width=10
ことば探し
★予期しないことが起きても、チャンスととらえて立ち向かいます★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02829394

■2017年06月28日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

塾で作っている問題集において、誤字や脱字や内容の
間違いをチェックするという校正作業をしたときのこと。
ただ単に、「はい、この問題集を校正してください」と
言って渡すと、慣れていない人は、
おそろしく時間がかかる上に、校正ミスがボロボロ出る。
なぜかというと、あれもこれもといっぺんに
チェックしようとするからだ。

それではどうすればよいか。
より効率のよい校正の仕方とは、一つのテーマ、例えば、
「送り仮名の間違いを探す」というテーマで全体を一通り見る。
そして次は、「問題の番号がちゃんと順番になっているか」
というテーマで全体を見る、といった手順で行うことだ。


つまり正確に校正するためには、必要なさまざまな
チェック項目をすべて一気にやるのではなく、
それらを細分化して、今集中すべき小さなテーマに分け、
それだけに集中していくのである。
いっぺんにやろうとするのではなく、
やることを細かく分けて、そのテーマを絞り、順に進める
「細分化方式」のほうが、結果として集中でき効率的だ。


出典元 一点集中力
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 伊藤 真

まゆの感想
伊藤さんが、警備員のアルバイトをしてときに、
4フロア巡回の仕事があったそうです。
たとえば、窓の鍵は全部しまっているか、扉の鍵はしまっているか、
床に不審なものが落ちていないか、電気のスイッチは切ってあるか、
など何項目かのチェックをしつつを部屋を見回りする仕事です。

見回りのとき一部屋ずつ、全項目チェックしていこうとすると、
どんなに注意を払っても見落としが出てしまうので、
「鍵がしまっているかどうか」という項目だけで、
上から下まですべての階をチェックし、次に、
「床に不審なものが落ちていないか」ということを見て回る、
というふうに一項目だけに決めて集中して見て巡回したとか。
一部屋ずつ、全項目をチェックするやり方より、確実性でも、
時間の早さでも、細分化方式の方が上だったそうです。
なかなか集中できない人は、この細分化方式をしたほうが、
集中できるそうですし、効率化を求める方にもいいそうです。

たとえば、家の掃除でも、キッチンもリビングもいっぺんに
掃除しようとすると、どこから手をつけていいかわからなくなったり、
作業が多くて、途中でイヤになることもありますが、
「今日は風呂場だけ」「今日はキッチン」と決めて、
集中してやると、いいそうです。
そうだ、細分化方式だとできそうだ、と思ったしだいです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 2pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから