ことば探し
★私の創造力には限界がありません★

■今日の「おすすめ本」■

2024年3月18日

 
タイトル
羞恥心はどこへ消えた?
著者
菅原 健介
出版社
光文社 (2005/11/16)
おすすめ度
★★★★☆ ※おすすめ度について
≪本からの紹介文≫

ジベタリアン、人前キス、車内化粧、車内飲食etc.
《恥の基準》が変わり始めた

■「他人の目が気になる」から「ジブン本意」「ミニセケン」へ
「電車の中で化粧をするのは恥ずかしくない?」
「恥ずかしくない」
「彼氏の前でも化粧をするの?」
「それはありえない」

近年、駅や車内などで地べたに座り込む「ジベタリアン」、
所構わず濃厚なラブシーンを演じる「人前キス」、
電車の中で平気で化粧をする「車内化粧」など、町中での
“迷惑行動”が目につくようになった。
かつて、アメリカの文化人類学者ルース・ベネディクトは
日本を「恥の文化」であると規定した。しかし、今、
この図式は成り立つのだろうか。
普段、私たちは「恥ずかしい」という感情を毎日のように
体験するが、羞恥心の性質についてはあまり知られていない。
人間はなぜ「恥じらう」のだろうか。
「羞恥心」は何の役に立っているのだろうか。
「恥」から見えてきたニッポンの今。

■ほっこりしたい方、
ネコ好きさんにおすすめの本。

じいちゃんとタマの関係が
なんともよく特に1.2は
おすすめですよ~!!

「ことば探し」トップページへ ▲このページのトップへ