width=10
ことば探し
★私は、今、豊かで幸せです★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02828694

■2017年10月23日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
ビジネスの世界で「きく」という行為には、
「聞く」「聴く」「訊く」の3種類あると言われています。

「聴く」は「聞く」よりさらに深く耳を傾けて
話を受け取る行為(傾聴)ですし、
「訊く」は英語でいうところの「ASK」で
尋ねるというニュアンスになるでしょう。

「聞く」を含めた3種類の「きく」を駆使して、
相手の話を正確に把握することが
ビジネスパーソンにとっての「聞く」ことです。
とはいえ、その重要性をいくら教え諭そうとしても、
そもそも聞く力に難があるわけですから改善できませんよね。

そこで「聞く」ことをさらに強調した
「聞き切る」という言葉を使ってみてください。
このキーワードを使って社員指導する企業は実際に増えています。

「聞く」のではなく「聞く切る」…
相手の話をちょっと聞いて、自分が延々と話すのではなく、
あくまで、
・相手の話を全部「聞き切れ」
・余すことなく「聞き切れ」
です。



出典元 “惜しい部下"を動かす方法 ベスト30
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 大塚 寿

まゆの感想
営業の世界では、有名な、
「話し上手に売れる営業なし」という格言があります。
営業は、そもそも、
「話をする」ことではなく、「お客様の話を聞く」ことだという、
いわば当たり前のことを強調したものですが、
この当たり前のことをわかっていないビジネスパーソンが多く、
そういう人たちは、
「自分が上手に製品説明をすれば、相手が興味関心を持ってくれる」
という幻想を思っている、そして、
「売れる営業は、お客様が話す時間のほうが長くて、
 売れない営業ほど、自分が話す時間のほうが長い」
と大塚さんは言っています。

営業にとって「お客様の話を聞く」だけでなく、
「聞き切る」ということは非常に大切なことで、さらに
その話を聞いた後、
「貴重な(あるいは、お時間をとっていただき)
 お話を聞かせていただきありがとうございます」
とお礼を忘れないようにするとよいそうです。
本当にそうだなぁと思います。

また、普段の生活でも、ついつい自分の言い分を通そうとして、
相手の話を最後まで聞き切らず、ケンカになることもありますから、
「聞き切る」ことを肝に銘じてやっていこうと思います。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから