width=10
ことば探し
★私の大切な人の、大切なものを大切にします★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2017年2日23日
ぜったい離婚!から素敵な夫婦三昧
2017年2日22日
ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社
2017年2日20日
人生を変えた贈り物
2017年2日17日
きみまろ「夫婦川柳」傑作選
2017年2日16日
人は“口ぐせ”から老化する
2017年2日15日
言霊の法則
2017年2日14日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2017年2日13日
腐ったバナナを捨てる法
2017年2日7日
わかりあえない理由
2017年2日6日
「感情シグナル」がわかる心理学
2017年2日3日
ギルフォード博士の子どもに自信をもたせる育て方
2017年2日2日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2017年2日1日
今日もていねいに
2017年1日30日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2017年1日27日
できる人の人生のルール
2017年1日26日
幸運のつくり方
2017年1日25日
病気は才能
2017年1日24日
いつもなぜかうまくいく人、頑張っても報われない人
2017年1日23日
説得力
2017年1日19日
ああ正負の法則
2017年1日18日
話すチカラをつくる本
2017年1日17日
ここまでやれる、自分の人生!
2017年1日16日
地獄を極楽にする方法
2017年1日13日
眠り上手おんなと眠り下手おとこ
2017年1日12日
「夢のリスト」で思いどおりの未来をつくる!
2017年1日11日
燃えるだけ燃えて生きよ!
2017年1日10日
縁は苦となる苦は縁となる
2016年12日29日
あなたの潜在能力を引き出す20の原則と54の名言
2016年12日27日
大金持ちになる人の考え方
2016年12日26日
一歩踏み出すことで人生は開ける
 
1 2 3 4 
 
2016年12月21日
タイトル 問題解決のための「質問力」
著者 木村 孝 (著), 高橋 慶治 (著)
出版社 オーエス出版 (2003/01)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

この本では、人間の性格を9種類に分類する「エニアグラム」を
使って、自分と相手を理解し、最も適切な質問をして、問題解決
をしていくこと、また質問方法などを教えてくれます。
質問の仕方され方も、この9つの本質的性格から違うので、その
本質的性格にあった質問をしていこう、ということですね。

「エニアグラム」は2000年も前から研究されていて、
「「人間には9つの本質があり、すべての人間はそのうちの一つ
  を必ず持って生まれてくる」とされていて、複雑な人間の
 本質を的確に解き明かし、分類することにとどまらず、人の
 エネルギーバランスを整え、その人が本来持つ可能性を最大限
 に発揮するのにも役立つと世界中で注目されている」
という、性格分析手法です。


例えば、こんなことが書かれています。
《タイプ別質問》
 タイプ1.(完璧主義者)の視点からの質問
 タイプ2.(献身家)   〃
 タイプ3.(達成者)   〃
 タイプ4.(芸術家)   〃
 タイプ5.(研究者)   〃
 タイプ6.(堅実家)   〃
 タイプ7.(楽天家)   〃
 タイプ8.(統率者)   〃
 タイプ9.(調停者)   〃
《ビジネスに行かす「9つの質問」》
 1.リーダーシップのための9つの質問
 2.コーチングの        〃
 3.プレゼンテーションの    〃
 4.プロジェクトマネジメント  〃
 5.キャリア開発のための    〃
 6.セールスのための      〃
 7.クレーム処理のための    〃
 8.ミーティングマネジメントの 〃
 9.ライフデザインのための   〃
 10. 健康のための        〃


自分のエニアグラムタイプを知る「タイプ別判定シート」、
「9つの質問」を自分のものにするトレーニング質問なども
書かれており参考になりますが、正直なところ、相当勉強しな
いと、覚えるのはむずかしいです…
でも、とても勉強になりますよ。

この本からのことば 感想 掲載日
健康というのは、どういう状態を言うのでしょうか。 WHOでは次のように定義しています。 「健康とは、 この本では、健康についても9つの質問があり、 (9)の質問は、  ○あなたは自分の健康を長期的視点 2010-11-12
自分のことは自分がいちばんよくわかっている、 誰だってそう思っているでしょう。 ところがここに落とし 自分の癖は、自分からはなかなか見えないもので、 だから、自分にはあまり癖がないと思いがちだけれど、 2010-11-11



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』