width=10
ことば探し
★必要なお金が、必ず手に入ります★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年5日23日
人間関係で落ち込みやすい人の心がふわっと軽くなる考え方
2019年5日22日
人生が変わる感謝のメッセージ
2019年5日21日
過去にくよくよこだわるな
2019年5日20日
どうしてそんなにイライラするの?
2019年5日17日
自分の価値に気づくヒント
2019年5日16日
自分いじめはやめなさい
2019年5日15日
いつも「いいこと」が起きる人の習慣
2019年5日13日
ああ正負の法則
2019年5日10日
本気で言いたいことがある
2019年5日9日
「やさしい」って、どういうこと?
2019年5日8日
「傷つきたくない」気持ちの精神病理
2019年5日7日
他人に振り回されてへとへとになったとき読む本
2019年4日26日
たった今から、ハッピーになる!
2019年4日25日
気疲れしない生き方
2019年4日24日
いつやるか? 今でしょ!
2019年4日23日
片づけ下手な右脳人間のための整理本
2019年4日22日
なりたかった自分になるのに遅すぎることはない
2019年4日19日
「前向き脳」のつくり方
2019年4日18日
NHKためしてガッテン/科学のワザで確実にやせる
2019年4日16日
幸せなカップルになるために
2019年4日15日
尾木ママの叱らずしつけ21のコツ
2019年4日12日
なぜか同じ失敗を繰り返してしまう人たち
2019年4日11日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2019年4日10日
ストレス&プチうつ解消レシピ
2019年4日8日
縁は苦となる苦は縁となる
2019年4日5日
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。
2019年4日4日
「何が言いたいか」をスッキリ伝える人になる
2019年4日3日
ダメなときほど「言葉」を磨こう
2019年3日29日
「1日30秒」でできる 新しい自分の作り方
2019年3日28日
コーチングが人を活かす
 
1 2 3 4 
 
2019年5月16日
タイトル 自分いじめはやめなさい
著者 シェリー・U. カータースコット
出版社 ダイヤモンド社
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

ネガホリック(自己否定中毒)について、詳しく書かれた本。
あなたのネガホリック度をチェックする質問もあります。

少しわかりづらいところ、意味不明なところもありますが、
どうしたらそのネガホリックから抜け出せるのか、
その方法なども教えてくれて、参考になります。

ネガホリックになる原因の1つは不完全な家庭だ言う。
例えば、
○いつも家族の一人一人が比較され、その中で基準が
 決められてしまう家庭
○決して触れられないタブーの話題がある家庭
○問題について話し合われることがない家庭
○感情を出すのを、否定され、避けられ、無視され、
 抑制されるような家庭
○何でも否定する家庭
○相互依存的な関係の家庭


この中の3つ以上当てはまるようなら、ネガホリックに
なる確率が高いらしいです。
しかしながら、こんな家庭に育った人は多いので、絶望せず、
以下のことをやっていけば、ネガホリックから、抜け出せる
と言うことです。

【自己回復過程における12のステップ】
)萋の生活を楽しみ、何事も楽しく行う
⊆分の感情を持ち、感情を経験し、感情を尊重する
できる限り自分の真実を述べる
ぜ分の中にメッセージ、ガイド、指導を求める
ヌ簑蠅任呂覆解決に焦点を当てる
自分を信じ、他人を信じ、不可能なことを信じる
Ъ分の人生について他の人に関わりを持ってもらう。
 例えば、助けを求める(略)相談を持ちかける。
┝分自身、自分のすべてを無条件で愛し、自分本来の
 姿を大切にする
自分の夢、インスピレーションを大切にし、
 「一段上の自己」とそのメッセージに従う
支えが必要なとき他の人、あるいは神に話しかけ、
 自分は完全であると信じ、正しい見方を取り戻す
自分の行いや行動に責任を持ち、どんな状況も
 厭わずに肯定的な解決を図る
自分の周りにあるあるものはすべて鏡だと思って学び、
 成長し、広い視野に立って完全を模索を、愛情を持って 
 自己修正する


詳しくはこの本で。

この本からのことば 感想 掲載日
私たちは生まれながらにして 心の知恵を備えていると思う。 その知恵は私たちの奥深いところにあって、 自分の心の声(メッセージ)に 耳を傾けるとか、聞くなどというと、 かなり抵抗のある人もいると思うが、 2005-08-19




『おすすめ本の紹介』