width=10
ことば探し
★私は、前向きに、ポジティブに考えます★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2019年2日22日
ゆっくり話すだけで、もっと伝わる! アナウンサーが教える7つの技
2019年2日21日
「頼めない」「断れない」人が必ずうまくいく話し方
2019年2日19日
『立場』『比喩』『具体』これだけでOK!人生を変える「伝える」技術 3つのカギ
2019年2日18日
伝え方が9割
2019年2日15日
自分に水をやる
2019年2日14日
考える訓練
2019年2日13日
「怖れの眼鏡」をはずせば、すべてうまくいく!
2019年2日12日
ポチ・たまと読む心理学 ほっとする人間関係
2019年2日8日
「幸せスイッチ」が入る! プラス1%の法則
2019年2日7日
新版 すべては「前向き質問」でうまくいく
2019年2日6日
自分から自由になれるゼロ思考
2019年2日5日
本音を隠すオトコたち 本音を知りたいオンナたち
2019年2日1日
「出るモノ」健康学
2019年1日31日
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算
2019年1日30日
何を捨て何を残すかで人生は決まる
2019年1日29日
脳科学は人格を変えられるか?
2019年1日28日
「もう、いやだ」というときに―気分をリセットする100の言葉
2019年1日25日
今の自分が本当のあなたです
2019年1日24日
モノのために家賃を払うな!~
2019年1日23日
「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本
2019年1日22日
脳と気持ちの整理術
2019年1日21日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2019年1日18日
人間、とりあえず主義
2019年1日17日
ヒルティ 老いの幸福術
2019年1日16日
無理をしない、あたりまえの人生がいい
2019年1日15日
仕事と年齢にとらわれないイギリスの豊かな常識
2019年1日11日
ああ正負の法則
2019年1日10日
1日5分 目的・目標を達成させる 4行日記
2019年1日9日
大人の生き方 大人の死に方
2019年1日8日
がんばっていても不安なあなたへ
 
1 2 3 4 
 
2018年7月30日
タイトル 目標設定練習帳 新装改訂版
著者 リチャード・H・モリタ (著), アーサー・R・ペル博士
出版社 イーハトーヴフロンティア; 新装改訂版版 (2006/7/1)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

数多くの成功者を取材し、調査し、研究した著者と、デール・カー
ネギーの大ベストセラー『人を動かす』の改訂版編集責任者である
アーサー・R・ペル博士の編著協力によって改訂された目標設定の
実用書。

この本では、成功するために何より大切なことは、
「成功の絶対条件は、これだけは絶対に達成したい!という、本当
 の目標をみつけること」
「成功者は、忍耐力があって決してあきらめない!っていうけれど
 それは、あきらめきれない目標を持ったからこそ発揮出来た力で
 あって、忍耐力を持っていたからではない…」


つまり、他人から押し付けられて「これが、自分の目標だと思って
いるようなもの」、他人の期待に応えるために持っている目標は、
本当の目標ではなく、その目標達成に向かっているときには、エネ
ルギーが満ちてくるものだと言っているのです。
そして、あきらめようと思っても、決してあきらめきれないもの…
そんなものこそ、自分にとっての目標なのだと言っているのです。

本当の目標とは、
「本当に心の底からこれだっ!という確信が持てたもの」であり、
この本では、この自分が心から「本当にこれだっ!」と思えるよう
な目標を見つけることを目標としています。


目標を見つける前に、自己認識をするために、
記入ノート式の「本当の自分をつかむ生活史作成ノート&30年目標
記入カレンダーノート」がついていて、本を読んだら、すぐ実行出
来るようなつくりになっています。
472個も質問がある生活史を書くのはけっこう大変ですが、書いて
みるといろいろなことに気づきます。
自分の本当の目標を見つけたい人には必見の書です。

この本からのことば 感想 掲載日
問題は、目標が明確かどうかじゃなくて、 目標が本物かどうかっていうことさ。 目標を明確にしたからって 目標達成することが「とても辛くて、むずかしい」 目標達成したけれど「虚しい、嬉しくない」 目標を明確 2006-11-27
「自分さがし、目標さがし」への取り組みは、 一般的には若い時期にやるものだとされているが、 人生80 回りの若い人たちと比べると、 残念ながら決して若くはないが、 そして、若い頃もあったが、 確かに、今 2006-11-20




『おすすめ本の紹介』