width=10
ことば探し
★私は、他人の目や評価を気にしません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02609895

■「今日のことば」カレンダー 2005年2月■
2017年 : 1 2 3 4 5 6 
2016年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2015年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2014年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2013年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2012年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2011年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2010年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2009年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2008年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2007年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2006年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2005年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2004年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2003年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2002年 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 
2001年 : 11 12 

width=1
2005-02-28 width=22残念ながら、相手も同じように感じています。(略)

「あなたが私と同じ視点から物事を見てくれれば、
 きっと私が悪い人間でないとわかってくれる。
 そうすれば、きっとあなたは私を拒絶するのをやめて
 また私を愛してくれるにちがいない」
 
2005-02-27 width=22そもそも「かっこいい人生」とはどういう人生か。

世間で言われるのは、ただ傍から見ると
「かっこよさそうに見える人生」ということではないか。
しかもその人生は、かならず
第三者(歴史家、伝記作家、小説家、記者)によって
記述された人生であり、
脚色された情報としての人生である。(略)

再び問う。
「かっこいい人生」とはどういう人生か。
そんなものはない。
(あったとしても、そんな人生にわたしは興味がない。)
あるとすれば、見事な人生、立派な人生があるだけである。
 
2005-02-26 width=22「今日は昨日より1%でいいからよくしよう、伸びていこう」
そうした堅実な成長志向が人間を大きな成功に導きます。

「たった1%」の成長志向があるかないか。
また、そのわずか1%の成長を地道に継続し、
積み重ねていけるか。
それがやがて成功と失敗を分けるのです。
 
2005-02-25 width=22思いやりの気持ちをもっても、
思いやりの行動をしない人はいくらでもいる。

電車の中で老人が杖にすがっているのを見ると、
急に新聞が読みたくなる、といった工合である。

やはり心がしっかりしていなくてダメだ、
ということだ。
 
2005-02-24 width=22心配は怖れから生まれ、怖れは攻撃の思いから生まれる。

心配はつねに「いやなことが起きるかもしれないよ」と
ささやきます。
だれかのことを心配するときは、
その人やそうした状況をまったく信頼していません。

そこでは心の力を否定的に使って、
その人に自信を失くさせ、
その状況に怖ろしい要素が入り込むことを
許してしまうのです。

(303日目のことばより)
 
2005-02-23 width=22ある人が教師に向かって、先生はなぜいつも
ほほえんでいるのですか、と尋ねた。

先生の答えはこうだった。
「私は何も持っていないし、
 私には何もないからです」

先生は限りなく本来の姿で生きていた。

〈スティーヴン・レヴァインのことば〉
 
2005-02-22 width=22生きていると、必ず何やかやとあります。

そのたびに
「ああ、ここまでよくやってきたな」と
思ったらいいんです。
 
2005-02-21 width=22私が経験上、とても役立つと思いあたったひとつのルールは、
たとえそれが相手に対して言いにくい事柄であっても、
心にひっかかることは言ってしまった方が、
関係を長続きさせるためにはむしろよいということである。

それを我慢することは、かえって関係を
だめにしてしまうことになりかねない。

そうかといって無分別に何でもかんでも
不満をぶちまけろというのではない。

まずその関係が自分にとって大切で、しかも、
長続きしなければならないばあいに限ってあえて
そうする必要があるのであり、しかも、
いく度となく心に浮かびあがる執拗なものである時に限って、
その気持ちを率直に打ち明けることが必要なのである。

もし、そうしなければ、表現されない心の
わだかまりがしだいにその関係を損なっていく…
 
2005-02-20 width=22人を見るときに、「あの人は○○な人である」と
レッテル貼りをなるべくしないこと。

『今のところ私には○○に見えるが、
 だからといっていつでもどこでも誰に対しても
 「○○である」とは言い切れないかもしれない』と
自分に言いきかせることである。
 
2005-02-19 width=22疑い深い人は、誰もが疑い深いと考えます。
嘘をつく人は、嘘をつかない人間などいないと
考えることで自分を納得させているのです。
けちな人は、誰もが自分のお金を狙っていると疑っています。
快楽主義者は、聖人は偽善者だと考えています。

その一方で、
愛の思いの中で生きている人は、
他者の中にも愛を見出します。
誠実で信頼されている人は、
疑心暗鬼になることはありません。
善良な人は、嫉妬にとらわれることがあまりありません。
自らの内に神を見出した者は、
外の世界の至るところに神を見出します。
 
2005-02-18 width=22諦観やあきらめという感情は、ともすれば、
人生に対して消極的な、否定的なニュアンスを
持たれがちだが、じつは、この感情は、
脆弱な心から生まれるものではないと思う。

これはほかの人の存在や立場を尊重し、
また自分の誇りを持ち続けようとする、
強い心あってのものと思うのだ。

人の行為のなかに、「誇りある諦観」といったものを
垣間見るとき、その人に真の「大人」の姿を
みることができる。

諦観には、誇りがあってこそ生まれる質の
ものもあるのである。
 
2005-02-17 width=22どうやら、人間の心理にとって決定的なことは、
自分が他人に「好かれる存在」であるかどうか、
ということであるようだ。

実際に好かれているかどうかということではなくて、
好かれる存在であると本人が感じているかどうかと
いうことである。

自分は愛されるに価する存在であると感じられるか、
自分は愛されるに価しないと感じてしまうかは、
本人の一生の幸不幸を支配する。
 
2005-02-16 width=22深刻な問題は、
やることがあるつもりになっていると、
あなたの未来がそれによって食いつぶされてしまうことです。

実際よりも忙しい、と自分に信じ込ませることで、
「本当」のチャンスや、
「本当」の時間を無駄にしているのです。

ただ、そうしなければならない、と
心配することに忙しいだけですね。
 
2005-02-15 width=22日常に起こる取るに足らぬ出来事こそ、
小さな奇跡なのかもしれない。

神という存在がいるのならば、
その存在はわれわれがまったく心の準備を
していないときに、大切なメッセージを渡す。

しかもそれはごく日常的な毎日のなかで起きる。
 
2005-02-14 width=22「間違っているのは相手。自分は正しい」と
非難の応酬をするのは、0に0を足していく
不毛な行為であることを、まず悟ろう。

確かに多くの人は「話し合う」ことで
問題解決できると思い込んでいる。
しかし、その時あなたが非難にとらわれている限り、
話し合っても何も解決しない。

傷をどんどん深くするだけ。
誰が悪いか決めつけようとしている
真っ最中だからだ。
 
2005-02-13 width=22私は苦しんで働いたことを誇りにしている人が嫌いである。

なぜなら、もしそれが苦しいのであれば、
他の仕事をすればよいからである。
この時、その仕事が自分にふさわしいものであるなら、
そこには喜びが生まれる。
 
2005-02-12 width=22健全な批評や意見は必要なのですが、
マイナスの表現力が異常に発達しているような
状況では、やはりバランスが崩れます。

「ほめる」「ねぎらう」「祝う」「喜ぶ」
こんな簡単な自己表現が不足しています。

家庭から、職場から、自分から、
表現することができれば、
ちょっとだけバランスが戻ってきます。(略)

ちょっとした表現習慣の変更で、
魔法のような変化が起こり始めます。
 
2005-02-11 width=22めでたいとは、
「父死子死孫死」のことだ。
 
2005-02-10 width=22幸せは香水のようなものである。
人にふりかけようとすると、
自分にも2〜3滴ふりかかってしまう。
 
2005-02-09 width=22怒りは、ぶつけるものではなく、伝えるもの。

さらにいえば、
「どう伝えるのか」という表現方法こそが、
怒りの感情をプラスに生かすうえで重要なのです。
 
2005-02-08 width=22楽しいことをしていない人ほど、
「うれしい」という言葉を発していない。
発していないからますます何をしている時が
一番うれしいのか、わからなくなるのだ。

心で思っているから口に出さなくてもいいだろうと、
思うのは間違いである。

うれしい、楽しい、気持ちいい、うまい、という
快の感情は、どんどん口に出して言うことである。
悦びの感情は、しつこいほど、繰り返し口に出して
言った方がいい。
 
2005-02-07 width=22初めに心に浮かんだものにそのまま従うか、
それともその直後に
「ちょっと待て」と浮かんでくるものに従うか、
自分にとってどちらが自然なのかという区別をつけて、
あとになって後悔することをすくなくするのが、
内在的技術の最も熟練の境地であろう。

しかし
どのように高い境地に達しても、
後悔することが絶対になくなると
いうようなことはありえない。
 
2005-02-06 width=22恋人や家族からプレゼントをしてもらっても「ごめんね」
上司からお昼をご馳走になっても「すみません」
落としたハンカチを拾ってもらっても「申し訳ありません」
こんな言葉をかけてもらうより、
たったひと言の「ありがとう」のほうが、
何倍も嬉しいのは当然のことです。

本来「すみません」は謝罪の言葉です。
つまり「わたしが悪かった」と
自分を否定しているのと同じことになります。

一方の「ありがとう」は感謝のことばです。
ありがとうと言われたほうも気持ちがいいし、
感謝する自分も「この人はいい人だ」
「自分は幸せ者だ」と感じることができます。
 
2005-02-05 width=22たとえば、ここに10万円の宝石があったとします。
「10万円の宝石」という事実にはかわりありませんが、
それを見て頭に思い浮かぶことは人それぞれ違うでしょう。

同じ宝石でも人によって、
「高いな」「安いな」「大きいな」「小さいな」
「カットが素敵だな」
「値段の割に、カットがイマイチよくないな」
などと、正反対のことを思うことがあると思います。(略)

その一つの宝石から無限に様々な考えが浮かび上がります。
そして、その考えはその人の中では現実なのです。
 
2005-02-04 width=22わたしたちがもつ感情には、いいも悪いもなく、
悪いのは自分と他人を傷つける
悪い(破壊的な)行動だけである。

すべての感情を「いい」感情として認めれば、
自分自身をいい人間として認めることができる。
 
2005-02-03 width=22女性は、議論を人の性格にまで広げようとする。
女性は他人の発言の中からその性格までも読み取り、
そこにまで追求してしまう。
その結果、議論はとめどもなく展開してしまうのである。

男性は、議論を現在の問題として捉えている。
つまり今の件だけに議論を限りたい。

しかし女性は、過去に経験した同様の出来事
あるいは似通った議論を現在進行形の議論と
結びつけてしまう傾向がある。
 
2005-02-02 width=22苦痛の原因を忘れられるかどうかは別として、
かさぶたができるそばからかきむしるように、
いつまでも苦痛をひきずっているようでは、
許したことになりません。
かさぶたをむしりつづけるかぎり、血は流れつづけます。

あなたを傷つけた相手を許すことで、
あなたは怒りから解放されて、
傷の回復も早まるでしょう。
 
2005-02-01 width=22ブスッとした顔をしてると、敵が増えるんです。
それから人を傷つけるようなことを言うと、
敵が増えるんです。

会う人、会う人を敵に回すか、
会う人、会う人を味方にするかでね、
人生は全然違うんです。