width=10
ことば探し
★私は、今、豊かで幸せです★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02739203

■「今日のことば」カレンダー 2007年6月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2007-06-30 width=22何もかも誰かに任せっぱなしで、人生運がよくなるか、
運勢が開けてくるか、もう答えは分かり切った話しです。
最後のどの案を採用するかを決めるのは自分だ。
その覚悟があってこそ、人生運がよくなろうというもの、
運勢が開けようというものです。(略)

覚悟さえあれば、占いに悪い結果がでても、
現実がそうならないようにいくらでも変えていけます。
結果が悪い占いを気にする暇があったら、
どうすれば良くなるように変えていけるかを考え、
行動していけばいいだけの話しなのです。
それが占いの本当の活用法です。 
2007-06-29 width=22あなたはものごとがはっきりしている方がいいと
思っているかもしれない。
もしそうなら、白か黒か、2つに塗り分けるのが
好きなタイプだろう。
残念ながら、世の中の人生のあらゆる条件を、
このようにはっきりと色分けするのはとうてい無理だ。
複雑な性質を持つできごとを、2つの分類にきっちりと
はめ込むことなどできはしない。

確かさを望むことは、確かに健全なことではある。
しかし、不確かであることこそ人間らしいのだと受け入れ、
そのことで悩まない方が、心の健康にはいい。
だから、確かなものを求めるのはやめて、
不確かさを受け入れよう。 
2007-06-28 width=22何をしたらいいかはっきりしない時には、
何もしないことをお勧めする。
次にすることがわからないのなら、有意義な行動の前に、
見出すべきもの、あるいは学ぶべきことが
あるのかもしれないからだ。
そうした状況では、一歩下がって(本の一瞬でも)
内面を向き、内なる大いなる力に導きを求めるのだ。(略)

もし何かをしないでいられないのなら、
心を安らかにさせることだ。
それは何につけても大切な基盤に立つことになるから、
正しい行動はついてくるだろう。

怖れやパニックで行動する者は、単に闇を深くするだけだ。
しかし、安らいだ心で行動する者は、内なる知という
静けさからくる言葉や行動で、光を増すのだ。
安らぎから発する行動と、思考に責め立てられた行動には
芳しい違いがある。 
2007-06-27 width=22わたしたちは、何にでもレッテルを貼ります。
人にも出来事にも。
レッテルを貼ることが、世界を知ることだと、
誤解してしまっています。
レッテルの中身については、触れないままで。

だから、内気な人、冷たい人、優しい人、頭のいい人、
それ以外のその人に触れる機会を失ってしまうのです。
そればかりか、もっと困ったことに、レッテルを貼ることで、
その人を理解したような気になってしまうのです。
実際には、あなたは、あなたの頭の中につくりあげた、
その人のイメージを見ているだけだというのに。

レッテルは便利なものですが、
レッテルはその人ではないことを、忘れてはいけないのです。
 
2007-06-26 width=22成功という名の病原菌におかされた「もっと病」は、
もっと大きく、もっと多く、もっと高く、
と人をむやみに駆り立てる。

「周囲の期待」という呪縛もまた、
必死でそれにこたえようとする人を、
本意とはちがう道へひた走らせる場合が多い。

しかし、忘れてはならない。
自分がほんとうに求めるもの、大切にすべきものを
見失ってしまったならば、
真に実のある人生は築けないのである。

あなたにとって、人生の「成功」を測るモノサシ、尺度、
とは、いったい何だろうか? 
2007-06-25 width=22口論や悪感情を消滅させ、相手に善意をもたせて、
あなたの言うことを、おとなしく聞かせる
魔法の文句を披露しよう…

「あなたがそう思うのは、もっともです。
 もし私があなただったら、やはり、そう思うでしょう」

こう言って話をはじめるのだ。
どんな意地悪な人間でも、こういうふうに答えられると、
おとなしくなるものだ。 
2007-06-24 width=22スピリチュアルな成長は、自分に何かを加えていく
必要があるわけではなく、自分のさまたげとなるものを、
すべて手放していくように誘います。

世の中は、成功するということは得ることであり、
所有することであると教えてきましたが、
ものを集めれば集めるほど、私たちは自分自身を知らず、
安らぎからどんどんかけ離れていくことに気づきます。(略)

所有物や地位や学位で自分を証明したり、
守ろうとするのをやめたとき、
私たちはあるがままの姿に、美と価値を見出し始めます。
そうすると、軽くなることに大きな喜びを見いだします。
なぜなら、軽くなるればなるほど、
高く飛翔することができるからです。

幸福をさまたげる所有物や活動や人間関係を手放すと、
自由を得ることができ、人生の中のシンプルなことに
感謝を感じるようになります。 
2007-06-23 width=22川島先生がおっしゃるには、たしかに
「しかる」という行為は、本能に訴えることで効果が大きい。
けれども、しかり続けると
防御作用によって耐性ができてしまう。
だから、何回もしかられていると、
聞く耳を持たなくなってしまうそうです。
「しかる」のはたまにすると効果的ですが、
しかり続けると、かえって教育効果が
なくなってしまうんですね。

その逆の「ほめる」という行為は、本能でなく
脳の前頭前野に働きかける高度な行為なので、
1回では足りないそうです。
繰り返し行わないとダメらしい。
ほめ続けることによって効果がでてくるんです、
というお話を川島先生はされていました。

そこで私たちは、
「ほめること9割、しかること1割」
にすることをめざしているんです。 
2007-06-22 width=22私たちの頭は、
今までの経験(つまり、今までに蓄積した全て事柄)に
マッチしている考え方を「正しい」と思う傾向がある。

たとえば、本書を読んでいて、
今まで自分が思っていたことと同じ考え方が出てくれば、
「そのとおり!この人の言うとおりだ」と思い、
「素晴らしい本だ!」ということになる。
だが逆に、今までの経験に合わない考え方には
反発を感じ、たとえば「これは違う!」
「そんなふうに考えることはできない」
「そんなに簡単なはずがない」と思うようになる。

だが、「こんな考えはダメだ」と思ったときこそ、
とくに注意深くなる必要がある。
なぜなら、そのときこそあなたが今まで
見聞きしたことのない考え方と直面しているからである。
それは、あなたが今まで知らなかった思考法なのだ。
あるいは、知ってはいても、
そういう生き方をしてこなかったのだ。
だから、これから新しい生き方をしようと思っているなら、
そうした考え方にぶつかるたびに、
関心をもつことが大事なのである。
その考え方のなかに、あなたの将来の成功のカギが
隠されているかもしれない。 
2007-06-21 width=22対立するのは、どちらかが正しくて、
どちらかが間違っているからではなく、
双方が自分の価値観に従って生きているからです。
いわば、どちらも「理想を追い求める人」なのです。(略)

意見の違いだけに目を向けていては、対立は解消できませんが、
意見の違いの根底にある夢や目標、願望に目を向けることで、
理解の糸口が見つかります。そうした夢や目標は
「隠された意図」と言い換えてもいいでしょう。

意見がぶつかったとき、相手の主張を
頭から否定するのではなく相手の立場で考えてみる。
相手の「隠された意図」をさぐってみるのです。 
対立そのものを解決しようとするのではなく、
それぞれの主張の背後にある
価値観や目標を理解し合うことです。 
2007-06-20 width=22過大な期待は不幸のもとです。
どんなことでも、期待しすぎるとがっかりするものです。
期待の大きすぎる人は、毎日失望しながら
生きていかなくてはなりません。

わたしと夫はよく試写を観にいきますが、
そのときは批評など何も読まずに白紙の状態で
見るほうが楽しめるような気がします。
逆に「最高だ!」という批評を読んでから観にいくと、
「それほどでもなかった」と思うことが多いのです。

休暇旅行、パーティ、レストランの食事もみな同じです。
人生についても、やはり同じです。
期待や要求を何も持たずに、あるがままの今をエンジョイする…
それがもっとも幸福な生き方かもしれません。 
2007-06-19 width=22ある方法で物事が進むよう計画していたのに
うまくいかない場合には、後悔や不安に溺れるより、
すぐに前向きな期待をもって気分を盛り上げよう。
「もっといいプランがあるに違いない」と。

その時点ではほかのプランの内容はわからないかもしれないが、
自分にとってもっといいものが用意されていると
信じることはできる。(略)

きっとわたしという船の艦長である神様は、
別の方向に船を向けようとしているのだ。
それがどこかわからなくても、こころをオープンにして、
積極的に認めようとするなら、
いつかわかるようになるとかたく信じている。 
2007-06-18 width=22怖がって、自分の1番したいことを
してこなかった人はたくさんいる。
そういう人だって背筋を伸ばして
「やってみよう」と言えばいいのだ。

そうすれば今までプラス・ファクターをさえぎっていたものが、
取り除かれ、体中に力がみなぎってくるのがわかるはずだ。
この力は、最初の一歩を踏み出した瞬間、あるいは、
最初に前向きの思考をはじめた瞬間にみなぎりはじめる。

どんなに一生懸命夢を描いても、
どんなにはっきりした目標をかかげても、
実際に自分の足で実現への一歩を踏み出さないかぎり、
力がわいてくることはない。 
2007-06-17 width=22自分で自分の足を引っ張っていることを認めるのは
たやすいことではありません。
ましてやそういう習慣と縁を切ることはもっと大変です。
自分の問題を周りの人たちや環境のせいにしたところで
事態はいっこうに改善しないことくらい、
あなたもすでに気づいているはずです。

あなたの人生を変える力をもっているのは、
あなたしかいません。
うまくいかない行動パターンから抜け出すには、
そういった自己責任の意識に目覚める必要があります。
自分の人生を改善することを目標にしてください。 
2007-06-16 width=22人は誰でも、自分なりに最善を尽くして生きている、
そう悟ることが重要です。
生きているうちにはたくさんの間違いを犯すし、
誤った情報に基づいて行動したり、
ばかなことをすることだってあるでしょう。

それでも、自分なりにいちばんいいと思うやり方で、
生きていることに変わりはないのです。
「いよいよ人生を棒に振るチャンスだ」などと、
思う人はいないのですから。(略)

他人を責めても何の解決にもならないことを
あらためて知りましょう。 
2007-06-15 width=22「これだけは忘れてはならない」と自分に言い聞かせたのに、
やっぱり忘れてしまった、という経験はありませんか?
心は「忘れる」という行為から遠ざかることはできません。
「覚えておく」という行為に近づくことはできるけれど、
そのためには「これを覚えておきたい」と
考える必要があるのです。(略)

心は考えたことの逆を実現させようとは決してしません。
したくでもできないからです。
だから、サッカーの選手に向かって「ミスするな」と
叫ぶのは、ミスを誘っているようなものだし、子どもに
「おばあちゃまの骨董品の壺を割らないで、一万ドルもするのよ」
と言えば、みすみす災いを招くことになるでしょう。 
2007-06-14 width=22私が学んだ1番重要なことは、
「どんな状況においても、いろいろな選択肢が考えられる」
ということだった。(略)

人生に行き詰まったら、
「今、どんな選択肢を考えることができるだろうか」
と自分に問うてみることである。

そうすることによって、新しいステップが目の前に、
出現することがよくあるし、
自分の本当の気持ちもよくわかる。 
2007-06-13 width=22「言っていること」と「行っていること」が
矛盾している人がいます。
そのときは、その人の言葉を聞くのをやめて、
その人の行動だけを見ていると、
その人の本当の目的がわかります。

言葉が、その人の本当の気持ちを表しているとは限りません。
自分への非難や攻撃を避け、あるいは相手を
自分の思うように動かすために使われることがあります。
また、こうありたい、あるいはこうなりたいという
決意や願望を表すのにも使われることもあるのです。

他方、行動は、短期的には、あるいは少数の人の前では、
意識的にとりつくろうことはできますが、
長期的に、また多数の人に対して
ごまかすことはむずかしいのです。 
2007-06-12 width=22
お互いに助け合えるネットワークを作る。

誰を知っているかではなく、
誰に知られているかが重要です。
 
2007-06-11 width=22
はじめから自分につまらぬレッテルを貼るな!

「できっこない、やれっこない」を
捨ててはじめて先が見えてくる。

できない理由より、
「できる理由」を考える人は、
かならず伸びる。

(小タイトル一部抜粋) 
2007-06-10 width=22不満だらけの人を癒したり、直接、
何かを与えたりすることができなくても、それでいいのです。

私たちが笑顔で暮らし、自分のことを好きでいられて、
思いやりの気持ちが自然と先立つように生きることができれば、
世の中はどんどんよくなるはずだからです。

不幸な人や、満足でない境遇の人など
放っておきましょう、と言っているわけではないのですよ。
プラスの力が大きくなればなるほど、
マイナスワールドもプラスのほうへ
繰り上がってきやすくなるのです。(略)

その目に見えない波動が、穏やかでない人の心を
ひとつ安らかにするこができるならば、
それは充分な愛や奉仕なのです。 
2007-06-09 width=22私は、考え方や感じ方は「使うもの」だと思っている。

どういうことかと言うと、例えば先に私は
「多くの不安は無駄である」と書いた。この本を読んで、
なるほどそういうことか、と思ってくれたら、
適宜その考え方を使ってもらいたいと思う。(略)

「ああ、これはいい考えだな、ステキな考えだな」
と思ったのなら、その考え方を1回でもいいから
実際に使ってみて欲しいと思う。(略)

それはもちろん、本に限らない。
友人が言ったことでもいいし、映画やテレビドラマで
役者さんが言っていた台詞でもいい。
自分の琴線に触れた言葉を覚えておいて、
随時使ってみるだけでも、
人生はいいほうへいいほうへと向かっていくと思うのだ。 
2007-06-08 width=22エネルギーがなくなると、前に進めなくなってしまう。
バッテリーが空で走れるだろうか?(略)

とにかく、「自分をよみがえらせてくれるもの」に
敏感になることだ。
毎日の生活の最低でも1つ、自分にエネルギーを
与えてくれるものを組み入れよう。
自分自身をチェックして、エネルギー切れの信号が
でていないか注意しよう。
疲れやストレス、頭痛や意欲の低下が危険サインだ。(略)

充電の時間がないと言いわけをしている自分に気づいたら、
自分のためを考えるのは自分しかいないのだ、
ということを思い出すこと。 
2007-06-07 width=22私は知りあいの家庭で、こんなすばらしい言葉を耳にした。
5人家族の中で育った、14歳になる娘さんの一言である。
話題がふと「利他主義」におよんだとき、その意味を
のみこめない小学生の妹に彼女はこう説明した。

「それはね、
 自分よりも相手の得を先に考えてあげることなの。
 そうすることで、自分もうんと得をするのよ。」

真意をつかめないでいる妹に、彼女はこう言葉を加えた。

「私たちがね、みんな自分の得ばかり考えていたら、
 自分の得を考えているのは自分1人でしょ?
 でもね、たとえばうちの場合、
 5人家族がみんな相手の得を考えたとしたら、
 自分の得を考えてくれる人が、
 4人もいることになるのよ!」 
2007-06-06 width=22批判的な人と付き合うと、自分も批判的になります。
幸せな人たちと付き合うと、幸せについて学ぶでしょう。
だらしない人たちと付き合うと、
自分の生活もだらしくなくなるのです。
熱意あふれる人たちと付き合うと、自分も熱意あふれてくる。
冒険好きな人たちといると、ついつい冒険好きになるし、
裕福な人たちといると、刺激を受けて
自分も裕福になろうとする、これが人間です。

つまり、私たちは人生に求めるものを自分で決め、
それに応じて仲間を選ぶ必要があるということです。
あなたはこんな風に言うかも知れません。
「それはひと苦労だ。気まずい思いをするかもしれない。
 今の仲間のうち何人かは、気を悪くするだろう」
その通りです。

でも、あなたの人生がかかっているのですから。 
2007-06-05 width=22私もこれまで「嫉妬」と気づかずに人を
批判していたことがありました。

それ以来、人に対して批判的な気持ちが起こったとき、
それは「嫉妬」なのか、正当な意見なのかを
チェックするようになりました。
特に感情的になっているときは要注意です。
心の中に「嫉妬」があってはの発言は、
他人への説得力がないし、後味も悪いものです。

他人を「うらやましい」とか「ねたましい」と思ったときは、
悪口を言ったりして他人の足をひっぱるのではなく、
自分のやりたいことにチャレンジするというような、
前向きのエネルギーに代えていくとよいですね。 
2007-06-04 width=22「相手の関心を引きつけるよりも、
 相手に関心を持つことが大事」

私の30年の研究からも、
これ以上のアドバイスはないと、断言できます。
デール・カーネギーは、
「他人の関心を引こうと2年間努力するよりも、
 他人に感心をもとうと2ヶ月間努力する方が、
 たくさん友だちができる」
と書いてますが、まったくその通りです。(略)

誰でも、尊重され、大切にされたいからです。
心から関心を示せば、相手は大切にされていると感じます。

※デール・カーネギーは、名著「人を動かす」の著者 
2007-06-03 width=22ひとりの人間はどの面からみるかによって
同じ人でもずいぶんイメージが違ってくるものです。
私はいつからか心の中に、
「短所→長所変換辞典」を持つようになりました。

例えば、
「おしゃべり↓
 話術がすぐれている・表現力がある・開放的・社交的」
「がんこ→信念がある・意思が強い」
「臆病→慎重・計画性がある」
「暗い、陰気→おとなしい・もの静か」
「行動がのろい→落ち着いている」
「優柔不断→柔軟性がある」
「だらしがない→おおらか」
「甘えん坊→人に近づき名人」

自分の性格を悪いとか嫌いだとか思って
悩んでいる人がいますが、
悩んでも変わるわけではありません。
それより、悩むエネルギーをよい面を磨くことに使えば、
自然とバランスのよい性格に変わっていくと思います。 
2007-06-02 width=22いくらよいことを考えていたって、
実行しなければ何の役にも立たない。

人間を価値づけるものは、
実行とその実績なのである。 
2007-06-01 width=22善意からの親切やサービスは、
それを相手が望んでいるときに、
それに応じられるというのが理想的だろう。

大切なことは「さりげなさ」なのだ。
このさりげなさができるのは、じつは本当に相手の
立場を思いやっているからこそ可能なことなのだ。
また、その人自身が謙虚という美質を有していて
初めてありうることなのだと思う。 

つまりは、相手に心の負担をかけぬよう心づかいしつつ、
その人のために何か手助けになることをしようとする、
レベルの高い善意の行為。

こういうことができる人は、人間社会における、
人と人との距離感の読める人である。