width=10
ことば探し
★私は、不平不満をいつまでも言ったり、根に持ったりはしません★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02860214

■2017年08月31日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

多くの商品に必ずあるといっていい説明書き。
ところが、ゼムクリップの箱には何も書いてありません。
使い方があまりにも単純で周知のことという前提からでしょう。

でも、単純のひと言では片付けられません。
最初のゼムクリップが世に出てから100年を越えますが、
この間に何百件もの特許がとられ、数限りない改良の試みが
今でも行われているのです。
忠平美幸さんが訳された
「ゼムクリップから技術の世界が見える」
に、この歴史と未来の可能性が示唆されています。


少し考えるだけでも、次のように、
数多くの改善の余地が挙げられましょう。
1.もっとはまりやすくできないか
  →今でているものは輪と輪を押し広げなければならない
2.外れにくくできないか
  →枚数の多い書類になると外れやすい
3.ひっかからないようにできないか
  →先端が書類に突き刺さって破れる
4.崩れないようにできないか 
  →クリップで留めた側が高くなるので書類の山が傾く

私たちが日常取り組んでいる仕事も、手馴れているだけに、
これ以上工夫の余地はないと思い込んでいる傾向が
なきにしもあらず。
改善の可能性を再点検をしてください。


出典元 人生の「ねじ」を巻く77の教え
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 日東精工株式会社 企画室 (著)

まゆの感想
改善案を提案するようにといわれて、必死で考えてみても、
なかなか思いつかないこと、多いですよね。
でも、あの単純(と見えるような)ゼムクリップでさえ、
まだまだ改善の余地があるということで…驚きました〜

しかも、ゼムクリップは今の形になるまで、
相当に改善し苦労したようで、あの形、あの仕様で、
どこに何百件の特許があるのか…興味深いですよね。
現在読んでいるので、いずれ紹介する予定です。

改善の話は、改善した後で聞くと、
へぇ〜そうだったのかと驚く話が多いですね。
私が、改善についてのいちばん印象に残っている話は、
みなさまもご存じと思いますが、味の素の話です。
売上げをアップさせるための改善策で、
内ブタの「穴をひとつ多くあける」という意見がでて、
それを実施し大きく売上げを伸ばしたそうです。

今ある商品、仕事の中にも、
改善の余地まだまだあるかもしれませんね〜

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから