width=10
ことば探し
★私は、光り輝いており、その光りをみんなに届けています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2020年7日3日
こころが楽になる人間関係のヒント
2020年7日1日
心が軽くなる本
2020年6日29日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2020年6日26日
進みながら強くなる-欲望道徳論
2020年6日24日
経営者1,000人に会ってわかった! やり方を1%変えるだけですぐに成果が出せる仕事のルール
2020年6日22日
笑顔がクスリ
2020年6日19日
チャンスの扉
2020年6日17日
出会いを生かせば、ブワッと道は開ける!
2020年6日15日
ウサギ人間とカメ人間
2020年6日12日
読書が「知識」と「行動」に変わる本
2020年6日10日
将来の希望ゼロでもチカラがみなぎってくる63の気づき
2020年6日8日
気持ちを整理すると「いいこと」がいっぱい起こる!
2020年6日5日
「勝ち運」をつかむ12の経験則!
2020年6日3日
老後を楽しみたけりゃイライラ・クヨクヨは捨てなさい
2020年6日1日
「疲れがなかなかとれない」と思ったとき読む本
2020年5日29日
脳力開発マップのススメ
2020年5日27日
「決められない!」自分を変える本
2020年5日25日
あと一歩でうまくいく人の「心の壁」の破り方
2020年5日22日
あなたに奇跡を起こす小さな100の智恵
2020年5日20日
世界のエリートが学んできた 「自分で考える力」の授業
2020年5日18日
世界一素朴な質問、宇宙一美しい答え
2020年5日15日
無理しないで賢く生きる
2020年5日12日
「ゆっくり」でいいんだよ
2020年5日11日
大人になると忘れてしまう大切なこと
2020年5日9日
偶然と幸せの法則
2020年5日6日
「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
2020年5日4日
こころの時間です
2020年4日30日
なんにもしたくない!
2020年4日27日
1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート
2020年4日24日
こころをほぐす小さな「開き直り」術
 
1 2 3 4 
 
2019年6月27日
タイトル 脳が教える! 1つの習慣
著者 ロバート・マウラー
出版社 講談社 (2008/7/5)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

知り理学者で、行動科学の専門家である著者が、どうすれば成功
できるか、成功した人は、どうやってその成功を維持しているか
など、脳の仕組みから教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「ドラマチックな革新こそ変化を起こす唯一の方法だと信じる
 あまり、かえって身動きとれなくなった人を私はたくさんみて
 きた。
 仮にわずかな期間はうまくいっても、当初の意気込みが消える
 ころには、元の状態に戻ってしまうケースが非常に多い。
 過激な変化とは、険しい山道を駆け上がるようなものだ…
 頂上につくまで息が上がってしまうか、あるいは、登り始めた
 とたん、その先に待ち受ける困難に思いがおよび、あきらめて
 しまうかもしれない。
 そこで、革新的方法に代わる手段を紹介しよう。
 革新とはまったく異なるアプローチで、いわば、ほとんど
 登っている実感がないほどゆるやかに頂上に近づくような楽な
 道だ。気持ちよく乗り越え、穏やかに進んでいける。
 必要なのは、ただ足を交互に踏み出すことだけだ。
 小さな一歩が、人生を変えるのだ」


例えば、こんなことが書かれています。
 1.始まりはすべて「小さな一歩」
 2.「1つの習慣」だけでうまくいく理由
 3.小さな質問をする
 4.小さな思考を活用する
 5.小さな行動を起こす
 6.小さな問題を解決する
 7.小さなごほうびを与える
 8.小さな瞬間を察知する
 9.脳が教える!1つの習慣


小さな一歩が、大きな成功につながる、ということを徹底的に
教えてくれる本で、小さな一歩の大切さが分かる本です。
脳のこともわかり、脳を活用する方法もわかります。
読み応えある本なので、読んでみることおすすめします。
事例も分かりやすく、読みやすい本ですから、すんなり
読めると思いますよ。

この本からのことば 感想 掲載日
訴訟に巻き込まれた、商売が行き詰まった、 病気になった、パートナーの心が離れていった… そんなとき ロバート氏は、こうも言っています。 「「小さな一歩を実践する習慣」と革新の  大きなジャンプは相容 2020-05-25
新しい習慣を身につけるという 「変化」を計画する際には、 その計画がベストなものであっても、 抵抗 たとえば、 ○運動がとことん嫌いな人は、  1日1分テレビの前で足踏みをする  (CM2本分だけ足 2020-05-22
健康増進のためには目標を低く設定するのがベスト。 たった2、3の前向きな変化があなたの健康にびっくり この変化に対する抵抗があるので、どんなにいいことでも、 長続きしないことが多いのだそうで、よくありが 2015-01-26
自分が評価されていると感じるのは、どんなとき? 今日は、問いかけです。 さて、みなさまは、どうですか? 自分が「本当に評価された」と、実感できると 2012-11-28
毎日小さなことを改良していけば、やがて大きなことが起こる。 毎日少しずつ身体を調整すれば、やがて大き 人は、例えば、ダイエットしようと決意したとき、 一気に、早く、できるだけ大目に体重を落とそうとしがち 2012-10-23
小さなことを大きな愛をもってする。 大切なことは、どれだけのことをしたかではなく、 そこにどれだけの この本の中に書かれていた、 マザー・テレサのことばです。 その通りだと思います。 小さなことをする 2012-10-11
恐怖を払拭するために、むちゃくちゃな方法を とっていることに気づいてさえいないこともある。 この現象 人は、この方法では解決できない、うまくいかないと、 わかっていても、自分のいつもの方法、いつものやり 2012-10-10




『おすすめ本の紹介』