width=10
ことば探し
★私は、充分な社会的評価を得ており、それに恥じない人間です★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03808022

■2019年09月20日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

人間は、自動車のガソリンに相当する
エネルギー(気)を自分でつくり出さなくてはいけません。
しかし50代からは、もともと備わっている
エネルギー(腎気)が減っていたり、
胃腸の働きが老化することで食べ物から得るエネルギーが
吸収しにくい状態になっていきます。

そのため、それまでどんなに胃腸が丈夫だった人でも、
加齢とともにカラダにとって必要かつ十分なエネルギーが
供給できていない「虚」の状態に移行していくのです。

胃腸の老化が顕著でない40代までなら、疲れすぎて
一時的にガス欠状態になったとしても、休息をとって、
胃腸を休め、栄養が吸収できる状態になれば、
ガス欠状態は改善されていきます。
しかし、胃腸の働きが悪くなってくる50代からは、
ガス欠状態がだんだんと慢性化します。(略)

しかし、「年を重ねるごとに虚弱になってしまう…」
と、悲観的になる必要はありません。
ガス欠車は、ガソリンスタンドに行ってガソリンを
注入してもらえばすぐに走ることができるように、
カラダのガス欠状態にも解決方法があります。

「だるい」「疲れやすい」といったガス欠状態の
カラダから発せられる信号が赤信号になる前に、
虚の状態をおぎなって、日常生活に
支障をきたさないようにすればいいのです。



出典元 女50歳からの「変調」を感じたら読む本
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 木村 容子

まゆの感想
上記現象は、男女に関係なく起こってくる現象なのですが、
日常生活に支障をきたさないためには、早め早めの対策を
とっていくことが大切で、そのためにまずは、
十分な睡眠(最低6時間〜8時間)が必要だそうです。
また、

○胃腸に負担をかけた日
 (いっぱい飲んだ、食べた、ストレスがあった)
 の、次の日に負担を減らす
 (一食抜く、消化のよいものを食べるなど)
○朝10、昼8、夜6分目の食べ方にする
 (夜は胃腸に負担をかけない)
○食べる順番を、意識する
 (主菜→副菜→汁→主食→ちょこっとデザート)
○食事は量ではなく、質に変えていく
○風邪を引きそうと思ったら、早めに対処する
○規則正しい生活
○疲れをとるための休みの日、時間を多めにとる
 (若いときより、疲れをとるのに時間がかかることを意識して、
  イベント、旅行などをしたら、十分な調整時間をとる)

なども取り入れていくとよいようです。
特に女性の場合は、50代の頃には閉経により、
女性ホルモンが減り、身体に大きな変調が出てきて、
エネルギー配分も悪くなる上、
夫の退職、子どもの独立、両親の介護や他界など、
外的な要因も重なる時期で、一気に老け込むこともあるので、
要注意な年齢のようです。

ガス欠にならないように、できることをして、
自分をケアしていきましょう〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 8pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから