width=10
ことば探し
★私には、どんな壁も乗り越える力が備わっています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年8日10日
生きることはすごいこと
2018年8日9日
やっかいな「女」を味方につける心理技術
2018年8日8日
夢をかなえる時間術
2018年8日6日
脳が教える! 1つの習慣
2018年8日3日
「戦う自分」をつくる13の成功戦略
2018年8日2日
ケッコン構造改革のススメ!
2018年8日1日
自分の魅力を引きだす「生き方のルール」35
2018年7日31日
死にゆく人たちと共にいて
2018年7日30日
目標設定練習帳 新装改訂版
2018年7日27日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年7日26日
1分間コトラー 顧客を虜にする戦略的マーケティング77の原則
2018年7日25日
腐ったバナナを捨てる法
2018年7日24日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年7日23日
たかがピンチじゃないか
2018年7日20日
おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典
2018年7日19日
考えすぎる女たち
2018年7日18日
新しい自分をつくる本
2018年7日17日
なぜ、今までのやり方を変えられないのか
2018年7日13日
強みを活かせ!
2018年7日12日
「時間がない」から、なんでもできる!
2018年7日6日
実行力をつける100の方法
2018年7日5日
“問題行動の意味”にこだわるより“解決志向”で行こう
2018年7日4日
自分の価値に気づくヒント
2018年7日3日
「こころの居心地」がよくなる心理学
2018年7日2日
子どもの心に届く言葉、届かない言葉
2018年6日28日
本当に強い人、強そうで弱い人
2018年6日27日
縁は苦となる苦は縁となる
2018年6日25日
女性(あなた)の知らない7つのルール
2018年6日22日
人生、熱く生きなければ価値がない!
2018年6日21日
ネイティブ・アメリカンのこころがよろこぶことば
 
1 2 3 4 
 
2018年8月8日
タイトル 夢をかなえる時間術
著者 伊藤 真
出版社 サンマーク出版 (2007/03)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

司法試験の合格者を多数送り出し、司法試験のカリスマと言われて
いる著者が、豊かな人生を送るため、理想の未来を引き寄せるため
の、時間使い方を教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「断言しよう。
 時間のとらえ方を変え、本当の意味での時間の使い方をマスター
 すれば、夢は必ずかなう。
 だからまず、自分に問いかけてほしい。
 本当は自分が何をしたいのか。
 どういう生き方をしたいのか。
 「効率性」を追求するだけではなく、「時間の幸福度」を
 高めること。それこそが、「時間を上手に使う」ことであり、
 「夢をかなえる時間術」なのだ。
 そういった、「時間のとらえ方、使い方から、具体的なプラン
 ニングや手帳術といった実践的ノウハウまで、まとめたのが、
 本書である」


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎綿密に計画を立てても、不合格になるのはなぜ?
 ◎同時進行で仕事を進めるメリット
 ◎迷ったときは、とにかくどちらかに決めてみる
 ◎「マイナスの感情」があるから人は成長できる
 ◎うまくいかないときは「オールリセット」ボタンを押す
 ◎ふだんできない人が本番でうまくいくことない
 ◎いい人脈は「広く浅く」よりも「狭く深く」


なるほどそうか、そうか、こう考えることもできるのか、と思う
ようなことがたくさん書かれていて参考になります。
一読をすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
あるとき、一人の学生が「伊藤塾」に入塾した。 入ったときは、箸にも棒にもかからないほど成績が悪くて、 伊藤塾の中には、 「自分はずっと、こんな悪い成績のままなんじゃないか」 と、悩んでしまっている学生も 2014-04-07
自分の人生をより豊かにすごすためにも、仕事とプライベート、 そしてボランティアなど、「時間の種類」が 「点」→「線」→「面」→「立体」の順で、 今、やっている「点」の意味がわからなくても、 やっているう 2014-04-01
一見無駄にみえるおしゃべりの中にも、意味はある。 ゆったりとした時間の流れの中でとりとめもなくおしゃ 伊藤さんは、さらにこう言っています。 「私たちは、効率を優先するあまりに、  本質的なものを見失っ 2014-03-31




『おすすめ本の紹介』