width=10
ことば探し
★私は、自分が理想とする自分になることができます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03894984

■2020年08月07日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「おまえ、思ったより営業トークがうまいんだな」
そう上司にほめられたときに、
「チャンス到来!」と気づく人がいる一方で、
「今日は上司からほめられてよかった、よかった」
で終わらせてしまう人がいます。

本当は「ほめられること=チャンス」なのに、
その事実に気づかない人がいるのです。
チャンスは、上司からほめられること
以外にもたくさんあります。

お客さんからクレームを言われるのだって、
業務の仕組みを見直すチャンスです。
これまで売れていた自社商品が急に売れなくなった
ときには、マーケットの変化を考察するチャンスです。
初対面の人と名刺交換をしたときに、
「この人とだったら何かできるかな」と
想像を巡らせてみるのもチャンスです。

重要なのは、こういう類いのチャンスは、
ある特定の人だけに訪れるものではない、
ということです。

若手社員もベテラン社員も、名刺交換はしますし、
お客さんからのクレーを言われることもあります。
上司からほめられることもあるでしょう。

つまりチャンスは、意外と誰にでも
平等にやってきているものなのです。
ところが、意外と平等にやってきているにも
関わらず、それを
「チャンスだ!」と認識していないと、みすみす
チャンスを見逃してしまうことになります。



出典元 99%の人が見逃しているチャンスのつかみ方
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 おち まさと

まゆの感想
そこで、チャンスを見逃さないようにするには、
「チャンス貧乏性」になるといいそうです。

たとえば、
「人と会っている、店で買い物をしているときも、
 小説を読んでいるときも、
 「そこにチャンスはないだろうか」と、
 がむしゃらに、四六時中意識しながら、
 生活するのです。すると、これまで、
 見逃していたチャンスに気づくようになります。
 99%の人はこれに気づいていない。
 または、気づいても行動を起こさないのです」

おちさんは、自称チャンス貧乏性なので、
だいたい1日平均10個くらいは、
「おっ、これはチャンスじゃん」というものを
みつけだすそうです(すごいですね〜)

もしかしたら、とりあえず何があっても、
「おっ、これはチャンスかも」と、
思って生活してみるといいのかもしれませんね。
その方が
「ああ、またこんなことがあった〜」
「ああ、ついてない」と思うより、
楽しく生きられるように思います(笑)
なんでもチャンス!にしていきましょう〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 10pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから