width=10
ことば探し
★私には、どんな壁も乗り越える力が備わっています★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02829394

■2017年06月27日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

古い禅話がある。
ある禅寺の門前に住んでいたお婆さんが、
娘を笠屋とワラジ屋にとつがせた後、
毎日泣きはらしていた。

雨降りの日には、
「ワラジが売れないだろう」と心配し、
晴れた日には、
「傘が売れないだろう」と心配していたからだ。

そこで、寺の坊さんが教えたそうだ。
「雨降りには傘が売れるだろうし、
 晴れればワラジが売れると思いなさい」と。


それからは、お婆さんは、
毎日笑って暮らしたそうな。


出典元 入門 こころの科学
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 小林 司

まゆの感想
このように、心の動かし方や、
ものの見方を違う角度から見ることを知っていると、
心豊かで、楽しい生活に変えていくこともできるということです。

とかく、自分側だけの見方、一方側からだけの見方を
しがちですが、反対側から見てみると
違うことも見えるから、視野が広くなり、
考え方や心の持ち方にも広がりができるから、だそうです。

そういえば、今話題の
将棋の最年少棋士・藤井聡太四段が
昨日の29連勝がかかった一戦で、
対局中に増田康宏四段の後ろに立って、
増田康宏四段側から、将棋盤を見ていましたね。

あれは「ひふみんアイ」などと言われている、
「相手側の位置に立ち、相手側の目線で見ること」
ということで、自分側からだけではなく、
相手の目線で見ることを実践したものだそうです。
(※「ひふみんアイ」の名称は、
  加藤一二三(かとうひふみ)九段がよくやることから
  きているそうです)

なにしろすごい藤井聡太四段ですが、
逆の面から見てみて、何かを感じとり、
自分の戦いに活かしていくのでしょうね。

逆の面からとらえてみる、相手側から見てみる、
そうすると、確かに、違う世界が見えそうです。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 1pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから