width=10
ことば探し
★自分にあったライフワークをみつけることができ、それに邁進しています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03894984

■2020年08月05日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

どんな人間であるかを示さなくてはならなくて、
履歴書の提出を求められる。
紙面には、あらかじめ定められた項目があって、
ひたすらにそれらに答える。
言葉に書き得る情報で、私たちは、
自分を語ることを強いられる。

入試あるいは入社試験などでは、面接官がそれに
文字通り目を通して、いくつもの質問をしてくる。
そうした応答がしばらくあって、
「分かりました、本日はありがとうございました」
と紋切り型の言葉が発せられる。

こうしたとき、私たちの中では静かに、
しかし、確かに燃え上がるような勢いで、
ある思いが生まれる。
「違う、あなたは分かってなどいない。
 そこに記されている事実は確かに私についての
 ことだが、それは何も私を語っていない。
 そこに私の本当の姿はない」
と内なる声がする。

振り返ってみれば、履歴書を書き進めているうちに
私たちは、どの項目にも書き得ない出来事こそが
人生を決定してきたことをに気が付いていたはずだ。



出典元 悲しみの秘義
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 若松 英輔

まゆの感想
履歴書を提出せねばならないとき、
複雑な気持ちになっていましたが、
若松さんが書かれたようなことを感じるからなんだ、
と、あらためて思いました。

また、この自分の一面を書き記して、
何がわかるんだろうなあ、
このどこで評価され、あるいは、されず、
なんだろうなあ、などとも思います。

でも、みんな同じような思いで履歴書を出し、
同じような基準(あるいは好き嫌い)で、
選択され、その後、やり取りや面接などで、
評価されるのでしょうから、ある意味、
平等と言えば平等なのかもしれません。

ただ、本人が複雑なだけで…。
履歴書に書ききれない、書き得ない欄外のことに、
自分の経験がある、人生がある…
確かにそうだなあ、と思ったしだいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから