width=10
ことば探し
★私は、部下が思ったように仕事ができるように、力を貸せる大きさがあります★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

02656956

■2017年06月29日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」

本当に素晴らしい噺家は、まったく同じ噺をしても、
毎回、観客を感動させる。
聞き手の中には筋を全部知っている人もいるだろう。
同じ噺家の噺を聞いた人もいるかもしれない。

それでも名人の噺家は、
聞き手も知っている噺をして、そのつど感動させる。
それが芸術まで高められた話芸である。
音楽のコンサートも同様だ。
知っている曲を演奏しても、
素晴らしい演奏であれば、毎回感動する。
それは、同じように見えて、
情報の送り手の魂の入れ方が違うのだ。


ルーティンの仕事を甘く見てはいけない。
慣れ親しんだ仕事でも、毎回、毎回、
本気、本音、本物の真剣勝負でのぞむ。
その「一点集中力」が仕事の完成度を高め、
新しい世界を切り開く原動力になる。


出典元 一点集中力
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について
著者名 伊藤 真

まゆの感想
毎日やる仕事には、ルーティンの仕事があります。
決まってやらなければならない仕事です。
これは毎日やるので、すでにやったことがある仕事になります。
しかも、何百回もやっていて体に染みついていますから、
流そうと思えば流せるし、ダラダラとすることもできます。

しかし、このルーティン仕事を甘くみてはいけない、
と伊藤さんは言います。
このルーティン仕事は、自分の基礎となり実力にもなっていくので、
意識して毎回、新鮮な気持ちが取り組むことが大切だというのです。
そうすれば、人を感動させることもできると。
そう噺家のように。

ただ「昨日の自分」と「今日の自分」を繰り返しているだけでは、
そこに成長はなく、いつもと同じレベルの自分がいるだけになります。
毎日リセットして、初めてのつもりで、ルーティンをすることが
仕事や生活の質を高めるし、新たな発見もあるし、
新たな自分も作り出していくというのです。

そういえば、将棋の最年少棋士・藤井聡太四段も、
ルーティンとして「詰め将棋」をしていたそうですが、
それが今の力の元にもなっているということでしたね。

毎日やらなければならない仕事、必ずしなくていけない仕事は、
もうわかっているので、手を抜いたり、流したくなりますが、
新たな気持ちでやることが大切なのですね。
私は凡人なので、毎日毎回はたぶん無理なので(汗)…
ときに気合いを入れ、気持ちを切り替えて、自分をリセットして、
本気で、ルーティンに取り組みたいと思います。
(それじゃ、ダメかな?)

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 3pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから