width=10
ことば探し
★私は、とってもツイています★
■今日の「おすすめ本」■
width=22「本の読み方」width=22「読んでみて!おすすめの本」width=22「今日のおすすめ本」 width=22「夫婦関係を考えるおすすめ本33冊」 width=22
 
1 2 3 4 
 
2018年1日22日
逆境は天からの贈り物
2018年1日19日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2018年1日18日
道は開ける
2018年1日17日
会社、仕事、人間関係が「もうイヤだ!」と思ったとき読む本
2018年1日16日
人生が変わる感謝のメッセージ
2018年1日14日
伊藤真の日本一やさしい「憲法」の授業
2018年1日12日
時間上手の暮らし方
2018年1日11日
「いつも忙しい」がなくなる心の習慣
2018年1日10日
人生が変わる習慣
2018年1日9日
小さいことにくよくよするな!
2017年12日27日
自分の人生、生きてますか
2017年12日26日
読書力
2017年12日22日
さあ、たのしんで生きることを選ぼうよ
2017年12日21日
いつもバタバタしている人の気持ち切り替え術
2017年12日20日
男と女のすれ違いはすべての言葉で起こっている
2017年12日19日
宇宙を味方にしてお金に愛される法則
2017年12日18日
失敗は、顔だけで十分です。
2017年12日15日
自分らしくライフバランスを手に入れる
2017年12日12日
「もうひとりの自分」とうまく付き合う方法
2017年12日11日
性格の秘密がわかる本
2017年12日8日
もっと人間関係がうまくいく心のケンカ術
2017年12日7日
夢をかなえる時間術
2017年12日5日
このまま何もしないでいればあなたは1年後も同じだが潜在能力を武器にできれば人生はとんでもなく凄いことになる
2017年12日4日
やる気を生みだす気づきの法則
2017年12日1日
いま大切にしたいこと
2017年11日30日
こころが軽くなる 気分転換のコツ
2017年11日29日
ありきたりの毎日を黄金に変える言葉
2017年11日28日
アドラー流 たった1分で伝わる言い方
2017年11日27日
「叱る」と「怒る」はちがう。天才を育てる 母親の90の誓い ノーベル賞受賞者のひと言
2017年11日23日
YESの言葉から始めよう!
 
1 2 3 4 
 
2017年12月7日
タイトル 夢をかなえる時間術
著者 伊藤 真
出版社 サンマーク出版 (2007/03)
おすすめ度 ★★★★★ ※おすすめ度について

司法試験の合格者を多数送り出し、司法試験のカリスマと言われて
いる著者が、豊かな人生を送るため、理想の未来を引き寄せるため
の、時間使い方を教えてくれる本。

著者は、こう言っています。
「断言しよう。
 時間のとらえ方を変え、本当の意味での時間の使い方をマスター
 すれば、夢は必ずかなう。
 だからまず、自分に問いかけてほしい。
 本当は自分が何をしたいのか。
 どういう生き方をしたいのか。
 「効率性」を追求するだけではなく、「時間の幸福度」を
 高めること。それこそが、「時間を上手に使う」ことであり、
 「夢をかなえる時間術」なのだ。
 そういった、「時間のとらえ方、使い方から、具体的なプラン
 ニングや手帳術といった実践的ノウハウまで、まとめたのが、
 本書である」


例えば、こんなことが書かれています。
 ◎綿密に計画を立てても、不合格になるのはなぜ?
 ◎同時進行で仕事を進めるメリット
 ◎迷ったときは、とにかくどちらかに決めてみる
 ◎「マイナスの感情」があるから人は成長できる
 ◎うまくいかないときは「オールリセット」ボタンを押す
 ◎ふだんできない人が本番でうまくいくことない
 ◎いい人脈は「広く浅く」よりも「狭く深く」


なるほどそうか、そうか、こう考えることもできるのか、と思う
ようなことがたくさん書かれていて参考になります。
一読をすすめします。

この本からのことば 感想 掲載日
あるとき、一人の学生が「伊藤塾」に入塾した。 入ったときは、箸にも棒にもかからないほど成績が悪くて、 伊藤塾の中には、 「自分はずっと、こんな悪い成績のままなんじゃないか」 と、悩んでしまっている学生も 2014-04-07
自分の人生をより豊かにすごすためにも、仕事とプライベート、 そしてボランティアなど、「時間の種類」が 「点」→「線」→「面」→「立体」の順で、 今、やっている「点」の意味がわからなくても、 やっているう 2014-04-01
一見無駄にみえるおしゃべりの中にも、意味はある。 ゆったりとした時間の流れの中でとりとめもなくおしゃ 伊藤さんは、さらにこう言っています。 「私たちは、効率を優先するあまりに、  本質的なものを見失っ 2014-03-31



この本を見ている人は、
こんな本も見ています。
『類似本の紹介』