width=10
ことば探し
★同僚や、上司との関係は良好であり、いつも楽しく仕事をしています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年2日19日
「1日30分」を続けなさい!
2018年2日16日
話し方! こう変えればうまくいく パワートーク36の技術
2018年2日15日
15秒でツカみ90秒でオトすアサーティブ交渉術
2018年2日14日
あなたが与えたものが、あなたが受けとるもの
2018年2日13日
自分の時価を高め、成功を呼ぶ50の方法
2018年2日9日
とことん悩む人が強い理由
2018年2日8日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2018年2日5日
女房に言っていい言葉いけない言葉
2018年2日2日
友だち100人できません
2018年2日1日
なぜ「いい人」は心を病むのか    
2018年1日31日
アサーティブ―「自己主張」の技術
2018年1日30日
夢をかなえる勉強法
2018年1日26日
こころの健康学
2018年1日25日
潰れない生き方
2018年1日24日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2018年1日23日
学問ノススメ. 学校では教えてくれない達人の知恵
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
 
1 2 3 4 
 
2018年1月16日
タイトル 人生が変わる感謝のメッセージ
著者 中山 和義
出版社 大和書房; 46版 (2008/1/22)
おすすめ度 ★★★★☆ ※おすすめ度について

心理カウンセラーで、経営者でもある著者が、自らの体験を元に、
感謝を伝えることの大切さを教えてくれます。

著者は、こう言っています。
「大切な人といつまでも一緒にいられるとは限りません。
 「あのとき、自分の素直な気持ちを伝えておけばよかった」とか
 「感謝の気持ちを伝えていれば別れることにはならなかったかも
  しれない」
 と、大切な人を失ってから後悔したのでは遅いのです。
 しかし、素直に感謝の言葉を伝える人は多くはいません。
 自分の素直な気持ちを、相手に感謝の気持ちをこめて伝えること
 は簡単ではないからです。
 「感謝のメッセージ」を効果的に伝えられるようになるには、
  人に何かをしてもらったら必ず感謝する習慣をつければ、
 いつも「感謝のメッセージ」を使えるようになります」

ということで、毎日、いつも感謝メッセージを考えることを習慣化
することが大切だということです。

心のこもった感謝メッセージで人生をより豊かにするために、
こんなポイントがあるそうです。
  1.テクニックに頼らない…自分の感情を素直に出す
  2.言葉より大切なこと…感謝の気持ちは自然と体に現れる
  3.自分に感謝する…自分に感謝できない人が、他人に感謝
    することはできない
  4.両親に感謝する…自分がこの世に生まれてくるために
    必要だった両親やご先祖に感謝できない人は、誰も感謝
    できない
  5.生きてることに感謝する…生きていることに感謝できれば
    イライラすることはない
  6.人生の最後の言葉…「素晴らしい人生をありがとう」と
    言えるような生き方をする


感謝のこもった言葉は、回りの人にいい影響を与え、それが広がっ
ていきます。そんな感謝の言葉、メッセージを自然に使えるように
なるといいですね。そのためのレッスンやツールなども書かれて
います。
感謝メッセージを積極的に身につけたい方におすすめの本です。

この本からのことば 感想 掲載日
相手との関係をよくするには、 「ねぎらいの言葉」がポイントになります。 どんな人でも、 誰かの役に ねぎらいの言葉… 忘れがちだし、はしょりがちだ。 特に、身近にいる人にほど。 そうすることが、すっか 2008-08-22
「自分は間違ってない」と誰だって思いたい。 誰でも、 「あなたはそんなことをしている場合ではないで この本では、相手をとがめたり、命令したりするより、 感謝のメッセージで人の行動を変えようと提案してい 2008-08-13



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』