width=10
ことば探し
★私には、すばらしい表現力が備わっており、それを発揮しています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年12日14日
念仏に生きるとき
2018年12日13日
ワシらはみんな生きている
2018年12日12日
パワー言葉
2018年12日11日
優しくありなさい。あなたの出会う人々は皆、困難な闘いに挑んでいるのだから
2018年12日10日
心にズドン!と響く運命の言葉
2018年12日7日
死ぬまでに知っておきたい 人生の5つの秘密
2018年12日6日
小枝にしばられたゾウ
2018年12日5日
こんな社長が会社をつぶす!
2018年12日3日
念仏に生きるとき
2018年11日30日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年11日29日
「バカ」は性格か! ? 脳科学者が教える、バカな人との付き合い方
2018年11日28日
道はみんなのもの
2018年11日27日
ようこそ断捨離へ モノ・コト・ヒト、そして心の片づけ術
2018年11日26日
「あれこれ考えて動けない」をやめる9つの習慣
2018年11日20日
とっても迷惑なあの人にズバリ“NO”と言える秘密の法則
2018年11日19日
言いたいことを確実に「伝える技術」
2018年11日16日
3分間日記
2018年11日15日
「思い」と「言葉」と「身体」は密接につながっている
2018年11日14日
人間関係と人生にキレない方法
2018年11日13日
人生が変わる習慣
2018年11日12日
お金で買えない「成功」と「幸福」の見つけ方
2018年11日9日
透明なる自己
2018年11日8日
手をつなげば、あたたかい
2018年11日7日
「日本人」という病
2018年11日6日
空気をこわさず上司を説得し、プライドを傷つけず部下を動かす方法
2018年11日2日
自分の人生の楽しみ方
2018年11日1日
こころの格差社会
2018年10日31日
経済は「競争」では繁栄しない…信頼ホルモン「オキシトシン」が解き明かす愛と共感の神経経済学
2018年10日29日
コミュニケーション100の法則
2018年10日26日
こころのケア
 
1 2 3 4 
 
2018年7月30日
タイトル 目標設定練習帳 新装改訂版
著者 リチャード・H・モリタ (著), アーサー・R・ペル博士
出版社 イーハトーヴフロンティア; 新装改訂版版 (2006/7/1)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

数多くの成功者を取材し、調査し、研究した著者と、デール・カー
ネギーの大ベストセラー『人を動かす』の改訂版編集責任者である
アーサー・R・ペル博士の編著協力によって改訂された目標設定の
実用書。

この本では、成功するために何より大切なことは、
「成功の絶対条件は、これだけは絶対に達成したい!という、本当
 の目標をみつけること」
「成功者は、忍耐力があって決してあきらめない!っていうけれど
 それは、あきらめきれない目標を持ったからこそ発揮出来た力で
 あって、忍耐力を持っていたからではない…」


つまり、他人から押し付けられて「これが、自分の目標だと思って
いるようなもの」、他人の期待に応えるために持っている目標は、
本当の目標ではなく、その目標達成に向かっているときには、エネ
ルギーが満ちてくるものだと言っているのです。
そして、あきらめようと思っても、決してあきらめきれないもの…
そんなものこそ、自分にとっての目標なのだと言っているのです。

本当の目標とは、
「本当に心の底からこれだっ!という確信が持てたもの」であり、
この本では、この自分が心から「本当にこれだっ!」と思えるよう
な目標を見つけることを目標としています。


目標を見つける前に、自己認識をするために、
記入ノート式の「本当の自分をつかむ生活史作成ノート&30年目標
記入カレンダーノート」がついていて、本を読んだら、すぐ実行出
来るようなつくりになっています。
472個も質問がある生活史を書くのはけっこう大変ですが、書いて
みるといろいろなことに気づきます。
自分の本当の目標を見つけたい人には必見の書です。

この本からのことば 感想 掲載日
問題は、目標が明確かどうかじゃなくて、 目標が本物かどうかっていうことさ。 目標を明確にしたからって 目標達成することが「とても辛くて、むずかしい」 目標達成したけれど「虚しい、嬉しくない」 目標を明確 2006-11-27
「自分さがし、目標さがし」への取り組みは、 一般的には若い時期にやるものだとされているが、 人生80 回りの若い人たちと比べると、 残念ながら決して若くはないが、 そして、若い頃もあったが、 確かに、今 2006-11-20




『おすすめ本の紹介』