width=10
ことば探し
★いつもすっきりとさわやかに起きることができます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02656957

■2017年07月12日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

ムダな努力をなくすには、第一に「平均思考」をやめること。
焦点を絞ることです。
たとえば、顧客管理を取り上げてみましょう。(略)

1.顧客リストに1000人のデータがあれば、この3年間の
  累計買上げ金額の上位30%(300人)を選び出す
2.その300人のデータを分析し、共通点を調べる
3.共通点を参考に、将来性などを加味して、300人を
  さらに200人に絞り込む
4.企画催事展示会などの案内には、この200人を
  絶対欠かさない
5.仕入れや陳列の方法、企画の内容も、この200人を
  念頭に置いて考える
6.この200人には、機会があるたびに
  特別なサービスを実施する
7.この200人の誕生日は絶対に忘れない
8.この200人の家族構成やその変化には、
  いつも目を向けている
9.この200人には売りすぎることなく、長期的なつき合いを
  優先する
10. この200人には会社、店の総力をあげて奉仕する


簡単なことばかりですが、この10ヵ条を一年間真剣に実行した
会社、店で、売上げや利益の伸び率が2桁にならなかった例を
私は知りません。


出典元 小商人(こあきんど)のすすめ
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 長 勝盛

まゆの感想
長さんは、「努力対象を絞る」ことが大切だと言っています。
そして、

「「働けど働けど我が暮らし楽にならず」
 そんな悪夢のような歌をつくったのは、石川啄木という詩人でした。
 知恵を出さないから、効率が悪くなる。(略)

 生産性が悪いから、遊ぶ間もなく働かざる得ないだけなのに、
 自分は一生懸命仕事していると錯覚し、
 「働いても働いても儲からない」などとこぼす、
 私はそれを「啄木シンドローム」と呼んでいます。

 何とかラクして儲けよう、そういう努力をしない人間が
 かかる病気です。この病気になると、愚痴やため息、
 マイナス思考といった慢性症状が出てきます。(略)

 大企業なら多少のムダがあっても、
 それを全体で吸収することが可能です。
 しかし小商人の場合は、ムダな努力をしている余裕はありません。
 逆をいえば、それをなくすだけでも
 会社や店がイキイキとよみがえってきます」

ということで、小商人のムダの省き方を具体的に教えてくれます。

それだけでなく、
「自分はどうも空回りしているような気がする」
「こんな店では、儲からない」
「どうしたら成果がでるようになるのか、成功できるか」
などと思っている方にたいしても、
役立つ知恵やヒントがたくさん書かれています。

「なるほど、こう考えてみればいいのか、
 そうか、こんなやり方、考え方もあるのか」
と、今後に役立てそうなヒントを私もいくつもいただきました。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 5pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから