width=10
ことば探し
★私は、自分自身を信じています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02656956

■2017年07月11日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

「しゃべりすぎると、考えられなくなる」

言語能力が高い人は優秀な人だと思いますが、
「あの人は、とてもおしゃべりだから、優秀な人だ」
というのは少し違うように感じます。
実は、のべつまくなししゃべっていると、
内省したり、思索をしたりする暇がないからです。

少し専門的に言うと、
言葉は「外言語」と「内言語」に分かれます。
外言語は、他人に向けて話される言語であり、
内言語は、外に発せられない言葉で、
頭の中で思考するときなどに活動します。
思索というのは、この、自分の心の中で行う
「内言語」の操作であり、高い言語能力を必要とします。
ですから、思索ができない人は言語能力にも
乏しいということになります。
(略)

古い言葉ですが、やはり「沈思黙考」が「言葉の力」を高めます。
平たく言いかえれば、しゃべりすぎると考えられなくなりますよ、
ということですね。

出典元 尾木ママの7つの人生力
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 尾木 直樹

まゆの感想
例えば、おしゃべりな学生に、
「さっき言ったことをまとめてみて」と言うと、
うまくまとめられないことが多いそうです。
逆におとなしくて、普段は何を考えているかわからない学生が、
見事な論文を書いてきたりするとか。

同じ「表現する」という行為ですが、
しゃべることと、話をまとめることや書くことは違う脳回路らしく、
話をまとめたり、書くことには思考することが必要だということです。
つまり内言語がしっかりしていないと、ただしゃべって終わり、と
いうことが多くなるようです。

とにかくおしゃべりな人っていますよね。
自分のことを中心に、テレビやネットの話題、時事についても、
本当によくしゃべるなぁ、と感心します。
そういう人に、思っていることや考えていることを聞くと、
自分のそれより、誰かが言ったことを返してくるような印象があります。
もしかしたら、内言語があいまいなのかもしれないな、と
思ったしだいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 4pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから