width=10
ことば探し
★私は、いつもやる気まんまんです★

TOP

  • お問合せ
    主催者へのメール


  • 転載する場合は
    「ことば探し」の明記
    お願いいたします。
    転載した場合は、
    ご一報お願いいたします。無断掲載禁止

03188387

■2015年01月26日の「今日のことば」■
前日のことばを見る                      次のことばを見る
「今日のことば」
健康増進のためには目標を低く設定するのがベスト。
たった2、3の前向きな変化があなたの健康にびっくりするような、
影響をもたらすこともある。
(略)しかし、

●変化はつねに迅速でないといけない
●変化はつねに厳しい自己鍛錬が必要だ
●変化は楽しいものではない

こんなふうに言われたら、誰も乗り越えられないだろう。
それなのに私たちは、「もっとたくさん、もっと速くやれ!」
と、自分に厳しくすればするほど、よい結果がでると
思い込んでいる。

新しい習慣を身につけるという「変化」を計画する際には、
その計画がベストなものであっても、
抵抗という壁にぶち当たることを思えておこう。


出典元 脳が教える! 1つの習慣
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について
著者名 ロバート・マウラー

まゆの感想
この変化に対する抵抗があるので、どんなにいいことでも、
長続きしないことが多いのだそうで、よくありがちなパターンは、
「最初の2.3週間ははりきって運動するが、やがて
 ここちよいソファにもどっていく…」だそうです。

思い当たりますね〜
美容や健康のために、運動しようとすると、どうしても、
最初にいっぱいの量を入れて、張り切っていっぱいやります。
そうすると、そのための時間を取ることや
運動の準備や心の準備などもしなくてはならず、
それが徐々に負担になってきて、ついには、やらなくなる…
または、早急な効果を求めすぎて、それが出ないと、
やる気がなり、「自分はダメだ」と思いやめてしまう…など。
特にふだん運動から遠ざかっている人ほど、こうなりがちだとか。

だから、続けていくには、
最初の一歩をできるだけ小さなものにして、
努力していることにほとんど気づかないほど
一歩一歩を小さくするといいそうです。

例えば、ウォーキングにしても、最初から、
「1万歩歩く」と決めてしまうと、すぐに抵抗心がでてきますが、
「まずは、家に帰るときに、この部分だけを歩こう」などと、
ついでに歩くことを増やすようにして、無理しないように
生活の中に自然にウォーキングを取り入れていくといいそうです。
つまり、時間も準備も負担になるほどいらないことから。
すると脳は、「これならできる」「コレなら簡単」と抵抗心を
抑えてくれるそうです。そうなったら、次はもう少し距離を
のばしていくなどしていくと、身につき続いていくそうです。

「そんなにゆっくりしていては、成果がなかなかでないのでは?」
「変化が見えないとやった感がない」と思う方が多いと思いますが、
そんなときには、「継続こそ力なり」を思いだし、さらに、
「ゆっくりな変化でも、以前私が経験していたもの…
 まったく変化がない状態に比べれば、ましじゃないか」
と、自分に言い聞かせて、続ける方がいいそうですよ。

特に、「自分に厳しくすればするほど、よい結果がでる」
と思い込んで、それを自分に課すと、「やりたくない」と、
かなり強い抵抗が出るそうなので、注意してくださいね。

「今日のことば」の
感想を送る→
気軽に書き込んで
くださいね。


「今日のことば」の
感想を見る
(感想0件)

「今日のことば」は?
気に入った 
そうでもない 
どちらでもない 


※参考にしますので
気軽に投稿お願いします

投稿の結果

気に入った: 6pt
100%

そうでもない: 0pt
0%

どちらでもない: 0pt
0%
メールマガジン(月〜金)発行しています。
バックナンバー、購読
解除はコチラから