく一部だけを照らし出して、私たちにその存在を
 意識させているのです。

 心のスポットライトがどこを照らし出すかは、
 そのときに何をしようとしているかで決まります。
 たとえば、
 「仕事をがんばろう」と思っていれば、仕事に
 関わりがあることにスポットライトがあたります。
 「あの人が嫌いだ」と思えば、その人の嫌いな
 ところばかりに焦点が定まります」

つまり自分が気を入れていること、気にしていることに、
焦点が集まり、その世界の中に入り込んでしまう、
そして、それ以外の世界は見えなくなる、
聞こえなくなる、ようなのですね。
ネガティブ思考に入り込んでいるな、と自分で感じたら、
意識的二スポットライトのあて方を違う方に向けてみると、
よいと思います。

また周囲の人が、ネガティブ思考に陥っている、
あるいは、どっぷりはまっているようなら、
気分転換をすすめるとよいようです。

次回は、ネガティブ思考の視点をそらすための、
具体的な行動や考え方などをまとめますね。
どうぞ、見てみてくださいね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 5pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから