width=10
ことば探し
★奇跡は私の周りで、どんどん起こっています。★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03937961

■2021年02月08日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

フェデラー選手といえば、
男子シングルスの最多優勝、世界ランキング1位
歴代最長など数々の記録を塗り替えてきたことで
有名な最高峰の選手。

そのフェデラー選手ですが、若い頃試合中に
イライラして、大事な一戦を落とすことが続き、
自分自身の怒りをもてあまし、ふりまわされ、
「怒りの奴隷」状態になっていたということです。

フェデラー選手のような天才でさえ、
「怒りの奴隷」になっている間は、
自分の力を発揮できないのです。

そう考えると、せっかく才能があるのに、
人とささいなことでぶつかってばかりいる
若手社員や、ものすごい能力があるのに、
すぐにイライラしては、毎日のように酒を
飲んでくだをまいている知人の顔などが
浮かんできました。

せっかくの才能がもったいないことです。
ムダに怒っていることは、才能を
つぶすこともでもあるのだな、と思います。
一方で、自分の怒りを自由自在に操れている人は、
効率よく健全に、安定して、
自分の力を出せているなと感じます。



出典元 怒りに負ける人、怒りを生かす人
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 安藤俊介

まゆの感想
安藤さんは、

「自分の怒りの奴隷になっているうちは、
 どんなに能力があったとしても、
 よい結果など残せない。
 結果を残したいなら、
 怒りのマネジメントが重要」

と言っています。そういえば、
先日、元マクドナルドの社長だった方が、
奥さまに対するDVで逮捕されましたね。
自分の怒りのマネジメントは、
できなかったのでしょうか。

と、余談はさておき、
アメリカのプロスポーツの世界では、
積極的に、アンガーマネジメント
(怒りの感情と上手につき合う心理トレーニング)
を取り入れている選手(タイガー・ウッズ選手など)や
チームが多いそうです。
アメリカンフットボールでは、新人選手に
受講が義務づけられているそうです。

自分の怒りの奴隷になっていると、
本来の才能も発揮できないし、
人間関係もうまくいかないし、
結果も残せない、ということ、
肝に銘じて生きていきたいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから