width=10
ことば探し
★私は、周囲の人と良好な関係を築いており、とても満足しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2020年8日7日
チャンスの扉
2020年8日5日
自分の中の大事なもの
2020年8日3日
みんなで考えよう 世界を見る目が変わる50の事実
2020年7日31日
1分間成功暗示術
2020年7日29日
1日1践!かんたん「自己暗示」で一生が変わる
2020年7日27日
チャンスがやってくる15の習慣
2020年7日24日
ライフ・ヒーリング
2020年7日22日
ほめる達人は人生の達人
2020年7日20日
お金持ち脳になる10の習慣
2020年7日17日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2020年7日15日
心が軽くなる本
2020年7日13日
ライン 限界なんて飛び越えちまえ!
2020年7日10日
100%楽しく働く1%のサラリーマン
2020年7日8日
人生、だから面白い
2020年7日6日
日本でいちばん大切にしたい会社
2020年7日3日
こころが楽になる人間関係のヒント
2020年7日1日
心が軽くなる本
2020年6日29日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2020年6日26日
進みながら強くなる-欲望道徳論
2020年6日24日
経営者1,000人に会ってわかった! やり方を1%変えるだけですぐに成果が出せる仕事のルール
2020年6日22日
笑顔がクスリ
2020年6日19日
チャンスの扉
2020年6日17日
出会いを生かせば、ブワッと道は開ける!
2020年6日15日
ウサギ人間とカメ人間
2020年6日12日
読書が「知識」と「行動」に変わる本
2020年6日10日
将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき
2020年6日8日
気持ちを整理すると「いいこと」がいっぱい起こる!
2020年6日5日
「勝ち運」をつかむ12の経験則!
2020年6日3日
老後を楽しみたけりゃイライラ・クヨクヨは捨てなさい
2020年6日1日
「疲れがなかなかとれない」と思ったとき読む本
 
1 2 3 4 
 
2020年6月15日
タイトル ウサギ人間とカメ人間
著者 川村 則行
出版社 PHPエディターズグループ (2002/09)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

国立精神・神経センター心身症研究室長(出版時)で、脳による
免疫制御機能、ストレスなどを研究している著者が、日々の研究や
臨床事例から、自分らしく生きて行くには、自分にあった自分なり
の成功を見つけていくことが大切だと、その見つけ方、生き方など
ヒントを教えてくれる本。

この本では、そのヒントの1つに、他人と比べないということを
言っています。
「重要なのは、「自分の中で比較する」ことだ。
 他人との比較ではなく、自分の過去と比較する。自分の中のいろ
 いろな価値が以前に比べて伸びたかどうかを測ればいい。
 例えば、地位を比較する場合、他人と比べるのではなく、自分の
 過去と比べる。3年前は係長だったけど、その間、努力して仕事
 に精を出し、今は課長になった。成長したな、と考える。(略)
 前より数学ができるようになったな、前より集中力が出てきた、
 勉強時間をも長くなった、前より毎日が楽しいな、少しずつ少し
 ずつ医者になる夢に近づいているな、と過去の自分と比較する…」


つまり、他人とは、人間として持っているもともとの資質や環境が
違うので、それを無理やりに比較して、落ち込んだり、自分の不幸
を嘆いたり、憤慨したりするより、過去の自分と比較した方が、
今の自分の成長がわかるということです。

また、この本には、ウサギ人間とカメ人間の話が書いてあります。
ウサギ人間はがんばり屋だけれど、目先の評価や小さな成功に心を
奪われ、浮き足だって、しばしば我を忘れる人、
対する、カメ人間は努力家で、遠くにある理想を見据えつつ、
目の前の1つ1つのことを大切にする人、なのではないかと
言っています。


なかなか示唆深い話が多く、考えさせられながらも、楽しめる本だ
と思います。じっくりと読んでみることをおすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
あるとき、彼は英語の論文の訳をお願いされた。 そう難しいものではない。そう長くもない。 1時間もあれ この本に出てくる、彼、正信さん(仮名)は、 35歳頃に、考えるところがあり、国立の医学部を受験し、 2008-02-05
自分がいま苦しむのは良いこと、 家族がいま苦しむのは良いこと、 会社がいま苦境に立たされているのは良 こんなふうに、起こったことすべてを 「良いこと」とは、なかなか思えないし、 最善を尽くす、などこれま 2007-08-10
私は、考え方や感じ方は「使うもの」だと思っている。 どういうことかと言うと、例えば先に私は 「多く この本では、さらにこう言っている。 「一度、試しに使ってみる。そしてもし、  その考え方を使ってみ 2007-06-09




『おすすめ本の紹介』