width=10
ことば探し
★年だからと言って何かをすることを、あきらめたりすることは決してありません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03818684

■2019年06月27日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

脳の大部分は間抜けです。
誰であるかにかかわらず、人間の脳の一部は間抜けなので、
たばこを吸っているときに肺がんリスクについて考えることも
運動する前に鍛え上げられた腹筋の魅力を考えることも
ありません。

残念なのは、
この間抜け部分が脳の中で最も大きな力を持ち、
脳の全体を支配している時間が長いということです。
別の指示を与えられないかぎり、特定のパターンを認識し、
それを繰り返すしか能がありません。
能のこの部分は大脳基底核と呼ばれています。

しかし、
脳には本当に賢いもうひとつの部分があります。
額のすぐ裏側に位置する前頭前野と呼ばれる部分です。
この部分は何かしたときの結果や長期的な利益を理解できる
脳の犹蔑疆祗瓩如△△蠅たいことに大脳基底核を
押さえ込む力を持ちます。


ところが前頭前野には簡単にエネルギーを
使い果たしてしまう、という弱みがあります。
わかりやすくいえば、前頭前野は重要な仕事を
まかされているのでエネルギーをたくさん使い、
そのためにあなたをへとへとに疲れさせてしまいます。

そして、疲れ切っているとき(ストレスを抱えているとき)、
繰り返しを好む脳の部分、つかり大脳基底核が
コントロールを奪い取ります。(略)

賢い前頭前野は、考えなしに同じことを繰り返す
大脳基底核ほどスタミナがありません。
そのために、大脳基底核をうまく使うしかないのです。


出典元 小さな習慣
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 スティーヴン・ガイズ

まゆの感想
ごく単純化した言い方をすると、脳は、
行動に関する決定をする部分と、自動化された行動のための
パターン認識をおこなう2つの部分からなっているそうです。

もちろん、生きていくためには両方の脳の働きが大切ですが、
脳のエネルギーをふだんはあまり使いたくないので、
意識せずに通常は大脳基底核を多く使っているとか。
それだと、いつも通りの習慣を自然に続けがちですよね。
そのほうが、何も考えなくていいので楽ですしね。

でも…そうやって大脳基底核ばかりを使っていると、
好ましい習慣は身につきません。

そこで、賢い前頭前野の出番です。
前頭前野は、他の脳部分では「それが何か」を決めるのに対し、
「それが何になれるか」という高レベルの目標を、
認識し、理解できるのだそうです。

ですので、好ましい習慣を身につけるには、
まずこの賢い前頭前野で
「それをすると何になれるか、どのようになれるか」を
認識させ、そのために何をしたらいいかを理解させ、
そのための行動を少しずつ取り入れて、繰り返しやって、
同じことを繰り返すことが得意な大脳基底核に覚えさせると
よいそうです。

脳の働きを効果的に使って、
好ましい習慣を身につけていきましょう〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから