width=10
ことば探し
★私は、自分自身に賢い投資をしており、それはとても役立っています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03186923

■2018年02月08日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

年代ごとに向き合うストレスが違う

■乳児期(基本的信頼×不信)
 
 0〜1歳半頃。
 乳児が母親との授乳関係を通じて信頼感を理解する時期。
 人は基本的に、信頼できると感じることができるか否かで、
 その後の親密な人間関係を築き上げていく土台がつくられる。


■幼児期(自律性×恥、疑惑)

 一歳半〜3歳頃。
 排泄のしつけを通じて、自律性を身につけることができるか
 否かが重要になる。うまく排泄ができればほめられ、
 失敗すると恥ずかしい思いを幼児は体験する。


■遊戯期(積極性×罪悪感)

 3〜6歳頃。
 自己主張していく積極性を身につけると同時に、
 そういうことをすると、自分は罰せられるのではないかという
 罪悪感との間で、葛藤が芽生える時期。


■学童期(勤勉性×劣等感)

 6〜13歳頃。
 学童期に達すると、学校で急速に知識や技能を習得する。
 このとき、勤勉さが十分に発揮されないと、劣等感が生じる。


■思春期・青年期(アイデンティティ×アイデンティティ拡散)

 13〜23歳頃。
 急速な身体成長と性的成熟をもたらす時期。
 自分がどんな人間かというアイデンティティ(自己同一性)を 
 確立することができるかどうかの岐路に立ち、試行錯誤
 しながら、自分らしさ、価値観、人生観、希望の職業などを
 決定していく。
 ここでアイデンティティが獲得されないと、
 「自分が何者か、なにをすべきか、何をしたいのか、
  わからない」という、アイデンティティ拡散に陥る。


■成人期初期(親密性×孤立)

 22〜40歳頃。
 アイデンティティを確立した人は、さまざまな人々との
 コミュニケーションを行いながら、友情、愛情、性的親密さを
 得ることができる。
 この課題に失敗すると、孤独をもたらし、
以後の心理的成長を抑制するとされている。

(下に続く)


出典元 「考え方のクセ」を変えるとストレスはなくなる
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 清水 栄司

まゆの感想
■壮年期・中年期(生殖性×停滞)

 40〜65歳頃。
 次の世代を育てていくこと(生殖性)に関心や喜びを
 感じられるようになるかどうかに向き合う時期。
 結婚や子育てなどの私生活だけでなく、職場の仲間づくり、
 仕事のマネジメントをしたり、後輩を指導するなども含まれる。
 社会的な業績や知的、芸術的な創造も、この中に含まれる。
 自分自身にしか関心が持てず、自己没頭という状況になると、
 人格の停滞を示す。


■成熟期・老年期(統合性×絶望)

 65歳以上。
 人間の生涯を完結する重要な時期。
 自分の人生を受け入れて、統合性を獲得できれば、
 人間的な円熟や平安の境地が達成される。
 しかし、統合性を得られないと、後悔や挫折感を経験し、
 絶望を感じることになる。

(ここまで)


上記は心理学者のE・H・エリクソンが提唱している、
人の一生(ライフサイクル)で、人間は心理的発達とともに
この8つの段階を通過していく、という考え方だそうです。

自分がストレスを感じているとき、エリクソンの示す、
どのライフステージの問題で悩んでいるか考えてみると、
向き合うストレス、解決すべきストレスかを
知るヒントになるそうです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから