width=10
ことば探し
★私は、積極的に生きていきます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03187035

■2018年07月25日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

社会的手抜きが生起するのは、
パートナーの能力が高いのに努力せず、そのために
仕事がうまく行かないと考えられる場合のみなのである。

ある会社に勤務するAさんは、
同じ職場にいるBさんが疎ましい。
というのもBさんは本来であれば仕事ができる有能な人間にも
かかわらず、仕事に真面目に取り組もうとしないからだ。
Bさんの能力をAさんが知っていた場合、
Aさんには社会的手抜きが生起しやすい。

同じ職場にいるCさんは、仕事が遅く能力が低い。
しかし、AさんはCさんが努力しているのを知っている。
このように努力しているが能力が低いと思われる場合には、
Aさんに社会的手抜きは生起しない。


言い方は悪いが、
BさんとCさんはともに「腐ったリンゴ」だとして、
Bさんは伝播力を持ち、Cさんは持たない。


出典元 腐ったリンゴをどうするか?
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 釘原 直樹

まゆの感想
「腐ったリンゴ効果」ということばがあるそうで、
箱の中のリンゴが1つでも腐っていると、
中のリンゴすべてに腐敗が広がって行く…
ということだそうです。

そして、いろいろな実験結果から、上記のような場合、
男性の方が、腐ったリンゴ効果が強くでて、
共同作業者が不真面目だと思えば、
男性は、手抜きをすることが多いそうです。
それは、自分が努力した結果、不真面目な共同作業者が
得をするようなことは馬鹿らしいと考えてしまうから、
かもしれないとか。

また、男性は課題指向
(仕事で成果を出し、人に認めてもらいたいという強い思いをもつ傾向)
であるのに対して、女性は、対人関係指向
(仕事の成果より人間関係の維持構築に関心を持つ傾向)
であることも関係しているとか。

なるほど、そんなこともあるのかと思ったしだいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから